中途採用における面接対策で事前に回答を準備する

中途採用における面接対策で事前に回答を準備する

書類選考が通過したらいざ面接となりますが、大概は事前に準備して臨むものです。転職エージェントからの面接対策資料や、面接詳細を活用したり、今一度求人票を読み返して求められているスペックや人物像などを再確認したり企業HPを読み返してみたりと色々ですが、一般的には想定質問に対しての回答を準備する事だと思います、その準備の留意点ついてです。

面接対策は入念に

折角書類選考が通過したのであれば、是非とも面接もクリアしていきたいところです。時間も交通費もかけるのももちろんですが、その先の職業人生で大きな「縁」が出来る可能性が非常に高いので、ノープランで面接に臨むことだけは避けましょう。ありのままの自分を見てもらいたいと事前に準備をせずに面接に臨んで成功したケースをあまり見たことがありません。求人紹介を受けて、その企業を受けるかどうかの時にも会社のHPを見たり求められるスペックや企業の求める人物像などを理解しているうえで応募したはずですが、面接前には今一度入念にその企業向けの面接対策を実施しましょう。

事前準備した回答集

中途採用の面接でよく聞かれる質問は、webで検索することによりたくさん出てきます、それに対し回答を準備しておくことは常套手段の一つです。しかしながら一番避けたいのは、その準備した回答を丸暗記という方法です。これは面接の場においてすぐに面接官にばれてしまいます、採用企業の人事担当者や面接官は中途採用の面接には慣れています、丸暗記しただけの回答はすぐに見抜かれてしまうでしょう。丸暗記回答は質問があれば、それきたとばかりにペラペラと回答してしまいがちです、また相手の目を見て自分の言葉として話せていないのも理由の一つです。回答しているときに事前に準備した回答を思い出しながら話してしまっているのです。さらに面接官は求職者の方が事前に回答を十尾してることを知っています、その回答に対しさらに突っ込んだ質問までしてくる場合もあります、暗記しただけの回答だとさらに突っ込んだ質問には対応できません。

想定質問に対する準備

どのように事前に回答を準備したらいいのでしょうか。まずは回答を紙に起こすか、PCに打ち込んでみるかをすると思いますが、その際にはありきたりの事を羅列するのではなく、自分自身に完全に置き換えて書く事です、さらにその回答したことを自分の言葉として話せるまで自身に腹落ちをさせる事が大事です。自分の言葉で回答する事で、面接の場面でも必死さやる気などといった自身をつつむオーラとして面接官には非常に良い印象となります。何度も自身が納得する形まで想定質問に回答できる十尾をしておきましょう。

食品専門人材紹介会社グロリアス・サーチが用意する想定質問

【中途採用の面接でよく質問される内容を下記にまとめます】
 面接に望む前に必ず一度目を通して、ご自身の回答をイメージして下さい。
・簡単に自己紹介をして下さい。
・転職理由をお聞かせ下さい。
・弊社への志望理由はなんですか。
・これまで経験した仕事内容を説明して下さい。
・短所や苦手なことに対してどのような努力をして克服していますか。
・現職(前職)での成功事例を一つ、成功した理由も含めてお聞かせ下さい。
・これまでのキャリアを弊社でどのように発揮出来るとお考えですか。
・希望する年収はどれくらいですか。
・入社するとしたらいつぐらいに入社できますか。
・最後に何か質問はありますか。

これくらいは事前に回答を準備して面接に臨みましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』

 

 


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ②

中途採用の面接において準備しておかないといけない質問回答の転職理由・退職理由。これを面接前に用意しておかないと折角書類が通過して面接になったのに転職理由がネガティブになりすぎて面接の会話も盛り上がらず雰囲気が悪いまま面接が進み結果面接NGなんてことも、面接対策を実施する上での必須ともいえる転職理由は?を転職エージェントがポジティブに変換する一例をご案内します。

転職理由/退職理由をポジティブ印象へ変換

中途採用の面接における、退職理由(転職理由)の伝え方の具体例、第2弾です。

④残業が多すぎた→ 成果を正当に評価してほしい

・効果的に仕事をしてさらに成果をあげたい

・努力や成果に見合うだけの評価がほしい

「前社は『営業は残業するのが当たり前』という社風で、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。私は残業を厭いませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと常々考えていました。メリハリを持って業務に取り組むことで、より高い成果を挙げたいという思いが強くなり、退職を決意しました」

⑤会社が遠く通勤が辛い→ 通勤時間を仕事に有意義に使いたい
・仕事にもっと打ちこみたい、集中したい

・地元に密着し、腰を据えて働きたい

「前の会社では、SEとしてさまざまな客先に常駐しました。しかし、通勤に2時間以上かかるケースが多く、先日も自宅から片道3時間はかかる企業への常駐を打診されてしまいました。通勤に割いている労力を仕事に割きたい、もっと仕事に打ち込みたいとの思いがどんどん強くなり、退職しました」

⑥商品力がなく売れない→ プライドを持って仕事がしたい

・胸をはって自身を持って商品やサービスを売りたい

・営業の仕事で実績を挙げ、スキルアップしたい

「前の会社で扱っていたソフトウェアは競合優位性に乏しく、努力はしたもののなかなか成果につながりませんでした。自信を持って『いい商品だ』と言えるものを提供し、顧客との信頼関係を築いて営業としてスキルアップしたいとの思いが日に日に強まり、転職を決意しました」

上記の様にネガティブな理由をそのまま伝えるのではなくしっかりとポジティブに変換して自分自身の中で納得感がある様に何度も腹落ちをするまで

『何故に転職するのか』

『何故に現職を辞めるのか』

掘り下げて未来に向かって前向きな理由をきちんと面接官に説明できるよう作り込んで下さい。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接における受け答え

中途採用において面接は非常に大事なポイントとなり転職活動最大の関門です。そこを面接対策で実施した想定問答通りに暗記した内容をただ話しているだけではNGです。心の通った会話、コミュニケーションが大事です。キャリアや経験をいかに真実性を持たせて話せるか、即戦力性をアピールできるか、そこには面接ならではの会話術が必要です。転職活動を成功に導き内定をつかむには、それなりの対応が必要です。食品業界の転職も一般的な面接と同じです、しっかりと対策を練って面接に臨みましょう。

【中途採用面接の答え方】

◎「答え」には例やエピソードを付けて真実味を出す。

面接官は質問に対する答えが「口先だけのキレイ事」ではないかを疑います。

そうではないことを証明するためにも類似事例や過去のエピソードなどを交えて回答しましょう。

<例>
面接官:「あなたの性格は?」
あなた:「責任感が強い性格です。一度頼まれたものは必ずやり遂げます。
先日も上司から依頼された緊急対応案件を徹夜してしあげたところです」

◎答えることが目的ではありません。相手が理解することが目的です。

どんなに素晴らしい内容の答えであっても相手が理解できないのであれば、伝わらず、答えていないのも同じです。相手がわかりやすいように話すこと、理路整然と話すことを意識してください。

【中途採用面接時における話し方】

◎質問にはまず”答え”を応え、その後説明をする

普段はできているので簡単なことのようですが、面接では緊張などにより意外とこれで失敗する方がいらっしゃいます。例えば「好きな色は?」

と質問されたら、まず「色」を応え、その後

「なぜその色が好きなのか」

などの説明を加えてください。説明を先にしたばかりに、その間に質問を忘れてしまったり、会話が迷走し始めてしまうことがよく起こります。

質問に対しての回答が「YES」なのか「NO」なのかはっきりさせて、そのあとに「なぜなら・・・」となぜなら・・・の部分が大事です。

◎ひとつの質問への回答は1分30秒以内

回答が短すぎるのも素っ気なくて問題ですが、よくあるのが「回答が長すぎる」というものです。

一方的に話すことは「空気が読めない」と思われてしまったり、お互いが気持ちよく話すという基本的なコミュニケーション能力を疑われてしまうことになり兼ねません。

人は90秒以上話を一方的に聞き続けるとイライラし始めるとのことですので、目安として一発言は1分30秒以内に納まるようにしましょう。

◎意識していつもより少しゆっくり話すようにする

面接では多くの方がいつもより少し早口になってしまうようです。意識してほんの少しだけいつもよりゆっくり話すようにしていただくと面接官も聞き取り易い会話スピードになって、意思の疎通が円滑になるかと思われます。

要は落ち着いて回答することです。

スピード回答は全般的に「思慮深さがない」といった印象になりがちです。基本的なことですが、「明るく」・「元気よく」・「はきはき」と応答することは大事です。

 

『食品業界の人材紹介へ登録をする』


中途採用面接におけるポイント

転職活動においての最大の山場である面接。特に1次面接が最重要となります、食品業界の面接というよりかは一般的な採用における面接と基本事項は全く同じです。面接の基本は転職理由・志望動機・これまでの経歴の3つが重要となります。この3つのポイントをおさえて面接に臨むことが、内定を勝ち取るコツとなります。折角書類が通過したからには是非面接を通過させましょう。

開始5分で決まる

転職活動において中途採用面接の合否は実は”開始5分”でほぼ決まると言われております。
(研究DATAによれば開始5分の合否判断が面接終了後に逆転する確率はわずか15%だそうです。つまり、開始5分でOKとなれば終了時には85%の確率で合格となります)
※開始5分に一般的に質問されるのは以下の3つになります。

(1)「転職理由を教えてください」
(2)「志望動機を教えてください」
(3)「これまでのご経歴を教えてください」

上記3つの質問にしっかりと回答することができれば開始5分文字色時の印象は良いものとなると思われます。
上記3つを回答する際の注意点は以下になります。

(1)転職理由

◎面接官に「前向きな転職だ」と思ってもらえるようにあなたが今準備している
転職理由は後ろ向きに聞こえないでしょうか?
人は誰でも前向きな方を好みます。
転職を考えられているくらいですので現職(前職)への不満もあるかと思いますが、
愚痴に聞こえてしまっては面接では悪印象になります。
前向きでかつ誰が聞いても「それは辞めても仕方ない理由だ」と思っていただける
ように言葉を選んで回答しましょう。

(2)志望動機

◎面接官が「うん、それならうちで志望するのは当然だ」と思えるように
往々にして転職理由の裏返しになっているかと思います。その回答は誰が聞いても
「それなら当社を選ぶのは自然な流れだな」と思ってもらえる内容でしょうか?
取ってつけたような回答では、回答に対してさらに深く「それはなんで?」と
質問されて行くに従いボロが出ます。
ご自信の回答に対して「それはなんで?」
を5回繰り返してもしっかり説明できるくらい深く考えて準備してください。

(3)これまでの経歴

◎面接官が「その経験そのまま使ってもらえるかも」と期待するように
企業が中途採用者に期待するのは”即戦力性”です。
“即戦力”だからといって同業で働いている必要はありません。
これまでの経験業務の中で、事前に調べた応募企業の事業内容・業務内容から
勘案して、役に立ちそうな経験があればそれはアピールしてみてください。
例えば法人営業、それも高価な商品であれば、しっかりした提案力と決裁プロセスをひとつずつ進めていく段取り力などはどの企業でも共通して使えるスキルになります。

これまでの経歴をダラダラ話すのではなく、面接官が聞いたら「お、その経験いいね」と思ってもらえるようなポイントを強調して話せるように準備しましょう。
食品業界の転職における面接も特別な事はありません、基本を押さえておくことが重要となります。


面接NG事由集/面接対策

過去に面接で落ちた方の企業側から出てきた「NG 理由」をご紹介していきます。NG理由を見ると企業の面接官がどこを見ているのか一番はっきりわかります、こちらを参考に面接前にはネガティブにならないよう対策をしておくことが大事です。食品企業が人材を見極める際には人とのつながりを大事にしていたり特徴的なものもあります、しっかり面接を乗りきれるように確認しておきましょう。

説明不足、準備不足によるNG

■全体的に説明の具体性がなく、行動実績がみえない
■具体的に何ができるのか(専門性)、面接を通して見えてこない
■技術的に深みがない(深みについて面接で理解することができなかった)、食品人材として足りないと判断
■話が冗長で表層的
■自身の手で行った仕事の話が具体的に聞けない
■今ひとつ質問の意図が汲み取ってもらえない
■研究開発職にも関わらず、やりたいことが明確でない
■相手の言っていることを全体として捉えて答えることができない、質問の意図が通じない
■何をやりたいか何で貢献できるか、また志望動機やキャリアアップについて語っていただけなかった
■職歴書の内容を具体的に語ることが出来ない

上記は、事前準備等で回避できることが往々にしてあります。具体例を挙げて説明し、思慮深くしっかりとコミュニケーションをとり相手が信憑性を感じるようにお話することが大事です。

熱意不足、志望度不足によるもの

■全般的に理解が浅く、探究心に欠ける
■論理的に考え、話す力に不足を感じる
■専門性は非常に高いが、応用範囲が狭くこだわりが強過ぎて、入社後の柔軟性に疑問がある
■転職動機が極めて不明確
■自分の能力と経験について客観的な認識ができていないため、希望と実力の間にギャップがある
■論理的思考がやや弱く、年齢に期待するリーダーシップやマネジメント力が期待出来ない
■転職や仕事に対する考えが甘いと感じられた
■志望動機が不明確
■キャリアプランが不明確
■コミュニケーション能力が不足
■志望度合が低そうである、受験意思およびやる気に疑問
これらも、企業研究をしっかりとしてのぞむのはもちろんの事、自分自身の事についても深く探求し、話に深みを持たせ、決して薄っぺらい話で終わらないように必死にコミュニケーションを心掛けていく事が重要です。食品業界の企業は比較的コンサバティブで形式的にこだわりを持って面接を実施する場合も多いので基本事項はしっかり丁寧に押さえておくことが重要です。


中途採用の面接においてチェックされる項目の一例(食品メーカー)

中途採用の面接試験において客観的に人物を評価します。採用企業は面接試験を実施する際には面接チェックリストを活用しています。面接ではただ単純に話をして質問をするだけではなく、その企業の採用基準に沿った人材であるかどうかのチェックが行われています。そのチェック項目を知っていればおのずと面接対策でもどのように回答していくのかが見えてくるはずです、今回はある食品メーカーの面接チェックリストを参考に確認していきます。

とある大手食品メーカーにて実際に採用面接において使用されていたシートを参考までにお見せ致します。

(現在はこの企業は別の面接シートを使用しています。)

抜粋とはなりますが、こちらを基に人物を見極め2次面接(最終面接)に進んで頂くか判定をしていきます。これを見ると非常に細かく採点までしている会社もあるのです。

すべての会社がこのような面接チェックシートを使用していることはございませんが参考までに多角的に人材を見極めようとしているのがよくわかります。

評価段階:採用可能レベルを5段階(優A~E劣)で評価する。採用不可は『F』を記入

以下のコンピテンシーと予定役割等級から評価する。
利益志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
顧客志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
革新性&柔軟性・・・(劣1・2・3・4・5優)
チームワーク・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
職業観・・・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
成長意欲・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)

役割別評価
予定役割等級と候補者自己申告の役割の整合性を評価する
課題把握
構想・企画
実行推進
セルフマネジメント
対人対応
ヒューマニティ
リーダーシップ
チーム・自組織マネジメント

その他専門スキルについても詳細をヒアリングし、(優A~E劣)で評価する

共通項目として
・希望職種/やりたいこと
・希望職種に対しての本人の能力/経験
・面接職種について説明したか、していないか
・本人希望とのマッチ度 高い/低い/不明
・当社志望理由
・現職/前職退職理由(退職理由に妥当性はあるか)
・他社応募状況
・質問(本人からの質問 あり なし 具体的に)
・質問に対する当社からの回答

特記事項(気付いた事、気になった事、最終で留意すべき点、マッチ度が低い、不明の理由など)

総合判断
・是非採用
・次へ
・保留
・不採用
・採用不可

・合否判断理由

・2次面接への申し送り事項。

上記の事をきっちりとヒアアリングを行います。

皆さんが考えているより細かいと理解いただけますでしょうか、

自身の面接対策にお役立てください。

食品CAREERを運営する株式会社グロリアス・サーチの人材紹介は食品業界の転職支援に長年従事してきた者ばかりです。企業別の面接対策には自信がありますので是非登録を頂きたいと思います。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索