履歴書の「趣味・スポーツ」欄をうまく活用する

履歴書の「趣味・スポーツ」欄をうまく活用する

履歴書の趣味・スポーツの欄をきちんと書いている人は意外に少ないです。私共転職エージェントに寄せられる履歴書でも左側はきちんと埋めてあるのに、右側の趣味やスポーツ得意な学科をブランクで応募をしようとしてらっしゃる求職者の方は意外と多いのですが、これは実は少し勿体ない話なのですうまく活用すれば面接でも話が膨らむ可能性もあり得ます。

履歴書の「趣味・スポーツ」の欄に何を書いていくか

履歴書にある「趣味・スポーツ」を書く欄がある場合に、ただ単純に、「ゴルフ」・とか「野球観戦」とかシンプルに記載していませんか?
ここは面接も終盤に差し掛かった頃に、採用面接の面接官が、転職希望者との共通項を探していたり、計算してコミュニケーション能力や指向性、さらには人間的な幅までを探ろうとしていることがあります。
ゴルフが大好きな面接官が、スポーツ欄にゴルフと記載してあるのを見て自分と同じだ、将来的に一緒にラウンドを回るかもしれないと、一緒に仕事をしていて楽しいかにまで進展していく可能性があります。ですのでほんのちょっとの知識レベルだと、逆に場がしらけてしまう可能性もあるので、自分の最大の関心事の趣味・スポーツを記載しましょう。

趣味や打ち込むことから企業は人間性を確認しようとする

そこで、趣味に対しても深堀している人だとか、よく丹念に調べている綿密な人物であるという評価がなされ、それが仕事に活きてくるからいい人材だという後押しをしてくれる部分でもあります。
記載方法については、数字などを盛り込んでいくと、面接官が転職希望者の指向性をイメージしやすく、印象も強くなります。
映画鑑賞でれば、週に何本くらいをどのジャンルを中心に見ているか、スポーツであれば、学生時代の部活からやっていて、県大会何位まで行き現在は趣味程度で、月に数回実際にも行うし、観戦も好きだという感じに 記載してみるのがいいでしょう。企業サイドとしては応募者の人間性をビジネス以外の部分からもどういう人なのか見極めようとする場合もあるのです。

履歴書は正式書類なので真面目に記載する

また、スポーツを通じてジョギングをしているとか体力つくりにも気を使っているという事もアピールできます、きちんと健康管理にも気を使う人間で努力家という事をアピールできれば最高です。
また、間違っても、趣味ゴルフ(伸び悩んでいます)なんて少しふざけた感じは避けましょう、あくまで履歴書はオフィシャルな公的書類ですので「ウケ」狙いは禁物です。もし面接で冗談交じりの会話でしたらOKですが、さすがに応募書類の時点では真面目に行った方が無難です。
応募書類は細部にわたって、色々と気をめぐらせ、失敗しない転職にしましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職が成功するか失敗するかの分かれ目はどこか

転職エージェントとして、さまざまな方の転職支援に携わっていると失敗する転職・成功する転職と色々見てきました。転職で失敗する方に多い共通項が、現職が嫌でそこからの脱却だけを転職と目的とする方や、年収アップだけを目的として転職を決める方に多い傾向があります。転職は決して逃げではいけないと思います。今の職場が嫌だから、人間関係が嫌だから、給料が安いからと現在の職場を放棄して他に移るような転職をする方に転職で失敗をしてしまうようなケースが見受けられます。

転職活動において何を軸として今後の職業人生を考えていくのかが重要

転職活動においてスタート段階の気持ちの整理やどうしていくかの計画は非常に大事です。まず転職をしようと考えてた時に、現職でとてもつらいことであるとか、収入が少なく給料を上げたいとか、上司と合わない等のネガティブ要素も多かれ少なかれ、大きなウエイトを占めそれが転職をしようという動機につながる方がほとんどだと思います。
そしてそのネガティブ要素からの脱却のみで転職活動をし続けてしまうと実は失敗をしてしまう可能性もあります、前職と会社を変えただけであまり中身は変わらないので、近いうちにまた転職をしなくてはならないという失敗スパイラルに陥る可能性もあります。
決して現在の職場を放棄して他の職場へ移ることを転職の目的とせず、今後の職業人生をどうしていきたいかを真剣に考える事が大事になってきます。

転職を成功へと導くためには、自身の職業ビジョン・キャリアを考える

では、転職を成功に導くにはどうしたらいいのか?ですが転職をしようと考えた時に、色々と不満はあると、それはそれとしてこれを機に自分はどういう仕事をしたいのか?どんな経験を積んで将来的にどうなっていくのが自分の人生でBESTかどうかをしっかりと考えて転職計画に落とすことです、そうすることで必然的に選考を受けたい企業の求人ばかりに応募することとなり、転職活動できちんと自己分析を行ったことで、新しい会社に入社してもしっかりとした目標を持って取り組んでいくために、自ずとビジネスは好転していくでしょう。
最終的には転職をしたのは成功だったと思えるはずです。現職からの脱却のために、受けれる企業・入社できる企業を選択するのではなく、しっかりと自分のキャリア・ビジョンを見極めた会社に入社したいから応募をするといったスタンスであれば、失敗しない転職となるはずです、考え方一つで大きく変わってきます。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職活動を通じて「働く」という事を考える ~キャリアの考察~

キャリア採用、そして転職活動においては自分自身のキャリアを考えていくとともに、職業観を見つめなおすには絶好の機会です。転職活動中にはこれまでと合うようなことのなかった、転職エージェントの担当者や、企業の採用担当者、そして応募企業である同業他社の方々の考え方などに触れ、「働く」という事をとことん考えていくにはいい機会となります。仕事と自分自身のかかわり方など改めて職業人生をリスタートするには様々な事をすっきりさせて転職を成功へと導きたいところです。

転職活動中は「働く」・「キャリア」を考えるには絶好の機会です

転職において、給料や待遇などの条件が少しでもいい会社を探してジョブホッパーと呼ばれるような転職を重ねてしまう方がこのご時勢とても多く存在します。
転職自体を否定はしないのですが、何度も何度も転職を重ねている方は転職市場においてどんどんご自身の価値を落としていっている事に気づいていないのかもしれません。
転職市場において、価値のある人材となるにはどうすべきかということですが、まずは現在の会社で必要とされる人材になるという事です。
今の現職において必死に仕事に取り組み結果も出していれば自ずとスキルは磨かれ、経験もついてきます。そこで現在の会社では、自分の成長ビジョンを実現できない場であると判断した際に、転職を考えるということが必然の流れになってきます。
最初から、転職をステップアップ、キャリアアップとして捕らえてしますと後々に踏ん張りが利かない状況に陥ります。是非転職はひとつの通過点で、今の仕事が今後の価値を決めていきます、安易な転職はお勧めしません、日々の仕事を努力しながら責任を持って日日々の業務をこなしていけば転職のタイミングは図らずともやってくることでしょう。
転職で失敗をしない為にもしっかりと、「転職」・「キャリア」というものと向き合い、自身の職業観をじっくりと考えるにはいい機会です。


転職時には何を重視しているか

キャリア採用において求人票にはあらゆる項目があります。業務内容はもちろん重要な要素の給料、福利厚生、会社の魅力など様々な項目があり、転職時には何を重視して転職先を選ぶのかにおいて大きな判断材料となります。本当にやりたい仕事であれば多少給料は下がっても問題ないのか、魅力的に感じている企業の業務内容だけど残業時間が多いなど取捨選択が難しい場面も多々存在します。そんな転職活動の大きなテーマともいえる何を重視して転職先を決めていくのかについて考えてみたいと思います。

転職希望者のほとんどが『給与』を重視している

ある人材サービス会社の統計によると転職希望者が圧倒的に重視するのが『給与』との調査結果があります。やはり仕事をするからにはギブアンドテイクの世界で自身の仕事がどれだけ認められるのかというのは年収に反映されてくる部分から来ていると思われます。また、転職希望者が現職や前職において最も不満に感じていることが、給与水準に不満を持っているという事からも起因しています。転職によって何とか給料水準を上げていきたいという転職希望者の声は転職エージェントの立場でもよく耳にする事です。
また人材紹介会社をはじめとする人材サービス会社の、『あなたの市場価値はいくら?』のようなキャッチコピーからも、仕事のボリューム感や役割・責任など総合的に鑑みてほかの会社ではいくらくらい貰えるのだろうと気にする方も非常に多いのです。

仕事のやりがいや自分自身の本当にやりたいことを第一に挙げる方は少数派

実は転職において一番大事な要素であろう、仕事のやりがいや満足度など、自分が本当にやりたい仕事を重視する傾向はあるのですが、『給与』を下げてまで本当にやりたい仕事に就く方は少数派に過ぎないのが現実です。面接や志望動機などでは決して見えてこない転職希望者の本音の部分となります。転職エージェントの立場では何とかスキルを活かしてやりがいのあるフィールドで活躍する転職を目指してもらいたいというのも気持ち的にはあるのですが、家族や生活など仕事を支えるプライベートの問題なども仕事そして転職とも密接に関連していることから切実なケースもあるので何とか給与も上がってやりがいのある仕事に就けるような転職を目指してもらいたいと、転職支援をさせて頂いているつもりです。
しかしながら希望通りの求人や理想とするような福利厚生の整った会社が見つかるケースというのは稀と言えるでしょう。その場合転職をしていく方たちはどうしているのかと言えば、重視する項目を数件に絞り残りは少しだけでも妥協していくという取捨選択を取っています。給料はいいが少しハードな環境だけど前職に比べればましと判断であるとか、前職より少しでも総合的にいい条件であれば自身を納得して転職をしていくというパターンとなります。そこで環境を替え気持ちも新たに仕事に精を出していき結果も出すといった具合に最終的には成功転職となっていきます。
転職活動中は何かと様々な情報に考え方が流されやすい場面も多いとは思いますが、しっかりと自身で重視する項目を打ち立て軸を持って転職活動をしていきながら、取捨選択をしていき少しでも理想に近い会社のポジションへの転職が出来れば成功転職と言えることでしょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職を繰り返してしまう人の共通項

転職エージェントのコンサルタントをやっていると、ジョブホッパーと言われるような転職を短期間で繰り返してしまう方と遭遇する機会が多くあります。転職慣れしてしまっているのでそこには将来的な目標ややりたい事、転職に関する志向や希望条件などはばっちり固まっています。しかしながらそこにはある共通項が存在します、そこをどこかのタイミングで気づき改善していかないとキャリアの構築どころか、この先仕事で満足感を得られるようなポジションに就く事すら難しくなってしまいます。

どの会社の仕事でも最初はつらいのが当たり前

転職を繰り返す方に多いのが、短期間で離職してしまう方が圧倒的に多い事です。その方々に何故短期間に辞めてしまったのかを聞くと決まって、入社前と条件や聞いていた話が違っていたという回答があります。転職活動をしっかりと行う事でミスマッチも極力回避できるはずですが、安易に次の転職先を決めてしまう事も要因の一つに挙げられます。また、転職を繰り返してしまっているから決まりやすい企業への転職をせざるを得ないという事情も背景にはある事でしょう。
しかしながら上記のような方には一つ大きな欠点があり、一つの事を何とかやり切っていく、仕事をきちんと覚えてさらに上のステージの仕事を任せられるといった経験値が以上に少ないような気がします。どんな仕事でもいきなり会社の根幹であるような大事な仕事をいきなり任せていくようなことはしません、まずは会社の仕事の基礎となる部分を鍛えていく意味でも初歩的な事から一歩一歩仕事をこなしていき次の段階に進むという基本的な事が存在します。そこを乗り切ってこその本当の意味でのキャリアップが出来るというう事です。

転職先企業では外部から来た人を試している傾向が存在する

キャリア採用において、新卒入社と違ってゼロから仕事を教えるという企業は少ないのかもしれません。その場合、配属先の職場では、どんな人材なのかどんな性格なのか、仕事ぶりはどうする人なのかを期待しながら、そして試行が半分といった形で多少転職者を試している傾向が少なからず存在します。そこで新たな職場ではこれまで通用していたルールや慣習が通用しないこともあるでしょう、そこは新たな環境へ早く適用する事そして分からないことがあれば積極的に教えを請う事も大事です。最初はわからないことだらけで不安になる事と思います、そこを教えてくれない、親切ではないと判断をするのではなく自ら新たな環境で活躍するために積極的にチームの一員として戦力となるため自ら教えてもらう姿勢も大事です。いい仕事をこなしていけばある程度給料だって役職だって上がっていくはずです、それの土台作りが転職したての初期のステージです。ここで早期に判断して離職を選択すれば文字通りこらえ性のない人材で、また次の職場で同じことをしてしまう可能性が強い事でしょう。折角縁があって入社した転職先です、そこでどうやって活躍していい仕事をしていい生活に持っていくかを考えましょう。転職は逃げに使用してはいけないという事を心に刻み、慎重に転職活動を行なっていきましょう。特に食品業界の会社はあまり人材が流動的とは言えない産業です、短期間で転職を繰り返してしまう人材には転職先とは難しい業界となっています。
食品業界でキャリアを形成していくのであれば出来れば一つの会社でしっかりとキャリアを形成していきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントのキャリアアドバイザーを見極めるコツ

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職活動を行う上では転職希望者の代わりに採用企業との間に代理人として立ち、さまざまな折衝や時には転職のアドバイスなど勇気づけてくれたりかなり頼もしい存在です。しかしながら人と人なので相性という事もあったり、そもそも優良なアドバイザーなのかどうかきちんと転職エージェンとしての役割を全うしてくれる担当なのか見極める事もキャリア採用においては、成功転職へと導くためには大事な要素となってきます。国家資格を有する方はキャリアコンサルタントと名乗っている場合もあります。優秀な転職コンサルタントとはどのような人なのでしょうか。

親身になって話を聞いてくれるかどうか

人材紹介会社もさまざまです、利益追求に走るがあまり求職者の気持ちよりかも採用企業向けの営業に注力するあまり求職者の気持ちをないがしろにしてしまう転職エージェント(人材紹介会社)も少なくありません。そんな人材紹介会社には人生の大事な分岐点でもある転職という大事なことを任せてしまっては後々後悔してしまう事になりかねません。私共も同じ業界の人間としてそのような会社が存在する事を快くは思っていません。
悪徳の人材紹介会社は大体態度ややり取りですぐにわかると思うので、自然とフェードアウトをしていく事で別の転職エージェントをあたっていきましょう。
優良な転職エージェントのキャリアアドバイザーはまず人の話をよく聞いてくれることが特徴に上げられます、そして時には間違った考え方や転職に関して誤解していることなどにはきちんと指摘をくれるはずでしょう。親身になってくれる転職エージェントのキャリアアドバイザーが一番大事な要素です。
何社か転職エージェントに登録をして、親身かどうかはすぐにわかるかと思われます。日常のやり取りや求人紹介を受けていくと自ずとわかってきます。例えば仕事紹介の場面でも多少強引に応募を勧められる場合もあり得るかもしれません、この場合は求職者の気持ちになっておらず、自己(人材紹介会社)の利益にばかり目がいってしまい求職者に親身になる要素はあまりないと言えます、こういう転職エージェントのキャリアアドバイザーは避けた方が無難と言えるでしょう。

転職エージェント経由以外の応募企業でも相談にのってくれるか

転職エージェントの最大の弱点は転職サイトに比べ求人数が少ないことがあげられます。非公開求人や大々的に採用活動を行なっていない独自求人が取り扱い求人の大半だったりするために、求人数は転職サイトの方が多いので転職活動を行なっていると、転職エージェントにはない求人で転職サイト経由の応募企業もあるかと思います。こういった応募企業の進捗についても的確にアドバイスを行なっていたける方が親身なキャリアアドバイザーともいえるでしょう。また現職と転職先との関係性にも配慮して物事を進めてくれるようなキャリアアドバイザーも優良です、時には現職にとどまった方がキャリア構築のためにはいいとアドバイスしてくれたり、現職の仕事にも配慮して面接調整を行なってくれたりといった具合です。
転職エージェントのキャリアアドバイザーは非常に大事なパートナーとなります、是非最善の転職エージェントの転職のプロであるキャリアアドバイザー、転職コンサルタントと出会う事で転職を成功へと導いていきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


キャリア採用 面接前の事前準備

書類選考が通過していざ面接となった場合にはきちんと事前準備をして面接に臨むことがキャリア採用において成功転職へのプロセスとなります。自身でできない事は転職エージェント(人材紹介会社)にこまめに確認を取り万全の状態で面接に臨むことが大事になってきます。面接で必ず聞かれる質問もすべておさえて趣旨に沿った回答を用意しておくことも忘れずに。

提出した履歴書・職務経歴書を確認

面接事前準備事前に提出をしていレジメ類の「履歴書」・「職務経歴書」は当日の話題の中心です、面接前に今一度確認をするとともに。要領よく説明が出来るシナリオを用意しておきましょう。自己紹介を含めた経歴の説明をお願いされたら3分でポイントを押さえた説明を心がけましょう。

企業の事を研究する

会社規模・歴史・特徴・経営者の経歴や人柄はどんななのかを事前に頭に入れておきましょう、質問があって調べてこなかったではかなりのマイナスです不明な点は転職エージェント(人材紹介会社)の担当キャリアアドバイザーに確認しておきましょう。

企業の事を事前に詳細にわたり調べておくことは当然ながら意欲が高いと思われるのと同時に、面接での回答のポイントを把握する事も可能です、企業に課題があればその部分でこれまでのキャリアでエキスパートである事をアピール出来れば相当の評価をもらえます。ありとあらゆるネット上の情報だけではなく、出版物等もないかを確認しましょう。

最後の質問は複数用意を準備しておく

最後に必ずある「質問はありますか?」に対しては必ず複数事前に準備しておきましょう。複数用意する事で意欲ありとみられる事と面接の中で質問内容がクリアになるケースもありますので多く用意しておきましょう。また福利厚生や細かい条件面についてはここで質問せずに後程転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアアドバイザーを通じて確認してもらいましょう。

面接の事前練習をしてみる

想定される問答を事前に声に出して同居している方に聞いてもらうロールプレイング的な練習は効果的です。話し方、言い回し、姿勢にも気を配りおかしいところはないかチェックしましょう。ロールプレイングパートナーがいなければ人材紹介会社のキャリアアドバイザーにお願いをしてみましょう。

また以下のような想定質問を紙に書いてみる事も効果的です、読み返してみて矛盾点はないかどうか、消極的ではないかどうか、ロジックは整合性があるかを確認しましょう。しかしながら紙に書いたことの暗記はNGです、必ず自分の言葉できちんと話せる必要があります。

面接で必ずある質問

・転職理由をお聞かせ下さい。

・当社への志望理由をお聞かせください

・これまで経験した仕事内容の説明をお願いします

・短所や苦手なことに対してどのような事で克服していますか。

・現職(前職)での成功事例を、その要因も含めてお聞かせ下さい。

・これまでのキャリアを当社でどのように活かしていけるとお考えでしょうか?

・希望年収はどのくらいですか?

・いつから入社できますか?

・最後に何か質問はありますか。

上記の回答はスムーズに回答できるように面接前にきちんと準備をしておきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントが教える面接の採用担当者はここを見ている

キャリア採用の面接において重視されるポイント、採用企業の面接官はどのような事にポイントを置いて面接を行ない、選考を行なっているのか。最近の面接は高度になりつつあり、コミュニケーション能力や人柄がいいのは当たり前で協調性やチームワークなどを重視している採用企業も多いのです。また仕事をするうえで感情をコントロールできるかどうかなどにも比重が置かれておかれています。

もはやコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは出来て当然

応募する求人にもよりますが、よく面接においてはコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは当たり前のように採用基準となっている採用企業も少なくありません。新卒の採用とは異なりキャリア採用においてはどのように会社で仕事をしてきて、上司をはじめとする周囲の方々とどのようにコミュニケーションを取り協調性を持って仕事をしてきたのかという事が当たりまえのように見られます。その上でキャリアをどのように形成してきたのかという事で人物像を見ていくというスタンスの選考となります。

感情をしっかりとコントロールできる人材かどうかがみられる

職場での人間関係も会社という組織を形成していく上では重要な要素となります。よく耳にするキレてしまうような人材ではないか、時には仕事がうまくいかなくとも一定の感情をコントロール出来、しっかりと修正が出来る人材であるかどうかというのも見極める要素となります。これには突然好きな色は?とか好きな動物は何ですか?などとビジネス上では関係ないような質問がある場合などにどんなことを考えていてその回答の理由を聞く事により、しっかりと感情を乱さず質問の意図をくみ取り回答できているかなど取った場面で見極められることがあります。意地悪な質問などがあった場合には要注意です、その際の顔色や返答で感情をしっかりとコントロールできる人材であるかどうかなど見られています。

協調性やチームワークは大事な要素

働くうえでチームや社内・社外との連携はビジネス上大事な要素です。外部の会社からくる方にはさらに強く求められる要素の一つです。現状でき上っている組織に順応して能力を発揮して頂く事が採用としては大事になってきますので、組織になじめる人材なのか、協調性を持ってチームワークを重視した仕事が出来るかを見極められます。これは過去にどのように周囲と連携を取ってきたのかという事をテーマにして面接の会話の中から見極められるケースが一般的です。エピソードなどを交えながらリアリティのあるチームワーク重視の仕事ぶりをしっかりとアピールしていきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア

 


転職エージェント経由で内定が出た際の退職交渉

キャリア採用において転職エージェントに登録をしておいて転職活動を行うと様々な事を求職者に代わり転職エージェントのキャリアアドバイザーが行ってくれます。転職エージェントを活用して内定が出た場合の流れを説明します。内定通知書の発行方法、通知方法、回答期限はどのくらいまで待ってもらえるのか。現職への退職の申し入れ、有給消化の利用方法等にも言及致します。

無事内定が出たら

最終面接が終了し、その結果は転職エージェント/人材紹介会社のキャリアアドバイザーより連絡があります。そしてここで注意したいのが一点、口頭ベースでの内定ではなくきちんと紙面で、「内定通知書」・「オファーレター」をお願いしましょう。この内定通知書に、雇用条件が記載してありますので確認をします。この紙面での内定通知書を頂いてから検討に入りますが返答期限として大体1週間から10日くらいが一般的です、担当キャリアアドバイザーといつまで待ってもらえるかを確認しましょう。
そしていざ入社を決意したらその旨をキャリアアドバイザーに「入社意志」として伝えます、同時に同じ会社経由で選考が進んでいるところは選考辞退の手続きを取ってもらいます。その他の転職エージェント経由で選考が進んでいるものも、担当キャリアアドバイザーに別の企業で内定が出て、入社する事にした旨をお伝えしましょう。現在選考の進捗が進んでいない紹介会社でも、お世話になった転職エージェントのキャリアアドバイザーの方々にも連絡だけは入れておいた方がいいです。

会社への退職意思の伝え方

いよいよ次の職場への入社を決意したら現職中の会社に「転職の意志」を伝えなくてはなりません、この場合は直属の上司にあたる方にまずは退職をしたい旨をお伝えします。ここで想定されるのが引止めにあうケースです、ここまでしっかりとした意志を持って転職活動を行っていた方であれば、多少の引止めには応じないことが多いかと思われますが、それ以外の場合も転職に至った理由や事情を考えながらしっかりとした意志を持って退職交渉を行いましょう。ここで心がけることは必ず円満退職を目指すことです。
会社から退職の旨を承諾されると今度は最終出社日です、これは残務状況、取引先や同僚に迷惑の掛からない範囲で無理なく引継ぎが出来るように現職の会社と話をします。ここで引継ぎ期間があまりに長くかかってしまうようだと次の就職先にも迷惑がかかる事もあるので、現職の退職交渉の状況を転職エージェントのキャリアアドバイザーに報告をこまめにしておいた方がいいでしょう。
無事に最終出社日が決定すると、有給消化に入りますが、この有給を使い切った状態が「退職日」となります、翌日からは職場に出勤可能です。次の職場の入社日とどのくらい有給を使う事が出来るかを相談しながら、「最終出社日」・「退職日」を決定しましょう。ここまでくれば転職活動は終了です、次の職場で活躍する為に心の準備をしておきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


キャリア採用における面接前の事前準備~面接対策~

転職エージェントの立場としてはキャリア採用において面接に進むのであれば入念に面接対策を実施して頂く事をお勧めします。面接の準備では何をすればいいのかを、必ず聞かれる、転職理由、志望動機、これまでの経験の3ポイントを中心に掘り下げていき具体的に何をどのように回答していくかをアピールを交えながら面接の前にしっかりと対策を練ることが肝心です。面接対策を具体的に解説していきます。

まず自分自身を知る

人柄を含めた自分自身の事を一旦紙に書き留めても構わないので、理解する必要がります。どんな将来をイメージして新卒で入社した会社の事そこで学んだビジネスの厳しさ、スキル人脈等を一旦自分自身の頭を整理していくと自身がどんなスキルを持っていてこんなことがやれそうだとか、将来どうなっていきたいかが明確になってきます、是非試してみましょう。

入社したい会社の事を理解する

人材紹介会社より提供のあった求人票を細かくチェックしていきます、それには企業のHPや有価証券報告書等から業界の研究~企業研究までを企業としての方向性、戦略・課題抽出までを理解していきましょう。食品メーカーであれば商品ラインナップも抑えておくことも重要です。

面接での問答対策 中途採用の面接でのポイントは3つ

①なぜに転職をしたのか/退職したのか(退職理由)

②なぜ当社を選んだのか(志望理由)

③これまでの経験を教えてください(経験・スキル確認)

 ①転職理由

面接官に前向きな転職理由だと思ってもらえるようにしましょう、決して現職・前職の悪口はいけませせん。人は誰でも前向きな人材が大好きです、転職自体が少し後ろ向き感はありますが、それでも前向きで誰がきいても、致し方ないなそれでは転職を選択するのがBESTだと思ってもらえるような言葉を選んで転職理由/退職理由を形成していきましょう。

 ②志望動機

面接官がそれであれば当社を志望するのは当然だと思ってもらえるまでの理由を形成すれば問題ありません、これは往々にして転職理由からつながっているケースがあります。その事情だと当社を志望したのは自然な流れだと思ってもらえるような形で作り上げていきましょう。しかしながら取ってつけたような理由ではかなりの「もろさ」も露呈します、ですので「それは何で?」「それはなぜなの?」とあらゆる角度からのツッコミにもきちんとした説明が出来る対応をできるように「深み」を持たせた志望理由を形成しましょう。

 ③これまでの経歴

面接官がその経験は当社でもすぐに使えると思ってもらえるように説明をしていきましょう、企業が中途採用者に期待するのは「即戦力性」です。「即戦力」=「同業」である必要性はありません、事前に企業研究で調べた、事業内容・業務内容から考え共通項を探していきます、営業であれば代理店が一緒であるとか、足で稼ぐ営業・提案力が問われてくる営業など、経理であれば使用していたシステムが同じ等共通項はかなりあります。これまでに経験した役に立ちそうな事はポイントを強調できるように説明をしていきましょう。共通項ですがシステムやお客さん、業務プロセス等色々と存在します是非探していきましょう。

⇒具体的な準備編はこちら『キャリア採用 面接前の事前準備』

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索