Category Archives: 食品業界の転職/面接対策

転職活動における志望動機形成/中途採用の面接で必ず聞かれる質問

中途採用の面接で必ず聞かれる、面接3大質問。志望動機、転職理由、これまでの経歴。この3つは転職活動を行うのであれば初期の段階で形成しておきたいポイント。その中でも志望動機はなぜその企業を志望するのか、そしてその会社でどうなっていきたいのかまで言及する必要があり、その理由であれば当社を受けに来るのは当然だと思わせるくらいの作りこみが必要。面接だけではなく、書類選考の時点でも重要視されます、転職サイトなどでも気軽に応募が可能な時代ですので、なぜに志望するのか明確にしておいた方が書類選考も通過しやすいはずです。

志望動機は曖昧さを排除する

志望動機を述べる際に、よくありがちなのは

「御社のその製品をよく利用していて…」

であるとか

「皆さん対応が素晴らしく活気がありそうなので…」

一見よさそうですが、企業や面接官を持ち上げるだけになってしまっているのです、少し薄っぺらい感じです。

食品メーカーの場合に多いのも御社の商品力に惹かれてなんて回答が実はお世辞的にしか映っていないという事もよくあります。

起業がどうのこうのは、二の次で、その会社のフィールドで自分がどんなことをやりたいか(やれるか)そして将来的にどんだけのメリットをもたらす事が出来るのかを表現する必要があります。

企業を持ち上げたり、おべんちゃらを使うのは会話のコミュニケーションとして、雰囲気をよくする効果あり、問題ないのですがそれだけだと最近の面接ではいい人だけど薄っぺらいだけの印象となってしまいます。

志望動機とは、その企業に入社したら何をしたいのかを述べ、熱意を伝えること。ポイントは

「なぜその業界なのか」

「なぜその企業なのか」

「なぜその仕事なのか」

の3つの質問に答えられることです。

まずは、あなたが転職活動をを始めてからその企業を志望するまでの経緯を考えてみましょう。

最初はいろいろな業界や企業を見ていたはずです。その中で、途中で興味がなくなった企業と志望する企業の違いは何だったのかを整理してみる。その違いが分かれば、なぜその業界や企業、仕事を選んだのかが見えてくるはずです。

自己PR~志望動機まで関連性を持つ

自分はどんな人物で、どんなビジネススキルがありそれを御社というフィルードで活躍していきたいか明確にすれば志望動機は自ずと面接官の心に刺さります。

最終的には、自己PR~志望動機の説明の流れで、今日ここに面接に来るのは必然であったなと面接官に思って頂けたら成功だと思っても過言ではありません。

志望動機は転職だけに限らず新卒の就職活動でも行ってきたことだとは思いますが、社会人経験を経た今だからこそ具体的に食品業界を志す理由、その会社で活躍していきたい理由を考えてみましょう。志望動機形成でお困りであれば転職エージェントに相談するのも一つの手です、一緒に最善の応募企業ごとの志望動機を考えることが出来ます。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用、転職活動における採用面接での退職理由(転職理由)について

中途採用の面接の場面で必ず聞かれる、面接3大質問。志望動機、転職理由(退職理由)、これまでの経歴。この3つは転職活動を行うのであれば初期の段階でしっかりと形成しておきたいポイント。その中で退職理由はさもすればマイナスイメージにもつながりかねない重要なポイントとなります。一度面接でネガティブな印象になれば挽回するのは至難の業。誰もが転職は致し方ないなと思ってもらえる転職理由を作り上げることが必要となります。

中途採用の面接で必ず聞かれる質問/転職理由・退職理由

面接では必ずと言っていいほど、

「なんで転職しようと思ったのか」

「なんで退職しようと思ったのか」

必ずと言っていいほど聞かれます。

そう、転職理由(退職理由)の説明です。

ここは失敗すると後を引く重要な局面です、多少ネガティブな感情を持って転職をするという方も少なくありません。でも、企業にネガティブを伝えすぎてしますとかなり逆効果です。会社の人間関係や経営方針への疑問など、どの会社でも起こりうるような不満は止めましょう。

「それ当社でも起こりえるよ」と思われた時点でNGです。

不満解消のための努力をしていない場合には単なる泣き言と捉えられてしまいます。また、志望動機と一致しない転職理由は避けた方がいいです、一連の転職をするためのストーリーが支離滅裂になってしまいお互いにすっきりしない面接となってしまいます。

退職理由が、応募先でも解消されないようなことであれば言わない方が無難です、今の会社にいてもしょうがないから受けにきたというイメージを与える回答だけは絶対に避けましょう。

出来るだけポジティブ要素に返還を行うトレーニングを行っておきましょう。

ネガティブ理由をポジティブな理由へ変換

■社内の人間関係に嫌気がさした → 周りと連携を取り仕事を進めたい

■社長がワンマンでついていけない → 自分の目標にあった働き方をしたい

■ノルマがきつい → 営業という仕事そのものに打ちこみたい
 といった感じです。

常に前向きな姿勢・マインドを示しましょう。

現職で頑張りに頑張った、しかしながら結果的に、転職を選択するのがベストと思わせるストーリー作りが重要です。

決して「退職の言い訳」にならないようにしましょう。


中途採用の面接における受け答え

中途採用において面接は非常に大事なポイントとなり転職活動最大の関門です。そこを面接対策で実施した想定問答通りに暗記した内容をただ話しているだけではNGです。心の通った会話、コミュニケーションが大事です。キャリアや経験をいかに真実性を持たせて話せるか、即戦力性をアピールできるか、そこには面接ならではの会話術が必要です。転職活動を成功に導き内定をつかむには、それなりの対応が必要です。食品業界の転職も一般的な面接と同じです、しっかりと対策を練って面接に臨みましょう。

【中途採用面接の答え方】

◎「答え」には例やエピソードを付けて真実味を出す。

面接官は質問に対する答えが「口先だけのキレイ事」ではないかを疑います。

そうではないことを証明するためにも類似事例や過去のエピソードなどを交えて回答しましょう。

<例>
面接官:「あなたの性格は?」
あなた:「責任感が強い性格です。一度頼まれたものは必ずやり遂げます。
先日も上司から依頼された緊急対応案件を徹夜してしあげたところです」

◎答えることが目的ではありません。相手が理解することが目的です。

どんなに素晴らしい内容の答えであっても相手が理解できないのであれば、伝わらず、答えていないのも同じです。相手がわかりやすいように話すこと、理路整然と話すことを意識してください。

【中途採用面接時における話し方】

◎質問にはまず”答え”を応え、その後説明をする

普段はできているので簡単なことのようですが、面接では緊張などにより意外とこれで失敗する方がいらっしゃいます。例えば「好きな色は?」

と質問されたら、まず「色」を応え、その後

「なぜその色が好きなのか」

などの説明を加えてください。説明を先にしたばかりに、その間に質問を忘れてしまったり、会話が迷走し始めてしまうことがよく起こります。

質問に対しての回答が「YES」なのか「NO」なのかはっきりさせて、そのあとに「なぜなら・・・」となぜなら・・・の部分が大事です。

◎ひとつの質問への回答は1分30秒以内

回答が短すぎるのも素っ気なくて問題ですが、よくあるのが「回答が長すぎる」というものです。

一方的に話すことは「空気が読めない」と思われてしまったり、お互いが気持ちよく話すという基本的なコミュニケーション能力を疑われてしまうことになり兼ねません。

人は90秒以上話を一方的に聞き続けるとイライラし始めるとのことですので、目安として一発言は1分30秒以内に納まるようにしましょう。

◎意識していつもより少しゆっくり話すようにする

面接では多くの方がいつもより少し早口になってしまうようです。意識してほんの少しだけいつもよりゆっくり話すようにしていただくと面接官も聞き取り易い会話スピードになって、意思の疎通が円滑になるかと思われます。

要は落ち着いて回答することです。

スピード回答は全般的に「思慮深さがない」といった印象になりがちです。基本的なことですが、「明るく」・「元気よく」・「はきはき」と応答することは大事です。

 

『食品業界の人材紹介へ登録をする』


転職の面接における退職理由 /本音と建前

転職の面接において必ず聞かれる、転職理由・退職理由があります。これは下手するとかなりネガティブになってしまう事も十分に想定されます。ありのままの転職理由・退職理由のままだと正直すぎて、面接官にはよく映りません、本音の理由をだれが聞いても転職することは致し方ないことだと納得するまでに変換して作り上げていく事が重要となります。食品業界の面接も一般の業界と面接対策はほぼ同じです、転職理由・退職理由を上手くポジティブなものへ変換することを面接前に行っておきましょう。

転職活動の面接の場面において、退職理由(転職理由)を伝えた途端に場の雰囲気が重苦しくなってしまうことがあります。かなりネガティブな理由を上げてしまっている事が想定されます、転職はネガティブ要素もありますが、それを正直に伝えるとマイナスになってしまう事はよくあります。

転職(退職)理由の本音と建前のランキング

【本音ランキング】
1位 上司との人間関係
2位 給与が不満足
3位 仕事に変化がない、おもしろくない
4位 会社の経営方針・経営状況の変化
5位 キャリアアップしたい
6位 労働時間や環境に不満
7位 社長がワンマン
8位 同僚・先輩・後輩との人間関係
9位 社風が合わない
10位 雇用形態に不満

【建前ランキング】
1位 キャリアアップしたい
2位 仕事に変化がない、おもしろくない
3位 会社の経営方針・経営状況の変化
4位 労働時間・環境に不満
5位 給与が不満足
6位 上司との人間関係
7位 勤務地までの距離・環境に不満
8位 社風が合わない
9位 雇用形態に不満
10位 昇進・評価制度に疑問
10位 転勤・異動を含む人事制度に疑問

本音 ←→ 建前

に相違があります。これには、応募企業向けの本音を面接用の建前の部分に変換した退職理由を作り上げる必要があります。その際、あからさまな作り話や嘘は話に説得力がないので、出来るだけスマートで簡潔すぎるくらいに留めます。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』

 


転職活動の面接に緊張はつきもの/面接で緊張したらどうすればいいのか

転職活動において面接は避けては通れない最大の試練となります。面接で緊張するのは当たり前、志望度が高い企業であればなおさらテンパってしまうものです。事前にどんな面接対策をしたら緊張しないのか、面接官に舞い上がっている様を見られないようにするにはどうしたらいいのか?落ち着いて面接を受け面接突破と行きたいところです、そんな面接の緊張をほぐす術を紹介していきます。

転職活動での面接はなぜ緊張するのか

面接前夜に眠れなかったり、当日過度な緊張から普段の自分を見せることが出来ない事は転職活動においてはよくある事です。しかしながら緊張のあまり面接が台無しになってしまい、不採用なんてことは出来れば避けていきたいところです。なぜに緊張するのか?それはひとえに自分をよく見せようという気持ちが大きすぎる事が所以です。面接官に気に入ってもらえるようにしようとか、普段の自分より良く見せようと背伸びをしてみたり取ったことが自分自身を追い込みすぎて緊張感が出てきてしまうという事があげられます。面接対策も十分にした挙句に当日の面接で緊張してしまっては実力が十分に発揮できません。あまり過度に自分をよく見せようとしすぎるのはかえって逆効果かもしれません。採用企業の面接官も百戦錬磨のはずですので、かえってよく見せようとしている人材は緊張していようがいまいがお見通しなんてこともあります。自然体で臨むように心がける事が大事になってきます。

面接で緊張したらどうしたらいいか

自然体でリラックスしたつもりが、普段から緊張しやすい人などは多くいるかと思いますが、面接になって緊張した場合はどうすればいいのかというと、採用企業の面接官に『本日は面接頂きありがとうございます、しかしながら緊張しています』などといった感じで面接の冒頭で正直に申し上げてしまうというのも一つの手です。面接官も同じ人間ですので、緊張しているのであれば仕方がないのかな、などと思って頂ければ大きく減点されることも少ないと思います。また、正直に言ってしまったことで胸のつっかえが取れ、しばらくしてみると緊張も解けていたなんてこともあります。是非自然体で面接には挑めるように準備をしていきましょう。

 


中途採用面接におけるポイント

転職活動においての最大の山場である面接。特に1次面接が最重要となります、食品業界の面接というよりかは一般的な採用における面接と基本事項は全く同じです。面接の基本は転職理由・志望動機・これまでの経歴の3つが重要となります。この3つのポイントをおさえて面接に臨むことが、内定を勝ち取るコツとなります。折角書類が通過したからには是非面接を通過させましょう。

開始5分で決まる

転職活動において中途採用面接の合否は実は”開始5分”でほぼ決まると言われております。
(研究DATAによれば開始5分の合否判断が面接終了後に逆転する確率はわずか15%だそうです。つまり、開始5分でOKとなれば終了時には85%の確率で合格となります)
※開始5分に一般的に質問されるのは以下の3つになります。

(1)「転職理由を教えてください」
(2)「志望動機を教えてください」
(3)「これまでのご経歴を教えてください」

上記3つの質問にしっかりと回答することができれば開始5分文字色時の印象は良いものとなると思われます。
上記3つを回答する際の注意点は以下になります。

(1)転職理由

◎面接官に「前向きな転職だ」と思ってもらえるようにあなたが今準備している
転職理由は後ろ向きに聞こえないでしょうか?
人は誰でも前向きな方を好みます。
転職を考えられているくらいですので現職(前職)への不満もあるかと思いますが、
愚痴に聞こえてしまっては面接では悪印象になります。
前向きでかつ誰が聞いても「それは辞めても仕方ない理由だ」と思っていただける
ように言葉を選んで回答しましょう。

(2)志望動機

◎面接官が「うん、それならうちで志望するのは当然だ」と思えるように
往々にして転職理由の裏返しになっているかと思います。その回答は誰が聞いても
「それなら当社を選ぶのは自然な流れだな」と思ってもらえる内容でしょうか?
取ってつけたような回答では、回答に対してさらに深く「それはなんで?」と
質問されて行くに従いボロが出ます。
ご自信の回答に対して「それはなんで?」
を5回繰り返してもしっかり説明できるくらい深く考えて準備してください。

(3)これまでの経歴

◎面接官が「その経験そのまま使ってもらえるかも」と期待するように
企業が中途採用者に期待するのは”即戦力性”です。
“即戦力”だからといって同業で働いている必要はありません。
これまでの経験業務の中で、事前に調べた応募企業の事業内容・業務内容から
勘案して、役に立ちそうな経験があればそれはアピールしてみてください。
例えば法人営業、それも高価な商品であれば、しっかりした提案力と決裁プロセスをひとつずつ進めていく段取り力などはどの企業でも共通して使えるスキルになります。

これまでの経歴をダラダラ話すのではなく、面接官が聞いたら「お、その経験いいね」と思ってもらえるようなポイントを強調して話せるように準備しましょう。
食品業界の転職における面接も特別な事はありません、基本を押さえておくことが重要となります。


面接NG事由集/面接対策

過去に面接で落ちた方の企業側から出てきた「NG 理由」をご紹介していきます。NG理由を見ると企業の面接官がどこを見ているのか一番はっきりわかります、こちらを参考に面接前にはネガティブにならないよう対策をしておくことが大事です。食品企業が人材を見極める際には人とのつながりを大事にしていたり特徴的なものもあります、しっかり面接を乗りきれるように確認しておきましょう。

説明不足、準備不足によるNG

■全体的に説明の具体性がなく、行動実績がみえない
■具体的に何ができるのか(専門性)、面接を通して見えてこない
■技術的に深みがない(深みについて面接で理解することができなかった)、食品人材として足りないと判断
■話が冗長で表層的
■自身の手で行った仕事の話が具体的に聞けない
■今ひとつ質問の意図が汲み取ってもらえない
■研究開発職にも関わらず、やりたいことが明確でない
■相手の言っていることを全体として捉えて答えることができない、質問の意図が通じない
■何をやりたいか何で貢献できるか、また志望動機やキャリアアップについて語っていただけなかった
■職歴書の内容を具体的に語ることが出来ない

上記は、事前準備等で回避できることが往々にしてあります。具体例を挙げて説明し、思慮深くしっかりとコミュニケーションをとり相手が信憑性を感じるようにお話することが大事です。

熱意不足、志望度不足によるもの

■全般的に理解が浅く、探究心に欠ける
■論理的に考え、話す力に不足を感じる
■専門性は非常に高いが、応用範囲が狭くこだわりが強過ぎて、入社後の柔軟性に疑問がある
■転職動機が極めて不明確
■自分の能力と経験について客観的な認識ができていないため、希望と実力の間にギャップがある
■論理的思考がやや弱く、年齢に期待するリーダーシップやマネジメント力が期待出来ない
■転職や仕事に対する考えが甘いと感じられた
■志望動機が不明確
■キャリアプランが不明確
■コミュニケーション能力が不足
■志望度合が低そうである、受験意思およびやる気に疑問
これらも、企業研究をしっかりとしてのぞむのはもちろんの事、自分自身の事についても深く探求し、話に深みを持たせ、決して薄っぺらい話で終わらないように必死にコミュニケーションを心掛けていく事が重要です。食品業界の企業は比較的コンサバティブで形式的にこだわりを持って面接を実施する場合も多いので基本事項はしっかり丁寧に押さえておくことが重要です。


中途採用の面接においてチェックされる項目の一例(食品メーカー)

中途採用の面接試験において客観的に人物を評価します。採用企業は面接試験を実施する際には面接チェックリストを活用しています。面接ではただ単純に話をして質問をするだけではなく、その企業の採用基準に沿った人材であるかどうかのチェックが行われています。そのチェック項目を知っていればおのずと面接対策でもどのように回答していくのかが見えてくるはずです、今回はある食品メーカーの面接チェックリストを参考に確認していきます。

とある大手食品メーカーにて実際に採用面接において使用されていたシートを参考までにお見せ致します。

(現在はこの企業は別の面接シートを使用しています。)

抜粋とはなりますが、こちらを基に人物を見極め2次面接(最終面接)に進んで頂くか判定をしていきます。これを見ると非常に細かく採点までしている会社もあるのです。

すべての会社がこのような面接チェックシートを使用していることはございませんが参考までに多角的に人材を見極めようとしているのがよくわかります。

評価段階:採用可能レベルを5段階(優A~E劣)で評価する。採用不可は『F』を記入

以下のコンピテンシーと予定役割等級から評価する。
利益志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
顧客志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
革新性&柔軟性・・・(劣1・2・3・4・5優)
チームワーク・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
職業観・・・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
成長意欲・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)

役割別評価
予定役割等級と候補者自己申告の役割の整合性を評価する
課題把握
構想・企画
実行推進
セルフマネジメント
対人対応
ヒューマニティ
リーダーシップ
チーム・自組織マネジメント

その他専門スキルについても詳細をヒアリングし、(優A~E劣)で評価する

共通項目として
・希望職種/やりたいこと
・希望職種に対しての本人の能力/経験
・面接職種について説明したか、していないか
・本人希望とのマッチ度 高い/低い/不明
・当社志望理由
・現職/前職退職理由(退職理由に妥当性はあるか)
・他社応募状況
・質問(本人からの質問 あり なし 具体的に)
・質問に対する当社からの回答

特記事項(気付いた事、気になった事、最終で留意すべき点、マッチ度が低い、不明の理由など)

総合判断
・是非採用
・次へ
・保留
・不採用
・採用不可

・合否判断理由

・2次面接への申し送り事項。

上記の事をきっちりとヒアアリングを行います。

皆さんが考えているより細かいと理解いただけますでしょうか、

自身の面接対策にお役立てください。

食品CAREERを運営する株式会社グロリアス・サーチの人材紹介は食品業界の転職支援に長年従事してきた者ばかりです。企業別の面接対策には自信がありますので是非登録を頂きたいと思います。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』