キャリア採用で面接が短時間で終了したらNGなのか?

キャリア採用で面接が短時間で終了したらNGなのか?

キャリア採用/中途採用の面接において要する時間は平均して1時間くらいが相場です。しかしながら20分や30分で転職の面接が終了してしまう事も珍しくありません、応募者の立場からは面接が早く終わった=自分に興味がないのではと感じ、不採用になってしまったのかと不安になる事もあります。短時間で終了した面接どのような場合が、お見送りなのかセーフなのかそのあたりを解説していきます。

キャリア採用の面接が短時間で終了してしまうケース

中途採用の面接において時には、短時間で面接が終了するケースもあります、通常は1時間前後くらいが普通ですが、時には10分や20分などの短時間で終了してしまうケースもたまにあります、これはまさかNGという事なのかと不安になってしまう事もありますが、実際のところ応募者が多く、全員に1時間をかけるほど時間が無い企業もあります。
その場合は短時間で聞きたいことと、チェックすべき事を手短に済ませ選考を終了するケースもありますので、心配は必要ありません。
しかしながら、実際には面接をしている最中に既に次の選考に進める事はないと判断をしてしまうケースもあります、その場合は面接時間が短いと、不採用といった形になります。この場合は、時間ではなく面接の終わり方にあると思ったほうがいいでしょう、不自然に面接が終了する、必然的に短時間での面接となる場合は何かNGワードのような事を発言してしまったり、無責任とも取れるような発言があったりといった事が考えられます。
こうならないように面接では気を抜かないように気をつけて臨みましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索