食品業界の転職/応募書類

転職エージェントが教える書類選考通過の為のレジメ作成

キャリア採用において重要となる応募書類。よく転職エージェントのキャリアアドバイザーがレジメと呼んでいる履歴書・職務経歴書の事です。まずは書類選考を通過しないと面接に行く子tが出来ないのでこのレジメをいかに採用担当者の目に留まるように工夫する事が求められてきます。どんなキャリアを構築してきたのか、スキルや知識はどうなのかなど内容も大事ですがそれ以外にも重要なポイントはあります。書類選考を通過させるためのレジメ作成のポイントを解説します。

書類選考時に提出するレジメ

よく人材紹介会社/転職エージェントのキャリアアドバイザーが「レジメ」と呼んでいますが、「履歴書」・「職務経歴書」の事です。転職活動において重要な局面は数多くありますが、まずその一つと捉えて下さい。

何故重要かといえば、書類選考を通過する為は当たり前の事ですが、選考が進むにつれて、1次面接・最終面接終了後に社内で検討するとき等、特に複数の候補者がいる場合などはレジメをそれぞれ見ながら誰を採用するか、次のステップに進ませるかを決断する場面が多いのです。

もちろん面接の印象は最重要ですが、決め手に困る際はレジメのインスピレーションで決断がある場合もあります。よく転職活動で失敗をするケースとして、レジメは所詮書類選考通過だけだと甘く見ていてはだめです。求職者ご本人のいわば、プレゼン資料やPR文書なわけですから、手を抜いてはいけません。どのような記述や表現で書くというのは後述します。

見栄えを重視してレジメ作成を行なう

まず最初に心掛けるポイントとしては、見栄えを良くする!  ビジュアル重視です。webサイトでも、見にくいHPはすぐ離脱します、広告でもキーワードが散らばっていて、まさに見やすい
ものが消費者の心をとらえます。転職で言えば人事担当者に見てもらえるかどうかです。キャリアの長い方にありがちなのが、新聞のようにありとあらゆる経験を網羅して、まず読み手が読む気力をなくすタイプのもの。これは内容がどんなにいいことが書かれていてもそもそも読みにくいために減点となり書類選考通過の確立も落ちてくることでしょう。

若手の方で多いのが、シンプルすぎて何の印象もないものです。PowerPointやイラストレーター等で作る必要は全くありません。WordやExcelで十分です、改行や太文字段落を気を付け枠囲いで目立たせる等で構いません。
あまりこる必要はないのですが、少しだけ読み手(採用担当者等)の気持ちを考えてみましょう。職務経歴書は一度作成をしたらキャリアアドバイザーの意見をもらいましょう。まずはレジメは「履歴書」・「職務経歴書」重視で、その次に内容です。内容ももちろん大事です。食品業界の転職においてもレジメの重要性は同じです、理系の方であれば表形式で見やすくするのも有効な手段です。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職エージェント/人材紹介会社・転職サイトへのエントリー/応募書類

中途採用の転職活動の第一歩は転職サイトへのエントリー、転職エージェント・人材紹介会社へのエントリーからスタートします。その際に最近では転職サイトや転職エージェントも登録だけは簡単な項目だけでもエントリーは出来るようなシステムにはなっています。しかしながら必要事項しか記載していないレジメは、我々人材紹介会社の側から見ても、キャリアの薄い人であり、あまり転職意思のない人だと思ってしまいます。そうならなない為にもここだけは押さえておいた方がいいポイント、折角転職活動をスタートするからには出だしが肝心です。

人材紹介会社・転職サイトへのエントリーの際に必要となる必要事項の入力

まだ具体的な企業への応募ではない為、本当に必要事項のみの記載でエントリーをする方が多くいます。これは本当に勿体ないです。転職サイトによっては、企業や人材紹介会社からのアプローチもある為、簡単な情報だけだとスルーされてしまします。アプローチがあるとしても、経歴を見ていないような大量採用の求人がらお誘いがある程度です。もしかしたら、人材紹介会社からもエントリーを断られてしまう可能性大です。でもサイトへのエントリーで細かく入力していたら手間も時間もかかります。(ただ大事な作業です)そんな際には、まず最初に職務経歴書・履歴書をドキュメントで作成を先に行ってしますのです。これは、後々大事になる応募書類作成のたたきとして役に立ちます、実際に最初に作った履歴書・職務経歴書で転職活動を終える方はほとんどいません。

応募書類は随時いいものに作り替えていく

何度も何度も作り変え、時には第3者の友人・家族転職の専門家、転職エージェントの担当キャリアアドバイザー等に意見を求めてもいいのです。そのたびにリバイスをかけバージョンUPしていくのです。よく、応募書類の保存ドキュメントで、「履歴書ver9_食品業界向け」なんてのも目にします。これは、9回も職務経歴書を書き換えています。まずは、自身の経歴をきちんとまとめて行く事が重要です、その際自身の頭の中も必然的にキャリアの棚卸が出来ます。

ドキュメントから転職サイトへ移し替えていく

出来上がった、履歴書・職務経歴書をベースにコピペで媒体や、エントリーの際に必要事項へ入力していきましょう。そして、転職サイトからいざ応募の際に再びリバイスを繰り返していきましょう。サイトへのエントリーも転職活動においては大事な一歩です、ここでチャンスを摘まないように、丁寧に行いましょう。書類(レジメ・ドキュメント)はweb上でも大事です、決してないがしろにしないようにしましょう。最終選考終了後にレジメを並べてみて誰を採用するかなんて相対比較にも使われることすらあり得ます。


転職活動における応募書類作成

転職活動でまず第一関門となるのが書類選考に通過できるかどうかにかかってきます。そこで書類選考に通過するレジメとはどんなレジメなのか。面接に進んでも履歴書・職務経歴書は重要になってきます。折角のチャンスを無駄にしないための応募書類はどのように作成するのか、応募書類の重要ポイントなどを交えながら解説していきます。食品業界でも応募書類の重要性は同じです。

応募書類の使いまわしはご法度

転職活動を始める時にはまず転職サイトへ登録をすることからスタートをする方が多いと思いますが、そこでこれまでの経歴であるとか志向、自己PRなどを入力していきます、転職サイトからの応募はそれで問題なのですが、正式に自己応募をする際もしくは仁z内紹介会社を通じて企業へ応募するときには履歴書・職務経歴書を作成します。これは一つ作っておけば別の企業へ応募するときにも汎用性があると考えてしまってはいけないのです。営業職の場合であれば営業先が同じであるというアピールはそれぞれ応募先企業によって異なってきます。商品開発であればどこの技術や処方組みをアピールするか、はたまた近い原料を使用していたなど異なります。品質管理においても菌検査はほとんどやらないのにそればかりの記載が大きくなってしまっているなどといったこともあります。履歴書はほとんどいじることがないので汎用性はあるとは思いますが、職務経歴書は応募企業ごとにカスタマイズして作成した方が賢明です。人材紹介会社経由であれば、人材紹介会社のアドバイザーに会社の求める人物像や、どんなところをアピールした方が書類通過しやすいかなどポイントをおさえておくことで格段に書類通過の確立が上がってきます。自己PRもそれぞれ応募企業ごとにマイナーチェンジを行なっていきましょう。

応募書類の重要性

書類選考が通過しなければその時点でその応募企業との縁は終了となってしまします。面接に進まなければ転職活動とは言えないくらい、採用面接とは重要になってきます。会社が自分に合っているか、はたまた自分自身を見てもらえる絶好のチャンスが面接試験となります。まずは面接に行ってから本当の意味での転職活動が始まるといってもいいくらいです。そこには書類選考を「通過するというファーストステップをクリアしかければなりません、応募書類は非常に重要となってきます。

応募書類は書類選考を通過させるだけが目的ではない

履歴書・職務経歴書といった応募書類は、書類選考を通過させることを一つの目的としますが、それだけではありません。面接に進むことになれば、応募書類の内容に沿って面接が進められることとなり、そこまで見越した応募書類作成が必要になってきます。また最終段階で最終面接を終了した際に、複数の候補者がいてその中から一人を選ばなくてはならないという事の場合、大抵は応募書類を並べてそれぞれを見比べ最終的に内定を出す方を決めています。応募書類は書類選考を通過させるだけのツールではなく、転職活動に終始ついてくる需要なツールとなります。また入社後においても人事資料として保存されます、転職サイトの利便性の向上から気軽に応募できる時代ですが、応募書類だけはしっかりと作成しましょう。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』

 

 


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索