Category Archives: 食品業界転職コラム

転職活動の面接に緊張はつきもの/面接で緊張したらどうすればいいのか

転職活動において面接は避けては通れない最大の試練となります。面接で緊張するのは当たり前、志望度が高い企業であればなおさらテンパってしまうものです。事前にどんな面接対策をしたら緊張しないのか、面接官に舞い上がっている様を見られないようにするにはどうしたらいいのか?落ち着いて面接を受け面接突破と行きたいところです、そんな面接の緊張をほぐす術を紹介していきます。

転職活動での面接はなぜ緊張するのか

面接前夜に眠れなかったり、当日過度な緊張から普段の自分を見せることが出来ない事は転職活動においてはよくある事です。しかしながら緊張のあまり面接が台無しになってしまい、不採用なんてことは出来れば避けていきたいところです。なぜに緊張するのか?それはひとえに自分をよく見せようという気持ちが大きすぎる事が所以です。面接官に気に入ってもらえるようにしようとか、普段の自分より良く見せようと背伸びをしてみたり取ったことが自分自身を追い込みすぎて緊張感が出てきてしまうという事があげられます。面接対策も十分にした挙句に当日の面接で緊張してしまっては実力が十分に発揮できません。あまり過度に自分をよく見せようとしすぎるのはかえって逆効果かもしれません。採用企業の面接官も百戦錬磨のはずですので、かえってよく見せようとしている人材は緊張していようがいまいがお見通しなんてこともあります。自然体で臨むように心がける事が大事になってきます。

面接で緊張したらどうしたらいいか

自然体でリラックスしたつもりが、普段から緊張しやすい人などは多くいるかと思いますが、面接になって緊張した場合はどうすればいいのかというと、採用企業の面接官に『本日は面接頂きありがとうございます、しかしながら緊張しています』などといった感じで面接の冒頭で正直に申し上げてしまうというのも一つの手です。面接官も同じ人間ですので、緊張しているのであれば仕方がないのかな、などと思って頂ければ大きく減点されることも少ないと思います。また、正直に言ってしまったことで胸のつっかえが取れ、しばらくしてみると緊張も解けていたなんてこともあります。是非自然体で面接には挑めるように準備をしていきましょう。

 


食品業界の社風

転職においてその会社の社風や風土が一つの決め手となる場合も多くあると思います。食品業界の社風はやはり古い産業と言えるので、コンサバティブな慣習的な企業も多く、それが食品業界が安定産業であるといわれるゆえんかもしれません。きちんと企業内ルールを制定してそれに従った組織作りや営業方針などをきちんと明確に打ち出している会社が多いのも特徴的です。食品業界への転職を考えている方に参考になればと食品産業の企業の特徴を紹介していきます。

食品業界の企業は人と人とのつながりを重視する

食品メーカーは卸と言われる代理店販売を長らく商習慣としてきました、現在もその流れは残っています。そうなってくると長年の顧客との信頼関係を大事にしてきていて、それを崩して新たな販売網を独自で開拓するよりかは、人と人の信頼関係を大事にしています。営業求人などでよく見受けられる、コミュニケーション力・リレーション構築力などが歓迎要件やMUST要件になったりするのはその部分が非常に大きいことから来ています。また食品メーカーなどは、原料を調達していかなければならないのですが、そのサプライヤーの選定も長年信頼関係を築いている企業がもちろん優先です、価格交渉なども市場の値段などが重視されますのであまりスタンドプレー的なものも少なく、業界全体で最適化を図っているようなところがあります。

オーナー企業が多いのも食品業界の特徴

食品企業で中小企業と言われるような会社には、オーナー企業や同族経営の会社も少なくありません、地方の地場の製菓や清酒など地方の食品産業を支えている会社などはこの部類の会社が非常に多いことで知られています。この場合の社風は経営者のトップリーダー的な考え方が社風そのものに直結している場合があります。その社風も様々で食品業界の特徴となる、人と人のつながりを大事にしている会社もあれば、品質にこだわりを見せる会社、商品力が売りの会社、社員をとても大事にする会社などさまざまです。事業主であるオーナーや社長さんの考え方がそのまま企業理念から社風につながってきます。転職においては、オーナー及び経営者のお人柄を重視すると自分がその会社に合うかどうかを判断する材料となるかと思います。トップリーダーの考え方に共感できればその会社で活躍できる可能性は非常に大きいと言えるでしょう。最近は世代交代で2代目社長や3代目などといった事業継承も行われており、先代の意思を大きく引き継いでいたり、2代目社長さんががらりと経営方針を方向転換する場合などもあったりします。

社風は人材紹介会社/転職エージェントのキャリアアドバイザーに確認

転職において決め手の一つとなる、企業の社風はなかなかホームページからの情報や1度や2度の面接で見極めるのが難しい場合もよくあります、その場合は紹介先の企業の情報を豊富に保有している食品業界専門のキャリアアドバイザーの情報を頼りに判断しましょう。食品業界に特化している人材エージェントグロリアス・サーチのキャリアアドバイザーは長年食品業界の転職支援に従事してきた者ばかりです。企業の特徴や社風は熟知しておりますのでその企業にあったキャラクターや活躍している方の共通項など普段転職活動で得る事の出来ない情報も提供することが可能です。転職は人生の大事なターニングポイントとなる場合も多いのでその決断の際にはなるべく多くの情報を持って意思決定を行う方が賢明だと思われます、食品業界の転職を考えている方は是非一度グロリアス・サーチキャリアアドバイザーに転職相談を申し込んでみましょう。

転職支援サービスのお問合せ・申し込みはこちらから


中途採用面接におけるポイント

転職活動においての最大の山場である面接。特に1次面接が最重要となります、食品業界の面接というよりかは一般的な採用における面接と基本事項は全く同じです。面接の基本は転職理由・志望動機・これまでの経歴の3つが重要となります。この3つのポイントをおさえて面接に臨むことが、内定を勝ち取るコツとなります。折角書類が通過したからには是非面接を通過させましょう。

開始5分で決まる

転職活動において中途採用面接の合否は実は”開始5分”でほぼ決まると言われております。
(研究DATAによれば開始5分の合否判断が面接終了後に逆転する確率はわずか15%だそうです。つまり、開始5分でOKとなれば終了時には85%の確率で合格となります)
※開始5分に一般的に質問されるのは以下の3つになります。

(1)「転職理由を教えてください」
(2)「志望動機を教えてください」
(3)「これまでのご経歴を教えてください」

上記3つの質問にしっかりと回答することができれば開始5分文字色時の印象は良いものとなると思われます。
上記3つを回答する際の注意点は以下になります。

(1)転職理由

◎面接官に「前向きな転職だ」と思ってもらえるようにあなたが今準備している
転職理由は後ろ向きに聞こえないでしょうか?
人は誰でも前向きな方を好みます。
転職を考えられているくらいですので現職(前職)への不満もあるかと思いますが、
愚痴に聞こえてしまっては面接では悪印象になります。
前向きでかつ誰が聞いても「それは辞めても仕方ない理由だ」と思っていただける
ように言葉を選んで回答しましょう。

(2)志望動機

◎面接官が「うん、それならうちで志望するのは当然だ」と思えるように
往々にして転職理由の裏返しになっているかと思います。その回答は誰が聞いても
「それなら当社を選ぶのは自然な流れだな」と思ってもらえる内容でしょうか?
取ってつけたような回答では、回答に対してさらに深く「それはなんで?」と
質問されて行くに従いボロが出ます。
ご自信の回答に対して「それはなんで?」
を5回繰り返してもしっかり説明できるくらい深く考えて準備してください。

(3)これまでの経歴

◎面接官が「その経験そのまま使ってもらえるかも」と期待するように
企業が中途採用者に期待するのは”即戦力性”です。
“即戦力”だからといって同業で働いている必要はありません。
これまでの経験業務の中で、事前に調べた応募企業の事業内容・業務内容から
勘案して、役に立ちそうな経験があればそれはアピールしてみてください。
例えば法人営業、それも高価な商品であれば、しっかりした提案力と決裁プロセスをひとつずつ進めていく段取り力などはどの企業でも共通して使えるスキルになります。

これまでの経歴をダラダラ話すのではなく、面接官が聞いたら「お、その経験いいね」と思ってもらえるようなポイントを強調して話せるように準備しましょう。
食品業界の転職における面接も特別な事はありません、基本を押さえておくことが重要となります。


面接NG事由集/面接対策

過去に面接で落ちた方の企業側から出てきた「NG 理由」をご紹介していきます。NG理由を見ると企業の面接官がどこを見ているのか一番はっきりわかります、こちらを参考に面接前にはネガティブにならないよう対策をしておくことが大事です。食品企業が人材を見極める際には人とのつながりを大事にしていたり特徴的なものもあります、しっかり面接を乗りきれるように確認しておきましょう。

説明不足、準備不足によるNG

■全体的に説明の具体性がなく、行動実績がみえない
■具体的に何ができるのか(専門性)、面接を通して見えてこない
■技術的に深みがない(深みについて面接で理解することができなかった)、食品人材として足りないと判断
■話が冗長で表層的
■自身の手で行った仕事の話が具体的に聞けない
■今ひとつ質問の意図が汲み取ってもらえない
■研究開発職にも関わらず、やりたいことが明確でない
■相手の言っていることを全体として捉えて答えることができない、質問の意図が通じない
■何をやりたいか何で貢献できるか、また志望動機やキャリアアップについて語っていただけなかった
■職歴書の内容を具体的に語ることが出来ない

上記は、事前準備等で回避できることが往々にしてあります。具体例を挙げて説明し、思慮深くしっかりとコミュニケーションをとり相手が信憑性を感じるようにお話することが大事です。

熱意不足、志望度不足によるもの

■全般的に理解が浅く、探究心に欠ける
■論理的に考え、話す力に不足を感じる
■専門性は非常に高いが、応用範囲が狭くこだわりが強過ぎて、入社後の柔軟性に疑問がある
■転職動機が極めて不明確
■自分の能力と経験について客観的な認識ができていないため、希望と実力の間にギャップがある
■論理的思考がやや弱く、年齢に期待するリーダーシップやマネジメント力が期待出来ない
■転職や仕事に対する考えが甘いと感じられた
■志望動機が不明確
■キャリアプランが不明確
■コミュニケーション能力が不足
■志望度合が低そうである、受験意思およびやる気に疑問
これらも、企業研究をしっかりとしてのぞむのはもちろんの事、自分自身の事についても深く探求し、話に深みを持たせ、決して薄っぺらい話で終わらないように必死にコミュニケーションを心掛けていく事が重要です。食品業界の企業は比較的コンサバティブで形式的にこだわりを持って面接を実施する場合も多いので基本事項はしっかり丁寧に押さえておくことが重要です。


転職活動における情報収集/人材紹介会社を活用した転職

転職を決意したならまずは情報収集というところからスタートを切るかと思われますが、ネットでの情報も色々とありすぎて何が何だかと思われる方も多いかと思われます。そんな際には転職エージェントと呼ばれる人材紹介会社の門をまずは叩いてみてはいかがでしょう。こちらの『食品業界CAREER』のサイト運営も食品業界専門の人材紹介会社/人材エージェントの㈱グロリアス・サーチが運営しており、転職のありとあらゆるシーンを経験してきた食品業界専門の転職コンサルタントが対応させて頂きます、株式会社グロリアス・サーチの食品業界専門キャリアコンサルタントは食品業界に長年従事してきた専門家ばかりです、現職中離職中問わずに対応可能です、遠方の方で事務所への訪問が難しい方や仕事がお忙しくてカウンセリング・面談のお時間が取れない方でも電話面談やSkypeを使っての面談も可能です、まずは一度エントリーから転職活動を始めてみましょう。

求人の種類

世の中にある食品業界の求人も様々です、公募と言われる転職サイトなどに求人をオープンにしているタイプや私共のような人材紹介会社のみに求人を依頼しているいわゆる非公開求人というものもございます。自己応募と人材紹介会社経由の選考を同時に進めることも可能です。グロリアス・サーチの求人の7割程は非公開求人と言われるような独自求人となっております。

食品業界専門の人材紹介会社とは

人材紹介会社は求人を紹介するだけではございません、その求人についてはもちろん会社についてはたまたその企業の事業方針や経営者の人柄、その会社で活躍しているタイプの事などありとあらゆる知っている限りの情報をお伝えすることが可能です。人材紹介会社のキャリアアドバイザーに相談しながらの転職活動はかなり情報量が多く、転職という人生の大事な局面において最良の意思決定を行いやすいとも言えます。食品業界ならではの専門に特化したキャリアアドバイザーにご相談から転職活動を始めてみてはいかがでしょう。

 


食品に特化している専門の人材紹介会社はなぜ少ないか

史上空前の転職市場

転職市場は空前の売り手市場と呼ばれ、企業も人手不足感から採用活動を積極的に行っています。食品業界も例にもれず求人数は右肩上がりです。転職サイトの求人数はもちろん、有効求人倍率は1.51倍(2017年6月)とかなりの高水準で推移しております。そうなると人材紹介会社も空前の求人保有数を持っており候補者の選定に躍起になっています。大手と言われるような人材紹介会社/エージェントは、総合型ですので業界職種問わず様々な求人や求職者を取り扱います。そこをカバーするのが専門人材紹介会社で大手紹介会社等がデパート型と言われるのに対して、専門人材紹介会社はブティック型エージェントなどと呼ばれます。ブティック型人材紹介会社の特徴として業界や産業、そして職種に専門性を持っています。それこそITに特化したエージェントや営業職専門の人材紹介会社、電気電子・機械や半導体などに特化したエージェント、管理部門に特化した紹介会社、金融業界につよいエージェントなどそれぞれ独自の領域にて勝負をしています。それに対して食品業界の人材紹介会社/エージェントってそもそもあるのかないのかと思われるほど数が少ないのが実情です。

なぜ食品専門人材紹介会社は少ないのか

そもそもなぜゆえに食品業界に特化した紹介会社が少ないのかというと、食品産業が古くから安定産業と呼ばれ、人の出入り(入職・退職)が非常に少ないことが背景にあります。人が生きていくにはものを食べていかなければなりません、それこそ産業自体は非常に古くから存在し、そして安定感をもって今日まで来ています。わたくしたちの食品業界のクライアントでも、縁故採用が中心といった会社も少なくありません。そして業界自体非常にコンサバティブで、外から積極的に人材を登用して新たな風を吹き込み会社を変革させようとする企業は非常に少ないのかもしれません。消費者も味や味覚ががらりと変わると商品離れを引き起こす現象などは如実に物語っています。やはり慣れ親しんだ味や味覚を好みそれがロングセラーとなるパターンが非常に多いのです。しかしながら食品メーカーは時代ごとにかすかなマイナーチェンジを加えながら商品リニューアルを行なっています、それは消費者が気づかないくらいのギリギリのレベルで行われています、そこは食品メーカーの企業努力でそこに費やす開発者の方々の苦労や努力は素晴らしいものがあります。そもそも転職を希望する方が少ない産業が食品業界なのです、そうなってくると私たち食品業界の人材紹介会社の出番も必然的に少なくなってきます。1社に何十年と在籍をしている方が多い業界ですので転職支援会社が乱立する事はないのです。

食品専門人材の採用

また、食品業界の専門人材紹介では理系専門職に強いことを掲げています、食品メーカーをはじめとする食品系企業で採用が難しいのはやはり理系の食品技術者の採用に苦戦しています、そうなると私共のような食品専門人材紹介会社/エージェントの出番となるのです。しかしながらひとえに理系と言っても様々あり、一番多いのはITの技術者(SEやPGなど)で電気電子・機械系の工業系も多くその他建築や化学などがありますが、食品技術者となると農学系・生化学やバイオなどの分野となります、そのような学部は非常に少なく理系の中でも人口の非常に少ない分野となります。農学部は大概の国立大学にありますが、私学となると限られてきます。私たちがお会いさせて頂く転職希望者の大学や学部は大概似たような出身者が多いのです。そうなってくると人材紹介会社としては食品専門にやっていくメリットがあまり大きくないと言えるでしょう。やはり人口の多いITや回路設計などの職種を取り扱った方が紹介会社の運営は楽と言えるでしょう。

食品業界に完全特化している専門人材紹介会社グロリアス・サーチ

しかしながら、私たちグロリアス・サーチの人材紹介/エージェントは、これまで長年にわたり食品業界の転職支援を実直に行ってきました数少ないエージェントです。食品業界だけに専門に特化している会社は唯一と言えます。ですので専門性を持ってクライアントの採用課題解決に協力させて頂き、食品業界の転職志望者の専門性に沿ったキャリアアドバイス・カウンセリングをさせて頂く事が出来るのです。これからも唯一の食品業界専門人材紹介会社として、食品産業の隆盛を陰ながら支えて生き続けていきたいと思います。

『食品専門人材紹介会社グロリアス・サーチヘ求人の相談はこちら』


食品業界理系専門職でのキャリアを極める転職なら勤務地を緩和するススメ

食品メーカー研究所・製造拠点は郊外中心

食品メーカーの工場はご存知、郊外や地方に多く点在いたします。最近では日清食品HDが最新設備の研究所/工場を八王子郊外に設立したりといった動きですがやはり立地は郊外なのです。

食品理系専門職の転職

これまでの経験を活かして商品開発や処方設計や品質管理を行っていきたいと強く希望されている方も多いかと存じますそんな方が弊社に転職相談にご来社いただく際に切に感じている事ですが、勤務地の縛りをもう少し緩和したらよりハッピーな職業人生を歩むことが可能なのにと感じることも少なくありません。

転職にはわずかな妥協も必要です

100%希望に沿った転職活動が叶う方はそれはそれで素晴らしいことではございますが、理想と現実にはギャップが生じてまいります。それが多少の妥協といった感じとなりますでしょうか、希望年収はどこまで妥協できるか、はたまた福利厚生だけは充実したところでないといけない、自社工場を持っているメーカーでなければ転職をしないとか様々な希望条件があるかと思われます。食品業界に従事している理系専門職のいわばエンジニアの技術者の方々は職種を変えるという選択肢は恐らくないかと思われます、大学(院)での研究も食品系(その他生命工学や農学系等)で新卒でも念願の食品メーカーの専門職で現在のポジションを得た、そんな方が職種を変更してしまっては勿体ないの一言です、そこは妥協してはいけないポイントだと思います。しかしながら現在の居住区から通える範囲だと選択肢である求人数はそうそう多くありません。

専門性の高いポジションは日本全国に目を向けると存在します

ただでさえ専門性の高い職種ですからある地域だけで探しても、希望に近い仕事をさせてもらえる環境の求人はそうはございません。首都圏の食品専門職の求人数はただでさえごくわずかでその上競争は激しいといえますでしょう。そこを多少の転居を伴ってでも希望に近いポジションで仕事をしてみるという選択をすることで劇的に選択肢が増え希望の求人に巡り合えてまいります。転職を決意されたご事情は様々かと思います、そこの先の可能性を広げるのであればまずは希望勤務地を広げられてみてはいかがでしょう?