Category Archives: 食品業界の転職/面接対策

面接では『経験』を武器にアピールすべし

キャリア採用の面接では一番重要なのは何を経験してきて何が出来るかという即戦力性=経験が最重要なテーマとなります。経験をどうアピールするかによって合否が決まるといっても過言ではありません、やる気や志望度合などは経験が備わってさらに加点する要素となります。いかに自身のキャリアを面接官にアピールすることが出来るかどうかを面接までに作り上げて転職を成功させましょう。

キャリア採用の最大のテーマは『経験』を次にどう活かすか

キャリア採用/中途採用の面接においては、やはりアピールポイントは『経験』を武器にアピールしなければ、採用内定通知は手に出来ないと考えておいたほうが良いでしょう。
やる気や目標だけで突破できた新卒の就活とは異なります。面接においては、型通りの模範解答をしたり、抽象的なことばかりを回答していても無駄となってしまいます。
『がんばります』や『一生懸命やります』という言葉を連呼してみてもさほど採用担当者には伝わらず、そもそも仕事なのでがんばってやる、一生懸命やるという事は当たり前となっています。
面接においては、仕事を自身の人生の中でどのように位置づけていて過去の実績や経験を新たな職場でどう活かしていくのかという事をテーマに語っていかなければいけません。
具体的でオリジナリティのある職業観を持ってして、経験を如何に語れるかという事がキーになってきます、ソツなく回答できなくともそれは、一生懸命に、真面目に回答する様子はきっと採用担当者の心を動かすに違いありません。
面接準備で大事なのは、ソツなくスマートに回答する練習をするのではなく、どんな事を考えていてそれを打追うアウトプットしようかと好感を持ってもらえる訓練をする事が重要です。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


キャリア採用 面接前の事前準備

書類選考が通過していざ面接となった場合にはきちんと事前準備をして面接に臨むことがキャリア採用において成功転職へのプロセスとなります。自身でできない事は転職エージェント(人材紹介会社)にこまめに確認を取り万全の状態で面接に臨むことが大事になってきます。面接で必ず聞かれる質問もすべておさえて趣旨に沿った回答を用意しておくことも忘れずに。

提出した履歴書・職務経歴書を確認

面接事前準備事前に提出をしていレジメ類の「履歴書」・「職務経歴書」は当日の話題の中心です、面接前に今一度確認をするとともに。要領よく説明が出来るシナリオを用意しておきましょう。自己紹介を含めた経歴の説明をお願いされたら3分でポイントを押さえた説明を心がけましょう。

企業の事を研究する

会社規模・歴史・特徴・経営者の経歴や人柄はどんななのかを事前に頭に入れておきましょう、質問があって調べてこなかったではかなりのマイナスです不明な点は転職エージェント(人材紹介会社)の担当キャリアアドバイザーに確認しておきましょう。

企業の事を事前に詳細にわたり調べておくことは当然ながら意欲が高いと思われるのと同時に、面接での回答のポイントを把握する事も可能です、企業に課題があればその部分でこれまでのキャリアでエキスパートである事をアピール出来れば相当の評価をもらえます。ありとあらゆるネット上の情報だけではなく、出版物等もないかを確認しましょう。

最後の質問は複数用意を準備しておく

最後に必ずある「質問はありますか?」に対しては必ず複数事前に準備しておきましょう。複数用意する事で意欲ありとみられる事と面接の中で質問内容がクリアになるケースもありますので多く用意しておきましょう。また福利厚生や細かい条件面についてはここで質問せずに後程転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアアドバイザーを通じて確認してもらいましょう。

面接の事前練習をしてみる

想定される問答を事前に声に出して同居している方に聞いてもらうロールプレイング的な練習は効果的です。話し方、言い回し、姿勢にも気を配りおかしいところはないかチェックしましょう。ロールプレイングパートナーがいなければ人材紹介会社のキャリアアドバイザーにお願いをしてみましょう。

また以下のような想定質問を紙に書いてみる事も効果的です、読み返してみて矛盾点はないかどうか、消極的ではないかどうか、ロジックは整合性があるかを確認しましょう。しかしながら紙に書いたことの暗記はNGです、必ず自分の言葉できちんと話せる必要があります。

面接で必ずある質問

・転職理由をお聞かせ下さい。

・当社への志望理由をお聞かせください

・これまで経験した仕事内容の説明をお願いします

・短所や苦手なことに対してどのような事で克服していますか。

・現職(前職)での成功事例を、その要因も含めてお聞かせ下さい。

・これまでのキャリアを当社でどのように活かしていけるとお考えでしょうか?

・希望年収はどのくらいですか?

・いつから入社できますか?

・最後に何か質問はありますか。

上記の回答はスムーズに回答できるように面接前にきちんと準備をしておきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントが教える面接の採用担当者はここを見ている

キャリア採用の面接において重視されるポイント、採用企業の面接官はどのような事にポイントを置いて面接を行ない、選考を行なっているのか。最近の面接は高度になりつつあり、コミュニケーション能力や人柄がいいのは当たり前で協調性やチームワークなどを重視している採用企業も多いのです。また仕事をするうえで感情をコントロールできるかどうかなどにも比重が置かれておかれています。

もはやコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは出来て当然

応募する求人にもよりますが、よく面接においてはコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは当たり前のように採用基準となっている採用企業も少なくありません。新卒の採用とは異なりキャリア採用においてはどのように会社で仕事をしてきて、上司をはじめとする周囲の方々とどのようにコミュニケーションを取り協調性を持って仕事をしてきたのかという事が当たりまえのように見られます。その上でキャリアをどのように形成してきたのかという事で人物像を見ていくというスタンスの選考となります。

感情をしっかりとコントロールできる人材かどうかがみられる

職場での人間関係も会社という組織を形成していく上では重要な要素となります。よく耳にするキレてしまうような人材ではないか、時には仕事がうまくいかなくとも一定の感情をコントロール出来、しっかりと修正が出来る人材であるかどうかというのも見極める要素となります。これには突然好きな色は?とか好きな動物は何ですか?などとビジネス上では関係ないような質問がある場合などにどんなことを考えていてその回答の理由を聞く事により、しっかりと感情を乱さず質問の意図をくみ取り回答できているかなど取った場面で見極められることがあります。意地悪な質問などがあった場合には要注意です、その際の顔色や返答で感情をしっかりとコントロールできる人材であるかどうかなど見られています。

協調性やチームワークは大事な要素

働くうえでチームや社内・社外との連携はビジネス上大事な要素です。外部の会社からくる方にはさらに強く求められる要素の一つです。現状でき上っている組織に順応して能力を発揮して頂く事が採用としては大事になってきますので、組織になじめる人材なのか、協調性を持ってチームワークを重視した仕事が出来るかを見極められます。これは過去にどのように周囲と連携を取ってきたのかという事をテーマにして面接の会話の中から見極められるケースが一般的です。エピソードなどを交えながらリアリティのあるチームワーク重視の仕事ぶりをしっかりとアピールしていきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア

 


キャリア採用における面接前の事前準備~面接対策~

転職エージェントの立場としてはキャリア採用において面接に進むのであれば入念に面接対策を実施して頂く事をお勧めします。面接の準備では何をすればいいのかを、必ず聞かれる、転職理由、志望動機、これまでの経験の3ポイントを中心に掘り下げていき具体的に何をどのように回答していくかをアピールを交えながら面接の前にしっかりと対策を練ることが肝心です。面接対策を具体的に解説していきます。

まず自分自身を知る

人柄を含めた自分自身の事を一旦紙に書き留めても構わないので、理解する必要がります。どんな将来をイメージして新卒で入社した会社の事そこで学んだビジネスの厳しさ、スキル人脈等を一旦自分自身の頭を整理していくと自身がどんなスキルを持っていてこんなことがやれそうだとか、将来どうなっていきたいかが明確になってきます、是非試してみましょう。

入社したい会社の事を理解する

人材紹介会社より提供のあった求人票を細かくチェックしていきます、それには企業のHPや有価証券報告書等から業界の研究~企業研究までを企業としての方向性、戦略・課題抽出までを理解していきましょう。食品メーカーであれば商品ラインナップも抑えておくことも重要です。

面接での問答対策 中途採用の面接でのポイントは3つ

①なぜに転職をしたのか/退職したのか(退職理由)

②なぜ当社を選んだのか(志望理由)

③これまでの経験を教えてください(経験・スキル確認)

 ①転職理由

面接官に前向きな転職理由だと思ってもらえるようにしましょう、決して現職・前職の悪口はいけませせん。人は誰でも前向きな人材が大好きです、転職自体が少し後ろ向き感はありますが、それでも前向きで誰がきいても、致し方ないなそれでは転職を選択するのがBESTだと思ってもらえるような言葉を選んで転職理由/退職理由を形成していきましょう。

 ②志望動機

面接官がそれであれば当社を志望するのは当然だと思ってもらえるまでの理由を形成すれば問題ありません、これは往々にして転職理由からつながっているケースがあります。その事情だと当社を志望したのは自然な流れだと思ってもらえるような形で作り上げていきましょう。しかしながら取ってつけたような理由ではかなりの「もろさ」も露呈します、ですので「それは何で?」「それはなぜなの?」とあらゆる角度からのツッコミにもきちんとした説明が出来る対応をできるように「深み」を持たせた志望理由を形成しましょう。

 ③これまでの経歴

面接官がその経験は当社でもすぐに使えると思ってもらえるように説明をしていきましょう、企業が中途採用者に期待するのは「即戦力性」です。「即戦力」=「同業」である必要性はありません、事前に企業研究で調べた、事業内容・業務内容から考え共通項を探していきます、営業であれば代理店が一緒であるとか、足で稼ぐ営業・提案力が問われてくる営業など、経理であれば使用していたシステムが同じ等共通項はかなりあります。これまでに経験した役に立ちそうな事はポイントを強調できるように説明をしていきましょう。共通項ですがシステムやお客さん、業務プロセス等色々と存在します是非探していきましょう。

⇒具体的な準備編はこちら『キャリア採用 面接前の事前準備』

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


中途採用/キャリア採用における面接の回答

最近のキャリア採用においてレジメに記載してある自己PRなどは一旦額面通りに受け取らず、面接において真実を確認するという手法が中途採用の面接において用いられています。付け焼刃の回答だとすぐに見抜かれ面接選考を突破する事は難しくなります。面接での回答にいかに真実味を持たせ、面接官と言い距離感を持っていかに上手に回答できるかが、面接突破の秘訣です。回答例など交えながらキャリア採用の面接回答を共に考えていきます。

面接の「答え」には例やエピソードを付けて真実味を出す

面接官は質問に対する答えが「口先だけのキレイ事」ではないかを疑います。 そうではないことを証明するためにも類似事例や過去のエピソードなどを交えて回答しましょう。

<例>

面接官:「あなたの性格は?」
あなた:「責任感が強い性格です。一度頼まれたものは必ずやり遂げます。 先日も上司から依頼された緊急対応案件を徹夜してしあげたところです」

答えることが目的ではありません。相手が理解することが目的です。 どんなに素晴らしい内容の答えであっても相手が理解できないのであれば、 伝わらず、答えていないのも同じです。相手がわかりやすいように話すこと、理路整然と話すことを意識してください。

中途採用面接時における話し方

質問にはまず”答え”を応え、その後説明をする普段はできているので簡単なことのようですが、面接では緊張などにより意外とこれで失敗する方がいらっしゃいます。
例えば「好きな色は?」と質問されたら、 まず「色」を応え、その後「なぜその色が好きなのか」などの説明を加えてください。
説明を先にしたばかりに、その間に質問を忘れてしまったり、会話が迷走し始めてしまうことがよく起こります。
質問に対しての回答が「YES」なのか「NO」なのかはっきりさせて、そのあとに「なぜなら・・・」となぜな・・・の部分が大事です。

ひとつの質問への回答は1分30秒以内

回答が短すぎるのも素っ気なくて問題ですが、よくあるのが「回答が長すぎる」というものです。
一方的に話すことは「空気が読めない」と思われてしまったり、お互いが気持ちよく話すという基本的なコミュニケーション能力を疑われてしまうことになり兼ねません。人は90秒以上話を一方的に聞き続けるとイライラし始めるとのことですので、目安として一発言は1分30秒以内に納まるようにしましょう。

意識していつもより少しゆっくり話すようにする

面接では多くの方がいつもより少し早口になってしまうようです。意識してほんの少しだけいつもよりゆっくり話すようにしていただくと面接官も聞き取り易い会話スピードになって、意思の疎通が円滑になるかと思われます。要は落ち着いて回答することです。スピード回答は全般的に「思慮深さがない」といった印象になりがちです。基本的なことですが」、「明るく」・「元気よく」・「はきはきと応答することは大事です。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用における面接対策で事前に回答を準備する

書類選考が通過したらいざ面接となりますが、大概は事前に準備して臨むものです。転職エージェントからの面接対策資料や、面接詳細を活用したり、今一度求人票を読み返して求められているスペックや人物像などを再確認したり企業HPを読み返してみたりと色々ですが、一般的には想定質問に対しての回答を準備する事だと思います、その準備の留意点ついてです。

面接対策は入念に

折角書類選考が通過したのであれば、是非とも面接もクリアしていきたいところです。時間も交通費もかけるのももちろんですが、その先の職業人生で大きな「縁」が出来る可能性が非常に高いので、ノープランで面接に臨むことだけは避けましょう。ありのままの自分を見てもらいたいと事前に準備をせずに面接に臨んで成功したケースをあまり見たことがありません。求人紹介を受けて、その企業を受けるかどうかの時にも会社のHPを見たり求められるスペックや企業の求める人物像などを理解しているうえで応募したはずですが、面接前には今一度入念にその企業向けの面接対策を実施しましょう。

事前準備した回答集

中途採用の面接でよく聞かれる質問は、webで検索することによりたくさん出てきます、それに対し回答を準備しておくことは常套手段の一つです。しかしながら一番避けたいのは、その準備した回答を丸暗記という方法です。これは面接の場においてすぐに面接官にばれてしまいます、採用企業の人事担当者や面接官は中途採用の面接には慣れています、丸暗記しただけの回答はすぐに見抜かれてしまうでしょう。丸暗記回答は質問があれば、それきたとばかりにペラペラと回答してしまいがちです、また相手の目を見て自分の言葉として話せていないのも理由の一つです。回答しているときに事前に準備した回答を思い出しながら話してしまっているのです。さらに面接官は求職者の方が事前に回答を十尾してることを知っています、その回答に対しさらに突っ込んだ質問までしてくる場合もあります、暗記しただけの回答だとさらに突っ込んだ質問には対応できません。

想定質問に対する準備

どのように事前に回答を準備したらいいのでしょうか。まずは回答を紙に起こすか、PCに打ち込んでみるかをすると思いますが、その際にはありきたりの事を羅列するのではなく、自分自身に完全に置き換えて書く事です、さらにその回答したことを自分の言葉として話せるまで自身に腹落ちをさせる事が大事です。自分の言葉で回答する事で、面接の場面でも必死さやる気などといった自身をつつむオーラとして面接官には非常に良い印象となります。何度も自身が納得する形まで想定質問に回答できる十尾をしておきましょう。

食品専門人材紹介会社グロリアス・サーチが用意する想定質問

【中途採用の面接でよく質問される内容を下記にまとめます】
 面接に望む前に必ず一度目を通して、ご自身の回答をイメージして下さい。
・簡単に自己紹介をして下さい。
・転職理由をお聞かせ下さい。
・弊社への志望理由はなんですか。
・これまで経験した仕事内容を説明して下さい。
・短所や苦手なことに対してどのような努力をして克服していますか。
・現職(前職)での成功事例を一つ、成功した理由も含めてお聞かせ下さい。
・これまでのキャリアを弊社でどのように発揮出来るとお考えですか。
・希望する年収はどれくらいですか。
・入社するとしたらいつぐらいに入社できますか。
・最後に何か質問はありますか。

これくらいは事前に回答を準備して面接に臨みましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』

 

 


転職活動における面接等での自己PR(自己紹介)

中途採用の面接試験において、重要になってくる、自己紹介(自己PR)、 志望動機、 退職理由(転職理由)の3つは必ずと言っていいほど聞かれる質問となります。この中でも自分自身を売り込める要素として自己紹介/自己PRについてその手法、伝え方など転職エージェントの立場としてのアドバイスを差し上げます。

中途採用面接選考において大事な要素

転職において大事なのは受ける先の企業を調べることも重要なのですが、それ以前に自身のキャリア・性格等を自分自身で理解することも重要です。そう新卒時の就職活動の際の『自己分析』等の経験ありますよね、それと同様です。まずは自身のキャリアを棚卸する以前に、転職活動で重要な3大要素。

自己紹介(自己PR)
 志望動機
 退職理由(転職理由)

自己PR/自己紹介について

・自己紹介 
自己紹介とは、自分がどんな人かを相手に伝え、その次のコミュニケーションを円滑にすること。ポイントは、内容が「自己PR」や「強み」「頑張ったこと」になりすぎないことです。まずは、自分の特徴を表す言葉を見つけてみましょう。言葉が見つかったら、今度は具体的なエピソードを思い出します。これだけでもしっかりやれば、相手にちゃんと特徴が伝わるものなのです。

・自己PR

自己PRとは、自分のアピールポイントが、やりたい仕事でどう生かせるのかを述べること。ポイントは、アピール内容は経験そのものではなく、その経験の中で学んだことや、達成感、喜怒哀楽の中にあるということです。まずは、ある経験においてうれしかったとき(もしくは達成感を味わったときや悲しかったとき、怒ったときなど)があれば、なぜうれしかったのか、そのときどういう行動をしたのかを振り返ってみましょう。例えば「接客のアルバイトで、お客さんにありがとうと言われるのがうれしかった」経験があれば、うれしいと感じたときに何をしたのか思い出してみます。もし「細かい気配りをしてお客さんをもてなした」結果であれば、これがアピールポイントになります。このように考えると、アピールポイントはたくさん出てくるはず。その中で何をアピールすると、やりたい仕事で生かせるのかを考えてみましょう。自己PRは面接の場面でも頻出ですが、応募書類に盛り込むところでも活用できます、書類選考が通過する自己PRを盛り込んでいきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ③

中途採用の面接において必ず聞かれる質問、転職理由・退職理由。転職で失敗しないためには面接対策が重要となります、面接対策では数多くの転職支援実績をもつ転職エージェントが指南する転職理由、退職理由をポジティブ印象に変換する一例をお教えします。

転職理由/退職理由を前向きにカスタマイズ

転職活動における面接の際の、転職理由(退職理由)の伝え方の具体例、第3弾です。

⑦給料が安い→ 実績を上げている事を会社に認めてもらいたい

・努力や実績を正当に評価してくれる会社で働きたい

・自分が挙げた成果を実感しながらバリバリ働きたい

「前社は年功序列の給与体系だったため、なかなか自身の成果を実感できずにいました。営業でトップの成績を収めても、給与額にほとんど反映されないため、成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して、思う存分力を発揮したいと考え退職しました」

現職で頑張りに頑張った、しかしながら結果的に、転職を選択するのがベストと思わせるストーリー作り。

決して「退職の言い訳」にならないように

しかしながら、どうしても建設的な退職理由を見いだせない場合、志望理由のアピールへと話をすりかえていくのがスマート

また、一番のベストは退職理由と志望動機は、セットで考えれば良く何故辞めるのか(辞めたのか)、そして何故ゆえにその会社を志望するのかまで掘り下げてきちんと自分自身の言葉で伝えることが重要となります。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART2

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ②

中途採用の面接において準備しておかないといけない質問回答の転職理由・退職理由。これを面接前に用意しておかないと折角書類が通過して面接になったのに転職理由がネガティブになりすぎて面接の会話も盛り上がらず雰囲気が悪いまま面接が進み結果面接NGなんてことも、面接対策を実施する上での必須ともいえる転職理由は?を転職エージェントがポジティブに変換する一例をご案内します。

転職理由/退職理由をポジティブ印象へ変換

中途採用の面接における、退職理由(転職理由)の伝え方の具体例、第2弾です。

④残業が多すぎた→ 成果を正当に評価してほしい

・効果的に仕事をしてさらに成果をあげたい

・努力や成果に見合うだけの評価がほしい

「前社は『営業は残業するのが当たり前』という社風で、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。私は残業を厭いませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと常々考えていました。メリハリを持って業務に取り組むことで、より高い成果を挙げたいという思いが強くなり、退職を決意しました」

⑤会社が遠く通勤が辛い→ 通勤時間を仕事に有意義に使いたい
・仕事にもっと打ちこみたい、集中したい

・地元に密着し、腰を据えて働きたい

「前の会社では、SEとしてさまざまな客先に常駐しました。しかし、通勤に2時間以上かかるケースが多く、先日も自宅から片道3時間はかかる企業への常駐を打診されてしまいました。通勤に割いている労力を仕事に割きたい、もっと仕事に打ち込みたいとの思いがどんどん強くなり、退職しました」

⑥商品力がなく売れない→ プライドを持って仕事がしたい

・胸をはって自身を持って商品やサービスを売りたい

・営業の仕事で実績を挙げ、スキルアップしたい

「前の会社で扱っていたソフトウェアは競合優位性に乏しく、努力はしたもののなかなか成果につながりませんでした。自信を持って『いい商品だ』と言えるものを提供し、顧客との信頼関係を築いて営業としてスキルアップしたいとの思いが日に日に強まり、転職を決意しました」

上記の様にネガティブな理由をそのまま伝えるのではなくしっかりとポジティブに変換して自分自身の中で納得感がある様に何度も腹落ちをするまで

『何故に転職するのか』

『何故に現職を辞めるのか』

掘り下げて未来に向かって前向きな理由をきちんと面接官に説明できるよう作り込んで下さい。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ①

中途採用における面接では、転職理由は面接の最初の段階で質問があることが多く、そこをうまく乗り切らないとその後の面接に大きく響いてきます。転職理由・退職理由の作成がうまくいかない、面接でその質問が来ると空気が変わる、面接が通過しなくて悩んでいる転職希望者の方に転職エージェントが面接対策の秘訣をお教えします。

転職理由はマイナス印象を極限まで抑える

中途採用の面接においてはそのまま本音の部分での退職理由(転職理由)を伝えてはマイナスに転じる事も多くあります。具体的にどう伝えるかを例をあげてみます、

①社内の人間関係に嫌気がさした→ 周りと連携を取り仕事を進めたい

・皆と意思疎通を取りながら仕事がしたい

「前の会社は、個人の売り上げが重視されていたため、個人で行動する機会がほとんどでした。しかし、私自身は周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが得意なタイプです。チームで団結し一つの目標に向かってまい進し、成果を挙げたいという思いが強まり、退職を決意しました」

②社長がワンマンでついていけない→ 自分の目標にあった働き方をしたい

・自分の意見やアイデアを活かして新しい仕事にチャレンジしたい

「前社は硬直的な組織で、若手社員が意見やアイディアを発表する場はほとんどありませんでした。年齢や社歴に関係なく、自由に意見が言える職場で働きたい、新しい仕事にどんどん挑戦し続け、スキルアップしていきたいと考え、退職を決めました」

③ノルマがきつい→ 営業という仕事そのものに打ちこみたい

・クライアント1件1件とじっくり腰を据えてやり直したい

・顧客と長く信頼関係を築いていける仕事がしたい

「前社では常に高い目標数字が課せられ、1件の顧客に時間を割くことができないのが悩みでした。顧客要望をじっくり聞き出し、それにこたえられる仕事がしたい、そして長く取り引きいただけるような信頼関係を築きたいと思い、退職を決めました」

この様に同じ内容の退職理由でも、表現の仕方によっては プラスの印象を与えることが出来るのです、よく事前に自身の何故に転職をするのか、退職をして他の職場へ行こうと考えているのかを第3者が聞いて、それならば転職が一番ベストだという印象を持ってもらうように変換しておきましょう。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART2

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』