食品業界転職ノウハウ

キャリア採用 面接前の事前準備

書類選考が通過していざ面接となった場合にはきちんと事前準備をして面接に臨むことがキャリア採用において成功転職へのプロセスとなります。自身でできない事は転職エージェント(人材紹介会社)にこまめに確認を取り万全の状態で面接に臨むことが大事になってきます。面接で必ず聞かれる質問もすべておさえて趣旨に沿った回答を用意しておくことも忘れずに。

提出した履歴書・職務経歴書を確認

面接事前準備事前に提出をしていレジメ類の「履歴書」・「職務経歴書」は当日の話題の中心です、面接前に今一度確認をするとともに。要領よく説明が出来るシナリオを用意しておきましょう。自己紹介を含めた経歴の説明をお願いされたら3分でポイントを押さえた説明を心がけましょう。

企業の事を研究する

会社規模・歴史・特徴・経営者の経歴や人柄はどんななのかを事前に頭に入れておきましょう、質問があって調べてこなかったではかなりのマイナスです不明な点は転職エージェント(人材紹介会社)の担当キャリアアドバイザーに確認しておきましょう。

企業の事を事前に詳細にわたり調べておくことは当然ながら意欲が高いと思われるのと同時に、面接での回答のポイントを把握する事も可能です、企業に課題があればその部分でこれまでのキャリアでエキスパートである事をアピール出来れば相当の評価をもらえます。ありとあらゆるネット上の情報だけではなく、出版物等もないかを確認しましょう。

最後の質問は複数用意を準備しておく

最後に必ずある「質問はありますか?」に対しては必ず複数事前に準備しておきましょう。複数用意する事で意欲ありとみられる事と面接の中で質問内容がクリアになるケースもありますので多く用意しておきましょう。また福利厚生や細かい条件面についてはここで質問せずに後程転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアアドバイザーを通じて確認してもらいましょう。

面接の事前練習をしてみる

想定される問答を事前に声に出して同居している方に聞いてもらうロールプレイング的な練習は効果的です。話し方、言い回し、姿勢にも気を配りおかしいところはないかチェックしましょう。ロールプレイングパートナーがいなければ人材紹介会社のキャリアアドバイザーにお願いをしてみましょう。

また以下のような想定質問を紙に書いてみる事も効果的です、読み返してみて矛盾点はないかどうか、消極的ではないかどうか、ロジックは整合性があるかを確認しましょう。しかしながら紙に書いたことの暗記はNGです、必ず自分の言葉できちんと話せる必要があります。

面接で必ずある質問

・転職理由をお聞かせ下さい。

・当社への志望理由をお聞かせください

・これまで経験した仕事内容の説明をお願いします

・短所や苦手なことに対してどのような事で克服していますか。

・現職(前職)での成功事例を、その要因も含めてお聞かせ下さい。

・これまでのキャリアを当社でどのように活かしていけるとお考えでしょうか?

・希望年収はどのくらいですか?

・いつから入社できますか?

・最後に何か質問はありますか。

上記の回答はスムーズに回答できるように面接前にきちんと準備をしておきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントが教える面接の採用担当者はここを見ている

キャリア採用の面接において重視されるポイント、採用企業の面接官はどのような事にポイントを置いて面接を行ない、選考を行なっているのか。最近の面接は高度になりつつあり、コミュニケーション能力や人柄がいいのは当たり前で協調性やチームワークなどを重視している採用企業も多いのです。また仕事をするうえで感情をコントロールできるかどうかなどにも比重が置かれておかれています。

もはやコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは出来て当然

応募する求人にもよりますが、よく面接においてはコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは当たり前のように採用基準となっている採用企業も少なくありません。新卒の採用とは異なりキャリア採用においてはどのように会社で仕事をしてきて、上司をはじめとする周囲の方々とどのようにコミュニケーションを取り協調性を持って仕事をしてきたのかという事が当たりまえのように見られます。その上でキャリアをどのように形成してきたのかという事で人物像を見ていくというスタンスの選考となります。

感情をしっかりとコントロールできる人材かどうかがみられる

職場での人間関係も会社という組織を形成していく上では重要な要素となります。よく耳にするキレてしまうような人材ではないか、時には仕事がうまくいかなくとも一定の感情をコントロール出来、しっかりと修正が出来る人材であるかどうかというのも見極める要素となります。これには突然好きな色は?とか好きな動物は何ですか?などとビジネス上では関係ないような質問がある場合などにどんなことを考えていてその回答の理由を聞く事により、しっかりと感情を乱さず質問の意図をくみ取り回答できているかなど取った場面で見極められることがあります。意地悪な質問などがあった場合には要注意です、その際の顔色や返答で感情をしっかりとコントロールできる人材であるかどうかなど見られています。

協調性やチームワークは大事な要素

働くうえでチームや社内・社外との連携はビジネス上大事な要素です。外部の会社からくる方にはさらに強く求められる要素の一つです。現状でき上っている組織に順応して能力を発揮して頂く事が採用としては大事になってきますので、組織になじめる人材なのか、協調性を持ってチームワークを重視した仕事が出来るかを見極められます。これは過去にどのように周囲と連携を取ってきたのかという事をテーマにして面接の会話の中から見極められるケースが一般的です。エピソードなどを交えながらリアリティのあるチームワーク重視の仕事ぶりをしっかりとアピールしていきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア

 


転職エージェント経由で内定が出た際の退職交渉

キャリア採用において転職エージェントに登録をしておいて転職活動を行うと様々な事を求職者に代わり転職エージェントのキャリアアドバイザーが行ってくれます。転職エージェントを活用して内定が出た場合の流れを説明します。内定通知書の発行方法、通知方法、回答期限はどのくらいまで待ってもらえるのか。現職への退職の申し入れ、有給消化の利用方法等にも言及致します。

無事内定が出たら

最終面接が終了し、その結果は転職エージェント/人材紹介会社のキャリアアドバイザーより連絡があります。そしてここで注意したいのが一点、口頭ベースでの内定ではなくきちんと紙面で、「内定通知書」・「オファーレター」をお願いしましょう。この内定通知書に、雇用条件が記載してありますので確認をします。この紙面での内定通知書を頂いてから検討に入りますが返答期限として大体1週間から10日くらいが一般的です、担当キャリアアドバイザーといつまで待ってもらえるかを確認しましょう。
そしていざ入社を決意したらその旨をキャリアアドバイザーに「入社意志」として伝えます、同時に同じ会社経由で選考が進んでいるところは選考辞退の手続きを取ってもらいます。その他の転職エージェント経由で選考が進んでいるものも、担当キャリアアドバイザーに別の企業で内定が出て、入社する事にした旨をお伝えしましょう。現在選考の進捗が進んでいない紹介会社でも、お世話になった転職エージェントのキャリアアドバイザーの方々にも連絡だけは入れておいた方がいいです。

会社への退職意思の伝え方

いよいよ次の職場への入社を決意したら現職中の会社に「転職の意志」を伝えなくてはなりません、この場合は直属の上司にあたる方にまずは退職をしたい旨をお伝えします。ここで想定されるのが引止めにあうケースです、ここまでしっかりとした意志を持って転職活動を行っていた方であれば、多少の引止めには応じないことが多いかと思われますが、それ以外の場合も転職に至った理由や事情を考えながらしっかりとした意志を持って退職交渉を行いましょう。ここで心がけることは必ず円満退職を目指すことです。
会社から退職の旨を承諾されると今度は最終出社日です、これは残務状況、取引先や同僚に迷惑の掛からない範囲で無理なく引継ぎが出来るように現職の会社と話をします。ここで引継ぎ期間があまりに長くかかってしまうようだと次の就職先にも迷惑がかかる事もあるので、現職の退職交渉の状況を転職エージェントのキャリアアドバイザーに報告をこまめにしておいた方がいいでしょう。
無事に最終出社日が決定すると、有給消化に入りますが、この有給を使い切った状態が「退職日」となります、翌日からは職場に出勤可能です。次の職場の入社日とどのくらい有給を使う事が出来るかを相談しながら、「最終出社日」・「退職日」を決定しましょう。ここまでくれば転職活動は終了です、次の職場で活躍する為に心の準備をしておきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


キャリア採用における面接前の事前準備~面接対策~

転職エージェントの立場としてはキャリア採用において面接に進むのであれば入念に面接対策を実施して頂く事をお勧めします。面接の準備では何をすればいいのかを、必ず聞かれる、転職理由、志望動機、これまでの経験の3ポイントを中心に掘り下げていき具体的に何をどのように回答していくかをアピールを交えながら面接の前にしっかりと対策を練ることが肝心です。面接対策を具体的に解説していきます。

まず自分自身を知る

人柄を含めた自分自身の事を一旦紙に書き留めても構わないので、理解する必要がります。どんな将来をイメージして新卒で入社した会社の事そこで学んだビジネスの厳しさ、スキル人脈等を一旦自分自身の頭を整理していくと自身がどんなスキルを持っていてこんなことがやれそうだとか、将来どうなっていきたいかが明確になってきます、是非試してみましょう。

入社したい会社の事を理解する

人材紹介会社より提供のあった求人票を細かくチェックしていきます、それには企業のHPや有価証券報告書等から業界の研究~企業研究までを企業としての方向性、戦略・課題抽出までを理解していきましょう。食品メーカーであれば商品ラインナップも抑えておくことも重要です。

面接での問答対策 中途採用の面接でのポイントは3つ

①なぜに転職をしたのか/退職したのか(退職理由)

②なぜ当社を選んだのか(志望理由)

③これまでの経験を教えてください(経験・スキル確認)

 ①転職理由

面接官に前向きな転職理由だと思ってもらえるようにしましょう、決して現職・前職の悪口はいけませせん。人は誰でも前向きな人材が大好きです、転職自体が少し後ろ向き感はありますが、それでも前向きで誰がきいても、致し方ないなそれでは転職を選択するのがBESTだと思ってもらえるような言葉を選んで転職理由/退職理由を形成していきましょう。

 ②志望動機

面接官がそれであれば当社を志望するのは当然だと思ってもらえるまでの理由を形成すれば問題ありません、これは往々にして転職理由からつながっているケースがあります。その事情だと当社を志望したのは自然な流れだと思ってもらえるような形で作り上げていきましょう。しかしながら取ってつけたような理由ではかなりの「もろさ」も露呈します、ですので「それは何で?」「それはなぜなの?」とあらゆる角度からのツッコミにもきちんとした説明が出来る対応をできるように「深み」を持たせた志望理由を形成しましょう。

 ③これまでの経歴

面接官がその経験は当社でもすぐに使えると思ってもらえるように説明をしていきましょう、企業が中途採用者に期待するのは「即戦力性」です。「即戦力」=「同業」である必要性はありません、事前に企業研究で調べた、事業内容・業務内容から考え共通項を探していきます、営業であれば代理店が一緒であるとか、足で稼ぐ営業・提案力が問われてくる営業など、経理であれば使用していたシステムが同じ等共通項はかなりあります。これまでに経験した役に立ちそうな事はポイントを強調できるように説明をしていきましょう。共通項ですがシステムやお客さん、業務プロセス等色々と存在します是非探していきましょう。

⇒具体的な準備編はこちら『キャリア採用 面接前の事前準備』

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの関係性

転職エージェントを活用した転職活動において担当キャリアアドバイザーは非常に心強いものです。キャリア採用において転職のプロであるキャリアアドバイザーとの関係性を密にする事で最善の転職を行なう事も可能です、その際には関係性をしっかる取るためにもまめにコミュニケーションをとっていく必要があります。実際にはどんなやり取りが行われるのか、面接後のフォローアップなども解説していきます。

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの連絡

面接の日程調整、通過連絡、その他交渉事を色々と人材紹介会社(転職エージェント)はあなた(求職者)の代わりに対応して頂けます。その際特に現職中だとタイムリーに意思疎通をすることが難しくなってきます、そんな時に便利なのが携帯メールです。事前に担当キャリアアドバイザー/キャリアコンサルタントにPCのメールにプラス携帯メールのアドレスを伝えておき何かあればCCに携帯メールを入れておくように依頼をしておけばタイムリーに進捗状況を得ることが可能です。簡単なやり取りなら携帯メールで返信をしても大丈夫です。
また、日程調整に関しては自身が比較的動きやすい日時を複数広めにお伝えしておくことが重要です。そうすれば人材紹介会社としても採用企業との日程調整がスムーズに進行します。面接日程調整は長引かせてはいけません、スピード感を持って対応しましょう。

面接後の連絡は必ず行う

面接終了後もフィードバックを担当キャリアアドバイザーに入れておいた方がいいでしょう、面接の雰囲気、聞かれた内容、手応え、そして志望度合(意欲)をきちんと伝えておくことで、紹介会社経由で面接後のフォローを企業へ入れていただけます、ここで当落線上にあったが意欲が高いなら次に進めようとかいうオペレーションもなされます、
面接で是非入社したい気持ちが高まったなら必ず伝えておきましょう。自己応募ではなかなか難しいのがこの面接後の意思の伝達です、人材紹介会社(転職エージェント)経由ならではですので是非面接でアピールをし忘れた事など余すことなく伝えておきましょう、紹介会社の人もあなたを内定まで持って気行きたい気持ちは一緒です、必ずプッシュをしてくれます。

コミュニケーションは電話でダイレクトコミュニケーションを心掛ける

また、肝心な場面の連絡は必ずメールではなく極力電話をするように心がけましょう、転職活動中の気持ちや熱意というものは中々メールの文章だと伝わりずらいので必ずダイレクトコミュニケーションを心がけましょう、最終面接付近などは特に注意が必要ですのでこまめに連絡を取りキャリアアドバイザーに現在の心境や状況の報告、そして自分の意思を明確に伝えましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職活動においける大きな味方です、上手に活用して転職を成功へと導きましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用/キャリア採用における面接の回答

最近のキャリア採用においてレジメに記載してある自己PRなどは一旦額面通りに受け取らず、面接において真実を確認するという手法が中途採用の面接において用いられています。付け焼刃の回答だとすぐに見抜かれ面接選考を突破する事は難しくなります。面接での回答にいかに真実味を持たせ、面接官と言い距離感を持っていかに上手に回答できるかが、面接突破の秘訣です。回答例など交えながらキャリア採用の面接回答を共に考えていきます。

面接の「答え」には例やエピソードを付けて真実味を出す

面接官は質問に対する答えが「口先だけのキレイ事」ではないかを疑います。 そうではないことを証明するためにも類似事例や過去のエピソードなどを交えて回答しましょう。

<例>

面接官:「あなたの性格は?」
あなた:「責任感が強い性格です。一度頼まれたものは必ずやり遂げます。 先日も上司から依頼された緊急対応案件を徹夜してしあげたところです」

答えることが目的ではありません。相手が理解することが目的です。 どんなに素晴らしい内容の答えであっても相手が理解できないのであれば、 伝わらず、答えていないのも同じです。相手がわかりやすいように話すこと、理路整然と話すことを意識してください。

中途採用面接時における話し方

質問にはまず”答え”を応え、その後説明をする普段はできているので簡単なことのようですが、面接では緊張などにより意外とこれで失敗する方がいらっしゃいます。
例えば「好きな色は?」と質問されたら、 まず「色」を応え、その後「なぜその色が好きなのか」などの説明を加えてください。
説明を先にしたばかりに、その間に質問を忘れてしまったり、会話が迷走し始めてしまうことがよく起こります。
質問に対しての回答が「YES」なのか「NO」なのかはっきりさせて、そのあとに「なぜなら・・・」となぜな・・・の部分が大事です。

ひとつの質問への回答は1分30秒以内

回答が短すぎるのも素っ気なくて問題ですが、よくあるのが「回答が長すぎる」というものです。
一方的に話すことは「空気が読めない」と思われてしまったり、お互いが気持ちよく話すという基本的なコミュニケーション能力を疑われてしまうことになり兼ねません。人は90秒以上話を一方的に聞き続けるとイライラし始めるとのことですので、目安として一発言は1分30秒以内に納まるようにしましょう。

意識していつもより少しゆっくり話すようにする

面接では多くの方がいつもより少し早口になってしまうようです。意識してほんの少しだけいつもよりゆっくり話すようにしていただくと面接官も聞き取り易い会話スピードになって、意思の疎通が円滑になるかと思われます。要は落ち着いて回答することです。スピード回答は全般的に「思慮深さがない」といった印象になりがちです。基本的なことですが」、「明るく」・「元気よく」・「はきはきと応答することは大事です。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


キャリア採用における転職理由

中途採用において必ず大きなテーマとなる転職理由、退職理由。これが曖昧だとキャリア採用において非常に手こずる場面も往々にしてあります。なぜに転職をするのか明確にして面接官や書類選考を実施する人事採用担当者へ響かせるためにも正当な理由が必要です。大概は人間関係や給料に不満があったり長時間労働からの脱却などといったネガティブな要素が多いのもこの転職理由が難しいところです。キャリア採用において重要な意味を持つ転職理由をどう作り上げていけばいいのかを解説していきます。

キャリア採用においては重大なテーマとなる転職理由/退職理由

面接の中で必ずといっていいほど聞かれる、

「何故に転職をしようと思ったのですが?」

「何故に前職を辞められたのですか?」

この問いには必ず答えなければなりません、尚且つ前向きで面接官が納得をして、それなら仕方がない、それであれば今日この採用面接に来ているのも納得がいくというレベルに持っていかなければなりません。

転職理由は決してネガティブ要素のみではNG

また、ネガティブな回答で面接の場の雰囲気が悪くなり、その後どんないい回答をしてもリカバリーできないこともあります、そのくらい転職理由・退職理由は大事な要素です。またよくありがちなのが絶対に前職での不満・悪口は言わないことです、これを述べてしまうと当社に来ても同じことを繰り返すだろうと判断されてしまうのとやはり雰囲気も悪くなり、人間性にも疑問を持たれてしまいます。

具体的にはどのように転職理由を形成すればいいのか具体的に例をあげてみます

転職理由で一番多い人間関係

正直に言うとネガティブな要素が多いので、
皆と連携して協力して仕事を進めたいという趣旨でまとめましょう、前職はどちらかというと個人の売り上げや成果を重要視する部分があったので、そうではなく協調性を持って仕事が出来る環境を求めたいという感じで話すと前向きになります。
次に多いのが

社長や上司のトップダウン

いわゆる人間関係の改善に属する理由で、こちらも正直に伝えると、ネガティブなので前職ではトップダウン型の組織で、硬直的でした。マニュアルがありそちらを基に仕事を進めれば個人の考えや裁量などは必要ないという考えで、若手のフレッシュな考えなども聞いてもらえる環境ではない為に、自由に意見も言えて新しい業務に挑戦していきたいという感じで退職理由を作り上げてみてはいかがでしょう。

仕事や残業・ノルマがきつい

これは正直に話すと、前職で駄目だったのかな?と思われてしまう部分もあるので、1件1件丁寧に仕事をする事で、顧客の信頼にこたえられるようなサービスを込めた仕事をしていきたいと考えるようになった、ノルマや残業が第一優先ではなく、一緒に働く仲間の作業効率を上げる為、そして会社を支えて下さるお客様としっかりと向き合って仕事がしていきたいというような感じで前向きに話すといいでしょう。

上記のように、同じ内容の退職理由でも、表現の仕方によっては プラスの印象を与えることが可能ですので何度か作り込んで納得のいく転職理由・退職理由を形成しましょう。自分で作成がどうしてもできない場合は転職エージェントが一緒に考えてくれるはずです。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職時には企業のSNSをチェック

キャリア採用において、志望の企業が実はどんな社風なのか働いている人たちはどんなタイプの方が多いのか、残業時間は?経営者はどんな考え方で事業運営をしていてそこで働く社員たちの満足度はどうなのか気になるところ。転職先として問題がないかはSNSや社長がやっているブログなどで情報が手に入ることがあります。口コミなども参考にして、転職で失敗しない為にも企業研究は力を入れていきたいところです。

採用企業の情報はいくらでも手に入る

キャリア採用においてその会社がどんな会社なのかは非常に気になるところです。転職エージェントを活用した転職活動の場合には、担当アドバイザーから紹介先企業の情報を手にする事が出来ます。またその人材紹介会社経由で入社した方の感想なども情報として保有している場合も多いので、単にキャリアを活かせるとか仕事の内容だけではなく、就業環境や人間関係といった会社を構成する上で欠かせない情報なども手に入る場合も多いです。

SNSやブログをチェック

企業によってはFacebookやTwitterなどのSNSを公式でアップしている会社もあり、そこで働く人々の様子なども見ることが出来る場合もあります。また社長が自身の個人ブログをビジネス目線で公開している場合もあり、この場合は社長個人のビジネス感や経営マインドなどを垣間見る事も可能です。文章は人となりを表すとも言いますが、かなり人柄をするうえでブログは有効な情報源と言えるでしょう。特に小規模の企業やベンチャー企業などは、社長や経営者の人柄がそのまま企業風土となる場合が多いのでSNSは要チェックと言えます。また、採用担当者が採用ブログを行なっている場合もあり、こちらは新卒向けがメインとなぅている場合も多いようですが、ある程度の雰囲気はつかむことが出来ます。

口コミサイトはどうなのか?

転職サイトの発展版的に、転職で企業を判断するときに口コミサイトをチェックしている転職希望者も大勢います。この転職口コミサイト利用する場合の気を付けたいポイントは、既にその企業を辞めてしまって別の会社へ転職してしまっている方々の書き込みが多いことから、その企業に不平不満を持っており若干ネガティブ要素が多い為に転職希望者を不安にさせてしまうような情報も少なくない点にあります。この情報が正しいのかどうかは、転職エージェントの担当アドバイザーに聞いてみたり、選考企業の人事担当にそれとなく確認を入れてみたりといったことで情報の裏付けが出来る場合もあります。気を付けたいのは口コミを見たというと、選考中の企業であれば多少選考に影響も出てくるケースもあるので、それとなく確認をする程度にとどめておくことが必要となります。質問事項で確認というパターンが一番いかもしれません。キャリア転職の場合には、次を最後の転職にしたいと考えている人も多いと思います、転職先企業を選ぶうえで色々な情報を収集して問題ない会社選びをすることが大事になってきます。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職エージェントが教える書類選考通過の為のレジメ作成

キャリア採用において重要となる応募書類。よく転職エージェントのキャリアアドバイザーがレジメと呼んでいる履歴書・職務経歴書の事です。まずは書類選考を通過しないと面接に行く子tが出来ないのでこのレジメをいかに採用担当者の目に留まるように工夫する事が求められてきます。どんなキャリアを構築してきたのか、スキルや知識はどうなのかなど内容も大事ですがそれ以外にも重要なポイントはあります。書類選考を通過させるためのレジメ作成のポイントを解説します。

書類選考時に提出するレジメ

よく人材紹介会社/転職エージェントのキャリアアドバイザーが「レジメ」と呼んでいますが、「履歴書」・「職務経歴書」の事です。転職活動において重要な局面は数多くありますが、まずその一つと捉えて下さい。

何故重要かといえば、書類選考を通過する為は当たり前の事ですが、選考が進むにつれて、1次面接・最終面接終了後に社内で検討するとき等、特に複数の候補者がいる場合などはレジメをそれぞれ見ながら誰を採用するか、次のステップに進ませるかを決断する場面が多いのです。

もちろん面接の印象は最重要ですが、決め手に困る際はレジメのインスピレーションで決断がある場合もあります。よく転職活動で失敗をするケースとして、レジメは所詮書類選考通過だけだと甘く見ていてはだめです。求職者ご本人のいわば、プレゼン資料やPR文書なわけですから、手を抜いてはいけません。どのような記述や表現で書くというのは後述します。

見栄えを重視してレジメ作成を行なう

まず最初に心掛けるポイントとしては、見栄えを良くする!  ビジュアル重視です。webサイトでも、見にくいHPはすぐ離脱します、広告でもキーワードが散らばっていて、まさに見やすい
ものが消費者の心をとらえます。転職で言えば人事担当者に見てもらえるかどうかです。キャリアの長い方にありがちなのが、新聞のようにありとあらゆる経験を網羅して、まず読み手が読む気力をなくすタイプのもの。これは内容がどんなにいいことが書かれていてもそもそも読みにくいために減点となり書類選考通過の確立も落ちてくることでしょう。

若手の方で多いのが、シンプルすぎて何の印象もないものです。PowerPointやイラストレーター等で作る必要は全くありません。WordやExcelで十分です、改行や太文字段落を気を付け枠囲いで目立たせる等で構いません。
あまりこる必要はないのですが、少しだけ読み手(採用担当者等)の気持ちを考えてみましょう。職務経歴書は一度作成をしたらキャリアアドバイザーの意見をもらいましょう。まずはレジメは「履歴書」・「職務経歴書」重視で、その次に内容です。内容ももちろん大事です。食品業界の転職においてもレジメの重要性は同じです、理系の方であれば表形式で見やすくするのも有効な手段です。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


【現職か離職か】転職活動を始めようと思ったら その2

まず最初に考えるのが現職にとどまったまま転職活動するのか?離職して転職活動に専念するのか?という事がありますが、これはズバリ現職に留まる事が出来る状況であれば、 今の仕事も頑張りながら転職活動する事が大事です。転職ではブランクはマイナスになります、市場価値を下げないためにも出来る限り仕事の空白期間を作らない事です、転職活動と現職の仕事を継続するのは大変ですが、より良い職業人生形成の為頑張り時です。

出来るだけ仕事を継続しながら次の転職先を探す

現職にとどまりながら転職活動が出来る方であれば、現職中を選択すべきです、仮に1か月以内で次の職場が見つかればいいかもしれませんが、3ヵ月・6か月1年も離職期間があるとそれだけで社会人としてはマイナスとなってしまいます。企業の人事担当者は非常にブランク期間を気にします、そう、即戦力性が落ちているのではと判断されてしまいます。キャリアにも穴をあける事となってしまうのです。転職は確実性があまりないので、よく「縁があった」なんて表現もしますが、次の職場がいつ見つかるかどうか不確実な状況で離職の選択をしてしまうのは非常にリスキーです。

転職活動も今の仕事も手を抜かない

また、企業によっては離職中の人はお断りをしています、なんて企業もあります(ごく1部の大企業に多いです)。また、転職は非常にエネルギーを使います、惚れ込んだ企業に書類を出してNGなんてよくある事ですが、これが続くと精神的にもきついです、そんな状況下で孤独とも戦いなんてことをしていたらマイナスオーラ出まくりで、いい面接など出来ないでしょう。また、現職に留まってもお世話になった会社ですので是非現状の仕事も手を抜かないでください。「もう転職するからいいや」、と投げやりになっていい加減な仕事をしていたら面接でもいい加減さが出てしまうのです。またお世話になった(なっている)現職の会社にも失礼になってしまいます。

転職は大きなエネルギーを要します、肉体的・精神的にもいつでもMAXまでとは言いませんが、今の仕事にも、転職活動にも、プライベートにも全力で臨むことをお勧めします、その方が自ずといい結果が待っている事でしょう。

⇒転職活動を始めようと思ったらその1

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索