転職活動における応募書類作成

転職活動における応募書類作成

転職活動でまず第一関門となるのが書類選考に通過できるかどうかにかかってきます。そこで書類選考に通過するレジメとはどんなレジメなのか。面接に進んでも履歴書・職務経歴書は重要になってきます。折角のチャンスを無駄にしないための応募書類はどのように作成するのか、応募書類の重要ポイントなどを交えながら解説していきます。食品業界でも応募書類の重要性は同じです。

応募書類の使いまわしはご法度

転職活動を始める時にはまず転職サイトへ登録をすることからスタートをする方が多いと思いますが、そこでこれまでの経歴であるとか志向、自己PRなどを入力していきます、転職サイトからの応募はそれで問題なのですが、正式に自己応募をする際もしくは仁z内紹介会社を通じて企業へ応募するときには履歴書・職務経歴書を作成します。これは一つ作っておけば別の企業へ応募するときにも汎用性があると考えてしまってはいけないのです。営業職の場合であれば営業先が同じであるというアピールはそれぞれ応募先企業によって異なってきます。商品開発であればどこの技術や処方組みをアピールするか、はたまた近い原料を使用していたなど異なります。品質管理においても菌検査はほとんどやらないのにそればかりの記載が大きくなってしまっているなどといったこともあります。履歴書はほとんどいじることがないので汎用性はあるとは思いますが、職務経歴書は応募企業ごとにカスタマイズして作成した方が賢明です。人材紹介会社経由であれば、人材紹介会社のアドバイザーに会社の求める人物像や、どんなところをアピールした方が書類通過しやすいかなどポイントをおさえておくことで格段に書類通過の確立が上がってきます。自己PRもそれぞれ応募企業ごとにマイナーチェンジを行なっていきましょう。

応募書類の重要性

書類選考が通過しなければその時点でその応募企業との縁は終了となってしまします。面接に進まなければ転職活動とは言えないくらい、採用面接とは重要になってきます。会社が自分に合っているか、はたまた自分自身を見てもらえる絶好のチャンスが面接試験となります。まずは面接に行ってから本当の意味での転職活動が始まるといってもいいくらいです。そこには書類選考を「通過するというファーストステップをクリアしかければなりません、応募書類は非常に重要となってきます。

応募書類は書類選考を通過させるだけが目的ではない

履歴書・職務経歴書といった応募書類は、書類選考を通過させることを一つの目的としますが、それだけではありません。面接に進むことになれば、応募書類の内容に沿って面接が進められることとなり、そこまで見越した応募書類作成が必要になってきます。また最終段階で最終面接を終了した際に、複数の候補者がいてその中から一人を選ばなくてはならないという事の場合、大抵は応募書類を並べてそれぞれを見比べ最終的に内定を出す方を決めています。応募書類は書類選考を通過させるだけのツールではなく、転職活動に終始ついてくる需要なツールとなります。また入社後においても人事資料として保存されます、転職サイトの利便性の向上から気軽に応募できる時代ですが、応募書類だけはしっかりと作成しましょう。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』

 

 


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索