食品業界転職コラム

転職サイトの口コミ情報をどう判断するか

最近の転職サイトや、転職情報サイトでは企業の採用に関しての情報が詳細にわたって掲載されているサイトなどもあります。転職希望者としては応募先の企業がどんな会社なのか、残業が多いのか少ないのかを判断するのに口コミサイトの情報を利用したり閲覧した方も少なくはないのではないでしょうか。そこにある情報をどう判断するかもキャリア採用において大事な要素になりえるかと思われます、その取捨選択について考察していきます。

転職に関する口コミサイトはかつて在籍した社員の書き込み

転職に関する口コミサイトの情報源は、かつてその企業に在籍した方々の書き込みによって成立しています。中には現在在籍している方の書き込みも見受けられますが、大概はかつて在籍をした方々の情報により成り立っています。
主に転職希望者の求職者が気になる会社があり応募しようかどうか迷っている、内定をもらって入社をするかどうか検討中などのフェーズにおいてこの転職口コミサイトを参考にするかと思われます。大体の情報は大方正確だと思いますが、その投稿された時期に注意をしていただきたいと思います。残業が多いとの書き込みがあったとしてもそれが5年以上前の情報であればもう既に働きやすさ改革の一環などで改善されている可能性もあります。また、部署によっても残業の多いか少ないかはばらつきがあると思いますので、すべての情報を鵜呑みにするのではなく参考にしていただく程度が程よいと思われます。
また、年収の伸びしろや平均年収も気になるところだと思われます。これには在籍していた方々の職種やポジションそして役職等の違いがあるので、これも参考程度に確認していただく必要があります。
口コミサイトの書き込みは、火のないところに煙は立たないという考え方で間違いはないかと思いますが、匿名性や既に退職していて不平不満を持ったまま退職された方の誹謗的な書き込みも見受けられるところから100%信用するまでではなく、参考程度にとどめておくのがベストとなります。

気になったら聞いてみるのも一つの手法

情報がこれだけ多い世の中ですので、転職先を選ぶ際には様々なな情報を集めて納得のいく転職先を探していきたいと考えるはずです。その場合口コミサイトだけの情報を頼りにするのではなく、転職エージェントに確認を取るのが最善の選択です。口コミサイトに情報が出ていたのだか、その信憑性はどうなのか真実なのかを投げかけければ、担当している企業となりますのでそれなりの生きた情報を持っています。
口コミサイトで見た⇒気になる⇒転職エージェントのキャリアアドバイザーに確認
と生きた情報となるはずです。
もし転職エージェントでもわかりかねる、判断つきかねる情報であれば求職者の代わりに企業へ聞いてもらう事も可能です、その場合には応募者からの質問だとは伏せて頂く依頼も同時に可能です。
本当に確認をしたいことがあれば1次面接レベルであれば直接採用企業へ確認してみるというのも一つの手です、この場合聞いてもいいかどうかの雰囲気や流れもあるので合否にひぅかからない範囲でなんとなく確認を取るのがよろしいでしょう。仮に口コミサイトで見たのだが本当か?など聞ける状況であればいいのですが、大抵はそんな情報を気にしてるのか。という感じに取られかねないので間接的に確認を取るのがベストです。
口コミサイトの情報は参考程度で、その情報が真実かどうかを自分自身で生きた情報となりえるレベルまで確認を取っていく必要があります。


転職を繰り返してしまう人の共通項

転職エージェントのコンサルタントをやっていると、ジョブホッパーと言われるような転職を短期間で繰り返してしまう方と遭遇する機会が多くあります。転職慣れしてしまっているのでそこには将来的な目標ややりたい事、転職に関する志向や希望条件などはばっちり固まっています。しかしながらそこにはある共通項が存在します、そこをどこかのタイミングで気づき改善していかないとキャリアの構築どころか、この先仕事で満足感を得られるようなポジションに就く事すら難しくなってしまいます。

どの会社の仕事でも最初はつらいのが当たり前

転職を繰り返す方に多いのが、短期間で離職してしまう方が圧倒的に多い事です。その方々に何故短期間に辞めてしまったのかを聞くと決まって、入社前と条件や聞いていた話が違っていたという回答があります。転職活動をしっかりと行う事でミスマッチも極力回避できるはずですが、安易に次の転職先を決めてしまう事も要因の一つに挙げられます。また、転職を繰り返してしまっているから決まりやすい企業への転職をせざるを得ないという事情も背景にはある事でしょう。
しかしながら上記のような方には一つ大きな欠点があり、一つの事を何とかやり切っていく、仕事をきちんと覚えてさらに上のステージの仕事を任せられるといった経験値が以上に少ないような気がします。どんな仕事でもいきなり会社の根幹であるような大事な仕事をいきなり任せていくようなことはしません、まずは会社の仕事の基礎となる部分を鍛えていく意味でも初歩的な事から一歩一歩仕事をこなしていき次の段階に進むという基本的な事が存在します。そこを乗り切ってこその本当の意味でのキャリアップが出来るというう事です。

転職先企業では外部から来た人を試している傾向が存在する

キャリア採用において、新卒入社と違ってゼロから仕事を教えるという企業は少ないのかもしれません。その場合、配属先の職場では、どんな人材なのかどんな性格なのか、仕事ぶりはどうする人なのかを期待しながら、そして試行が半分といった形で多少転職者を試している傾向が少なからず存在します。そこで新たな職場ではこれまで通用していたルールや慣習が通用しないこともあるでしょう、そこは新たな環境へ早く適用する事そして分からないことがあれば積極的に教えを請う事も大事です。最初はわからないことだらけで不安になる事と思います、そこを教えてくれない、親切ではないと判断をするのではなく自ら新たな環境で活躍するために積極的にチームの一員として戦力となるため自ら教えてもらう姿勢も大事です。いい仕事をこなしていけばある程度給料だって役職だって上がっていくはずです、それの土台作りが転職したての初期のステージです。ここで早期に判断して離職を選択すれば文字通りこらえ性のない人材で、また次の職場で同じことをしてしまう可能性が強い事でしょう。折角縁があって入社した転職先です、そこでどうやって活躍していい仕事をしていい生活に持っていくかを考えましょう。転職は逃げに使用してはいけないという事を心に刻み、慎重に転職活動を行なっていきましょう。特に食品業界の会社はあまり人材が流動的とは言えない産業です、短期間で転職を繰り返してしまう人材には転職先とは難しい業界となっています。
食品業界でキャリアを形成していくのであれば出来れば一つの会社でしっかりとキャリアを形成していきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職エージェントのキャリアアドバイザーを見極めるコツ

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職活動を行う上では転職希望者の代わりに採用企業との間に代理人として立ち、さまざまな折衝や時には転職のアドバイスなど勇気づけてくれたりかなり頼もしい存在です。しかしながら人と人なので相性という事もあったり、そもそも優良なアドバイザーなのかどうかきちんと転職エージェンとしての役割を全うしてくれる担当なのか見極める事もキャリア採用においては、成功転職へと導くためには大事な要素となってきます。国家資格を有する方はキャリアコンサルタントと名乗っている場合もあります。優秀な転職コンサルタントとはどのような人なのでしょうか。

親身になって話を聞いてくれるかどうか

人材紹介会社もさまざまです、利益追求に走るがあまり求職者の気持ちよりかも採用企業向けの営業に注力するあまり求職者の気持ちをないがしろにしてしまう転職エージェント(人材紹介会社)も少なくありません。そんな人材紹介会社には人生の大事な分岐点でもある転職という大事なことを任せてしまっては後々後悔してしまう事になりかねません。私共も同じ業界の人間としてそのような会社が存在する事を快くは思っていません。
悪徳の人材紹介会社は大体態度ややり取りですぐにわかると思うので、自然とフェードアウトをしていく事で別の転職エージェントをあたっていきましょう。
優良な転職エージェントのキャリアアドバイザーはまず人の話をよく聞いてくれることが特徴に上げられます、そして時には間違った考え方や転職に関して誤解していることなどにはきちんと指摘をくれるはずでしょう。親身になってくれる転職エージェントのキャリアアドバイザーが一番大事な要素です。
何社か転職エージェントに登録をして、親身かどうかはすぐにわかるかと思われます。日常のやり取りや求人紹介を受けていくと自ずとわかってきます。例えば仕事紹介の場面でも多少強引に応募を勧められる場合もあり得るかもしれません、この場合は求職者の気持ちになっておらず、自己(人材紹介会社)の利益にばかり目がいってしまい求職者に親身になる要素はあまりないと言えます、こういう転職エージェントのキャリアアドバイザーは避けた方が無難と言えるでしょう。

転職エージェント経由以外の応募企業でも相談にのってくれるか

転職エージェントの最大の弱点は転職サイトに比べ求人数が少ないことがあげられます。非公開求人や大々的に採用活動を行なっていない独自求人が取り扱い求人の大半だったりするために、求人数は転職サイトの方が多いので転職活動を行なっていると、転職エージェントにはない求人で転職サイト経由の応募企業もあるかと思います。こういった応募企業の進捗についても的確にアドバイスを行なっていたける方が親身なキャリアアドバイザーともいえるでしょう。また現職と転職先との関係性にも配慮して物事を進めてくれるようなキャリアアドバイザーも優良です、時には現職にとどまった方がキャリア構築のためにはいいとアドバイスしてくれたり、現職の仕事にも配慮して面接調整を行なってくれたりといった具合です。
転職エージェントのキャリアアドバイザーは非常に大事なパートナーとなります、是非最善の転職エージェントの転職のプロであるキャリアアドバイザー、転職コンサルタントと出会う事で転職を成功へと導いていきましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


食品業界新興企業や新規立ち上げベンチャー企業での働き方

安定産業と言われる食品業界にも新興企業や、ITを活用した荒なたビジネスモデルを構築して業界に新たな風を吹き込む企業の参入も珍しい時代ではなくなってきました。新たに操業する会社はまずは人材の登用が急務となりますので私共人材紹介会社に依頼を頂くケースが非常に多いのです。ITを活用したレシピを公開していくサービスを展開する企業や、生鮮食品を定期的に宅配したり、産地のフルーツと日本酒を組み合わせたギフトを考案したりとまさにアイデアが売りでこれまでにないビジネスモデルで業界の常識を覆して成功していく会社です。こういう企業ではどのような人材が必要とされ、活躍していくのでしょうか。

経営マインドやベンチャーマインドがある人材が歓迎される

新たに会社を創業し立ち上げるという事となると、ボードメンバー以外に会社の核となりえる人材の募集が始まります。そこには事業を引っ張っていくような気概のあるような人材や、ルール・組織作りを得意とするようなキャリアを持つ方の活躍する余地がふんだんにあります。まさにこれまでやってきた人が誰もいないポジションで自ら道を切り開いていくというやりがいもありつつ時には大きな課題に直面する事もあるでしょう。そんな場合に経営マインドを持ち、絶対にこのビジネスを成功させるという意気込みやベンチャーマインドもモチベーションを維持していくためには必要となってきます。
求人には業務内容やスペック、条件面等が構成する要素として大きいですが、そこを超越するくらい時には自分のミッション以外の業務に取り組むこともあれば、数字に対して大きな責任を持つこととなります。自分で裁量権を持って仕事をしたい、新たな事に挑戦して形にして自分自身も成長させていきたいというキャリア志向の方にはまさに適職と言えるかもしれません。与えられたミッションや事業を成功させれば報酬もおのずと上げていく事も可能となりますし、何よりビジネスパーソンとして大きな成長が見込める事でしょう。しかしながらそこには大きな困難や苦労もあるのでそこをくぐり抜けていくという覚悟も必要となってきます。

食品専門職を活かせるフィールドがある

新たなビジネスを立ち上げる場合に、最近の傾向として創業者(=経営者)はIT業界出身者が多くいます。IT関係のビジネスや人や資金を集める能力には並外れた能力を持つ方々が会社を立ち上げていますので、「食品」となると新たに採用する専門職の方にゆだねられる傾向が非常に強いのです。そこには食品業界で専門性を磨いてキャリアを構築してきた方の出番となります。弊社のキャリア支援をさせて頂いた方でも大手メーカーで縦割りの仕事をする事より、新たな事にチャレンジしてビジネスをしていきたいという意欲をお持ちの方などは、仕事は大変だけれれども充実しているという声をよく聞きます。そこには給与や勤務時間、待遇面などは二の次でまずは仕事を成功して制度面を強化していきたいという声も同時に聞かれます。残業は全くできない、きちんとした制度の整った環境でなければ仕事が出来ないといったご希望の方には逆に不向きなのが、新興企業やベンチャー企業での就業となってしまうのかもしれません。食品開発者や原料の調達営業、品質管理のスペシャリストの方々など数多くの食品業界でキャリアを構築してきた方がまずはスペシャリストとして事業を軌道に乗せ、その後は経営サイドに入ったりゼネラリストとしてのキャリアを歩んでいる方もいらっしゃいます、皆仕事が楽しそうで充実している感が共通項です。こういう新興企業やベンチャー企業の求人は非公開求人として転職エージェントに求人がある場合が多いので、是非もっと柔軟に仕事に取組み挑戦していきたい、成長させていきたいという食品業界キャリアの方々はご相談をお待ちしております。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職は繰り返さない!

食品業界ではあまり見かけないのですが、職歴が多い人の登録希望というのが転職エージェントにはいらっしゃいます。いわゆる社歴というやつで、多い人で10社以上会社を変えている場合があります。こういう人は転職においてかなり苦労をします、応募企業が書類選考だけで100社なんて話を聞いたこともあります。食品会社はある程度安定産業の中にあり、よっぽどのことがなければ職歴が多いと感じる方は少ないと思いますが、反面食品業界でキャリアを構築していこうと思ったら転職を繰り返してやみくもに職歴を重ねるのは厳しいと言わざるを得ません。

職歴を数多く重ねている方の共通項

私共食品業界を専門にしている人材紹介会社/転職エージェントではあまり目立った職歴を重ねている方は多くはないのですが、別の産業では職歴の多い方がたまにいらっしゃいます。私共人材紹介会社も人材サービスの業界に属しますが、人材会社を何社も渡り歩く人がいます。こういった方を私共転職エージェントではジョブホッパーなどと呼ぶことがありますが、このタイプの方々にはある共通項が存在します。
いわゆるブラック企業からブラック企業への転職を繰り返しているような傾向があります。前の職場をなんとなく厳しいから次の職場へ移らざるを得ないといった感じで、次から次に職場を変えているいわゆるジョブホッパーです。こういう方は大抵の企業では採用が難しいのでブラック企業と言われる採用も応募すれば大抵は内定がもらえたり、人が次々に辞めていくために常に大量募集をしているブラック企業への転職をするしかない方です。市場価値はどんどん下がりキャリアの構築もままならなくなってしまいます。
転職にはつきもののリスクですが、ほぼ職歴を多く重ねていくたびにリスクを背負ってしまいます。こうならないためにしっかりとどこかで地に足をつけて仕事に取り組まないと後々大変なことになります。

食品業界では転職を重ねる事が不利となってしまう場合がある

食品業界での転職はさほど頻繁な方ではありません。大手食品メーカーなどでは新卒入社から定年まで在籍しているような方は大勢います。やはり安定産業と言われる食品業界では人材の流動も大きくなく比較的安定していると言われています。食品業界では職歴を重ねている方自体が少ないので、転職を繰り返していると応募者の中でも目立ってしまい、マイナス要素と取られてしまいます。出来るだけ安易に転職を考えずしっかりと考えて行動をしないと後々に響いてきます。転職をむやみに繰り返す行為だけは絶対に避けましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


キャリア採用において重視するポイント

転職活動の最大のテーマはどこの会社に転職するか。その会社選びも何を軸にするかによって変わってきます。年収を上げる事が目的の転職なのか。キャリアアップを目指す転職なのか。はたまた現状の仕事や会社から逃げ出したいだけの転職なのかどうか。転職はそれぞれの様々な思惑や志向が異なってきます、そこの中でキャリア採用におけるもっとも重視したいポイントは何なのかについて考察していきます。

転職には人それぞれの目的がある

転職を考えようと思って事に繋がるのですが、現状に満足する事がなくなりもっと高みを目指していきたいと思ったら転職しようと考える方が大半ではないかと思われます。諸事情で希望退職ややむを得ない事情で会社を去らなければならない方は別として、現状の会社で何とか踏みとどまることも出来るのですが、自分の職業人生を考えた時に、何かしら改善したいと思って転職を決意するものだと思います。
その事情は人それぞれ転職者が1000人いれば、1000通りの転職理由があるという感じです。年収を上げたい、人間関係を改善したい、別の仕事で自分を発揮したい、もっとやりたい仕事に就きたいと様々な理由があり、それも一つではなく複数の転職したい理由が複雑にかみ合わさり、いざ転職活動へと行動を移すと思います。
その際転職サイトで求人を検索してみたり、転職エージェントから様々な求人を紹介されたりして、いったいどこの会社が自分の理想形に近いのか?自分のやりたいことを実現できる会社なのか?それの決め手は実はデジタルでは図る事の出来ない難しい選択を迫られることとなります。

転職先を選ぶ時のポイント

一番わかりやすく情報をつかむことが出来るのは、キャリア採用に限らず面接の場が最大の判断材料となります。中途採用の面接は応募者をふるいにかけるだけではなく、実は会社を見極めるいい機会になります。最終面接においては社長やその事業を統括しているような役員と実際にあって話をしてその会社がどういう考え方で、どのような特徴を持った方々が事業に携わっているのか、そしてその仕事にかける想いのようなものも、聞いてみて感じることが出来ます。転職において仕事内容に目が行きがちですが、それも大事ではあるのですがその会社がどういう会社かを見極めるのが重要なポイントとなります。自分自身の持てる力を発揮できるフィールドなのかどうか、転職組が活躍していける職場なのか、仕事に対する考え方、従業員に求めているもの、のような様々なファクターから総合的にこの会社なら問題なさそうだという確信を持てるくらいに会社の事を知っていく必要があります。転職エージェントもある程度その会社の特徴を理解しているのでどんな人が活躍していて、会社の雰囲気はどういう感じなのかは教えてくれます。その情報を基に実際に自分の目で見て、聞いてみて確認をしていく必要があります。まずは面接に足を運ぶことが大事になるので、書類選考を通過する事も肝心となります。

食品業界の企業にも様々な特徴がある

食品業界の最大の特徴が、中小企業に多い『同族経営』の会社も少なくありません。その場合トップダウンの組織なのか、会社の上層部は本当に同族だけが占めているのか、転職組は役員となりえるのか、働きやすい環境なのかなど調べて、見極める必要があります。自分自身のキャラクターを見つめなおし、どの会社が果たしてあっているのかを考える事で、キャリア採用のミスマッチは少なくなります。困った時には是非人材紹介会社である転職エージェントに相談してみましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職時には企業のSNSをチェック

キャリア採用において、志望の企業が実はどんな社風なのか働いている人たちはどんなタイプの方が多いのか、残業時間は?経営者はどんな考え方で事業運営をしていてそこで働く社員たちの満足度はどうなのか気になるところ。転職先として問題がないかはSNSや社長がやっているブログなどで情報が手に入ることがあります。口コミなども参考にして、転職で失敗しない為にも企業研究は力を入れていきたいところです。

採用企業の情報はいくらでも手に入る

キャリア採用においてその会社がどんな会社なのかは非常に気になるところです。転職エージェントを活用した転職活動の場合には、担当アドバイザーから紹介先企業の情報を手にする事が出来ます。またその人材紹介会社経由で入社した方の感想なども情報として保有している場合も多いので、単にキャリアを活かせるとか仕事の内容だけではなく、就業環境や人間関係といった会社を構成する上で欠かせない情報なども手に入る場合も多いです。

SNSやブログをチェック

企業によってはFacebookやTwitterなどのSNSを公式でアップしている会社もあり、そこで働く人々の様子なども見ることが出来る場合もあります。また社長が自身の個人ブログをビジネス目線で公開している場合もあり、この場合は社長個人のビジネス感や経営マインドなどを垣間見る事も可能です。文章は人となりを表すとも言いますが、かなり人柄をするうえでブログは有効な情報源と言えるでしょう。特に小規模の企業やベンチャー企業などは、社長や経営者の人柄がそのまま企業風土となる場合が多いのでSNSは要チェックと言えます。また、採用担当者が採用ブログを行なっている場合もあり、こちらは新卒向けがメインとなぅている場合も多いようですが、ある程度の雰囲気はつかむことが出来ます。

口コミサイトはどうなのか?

転職サイトの発展版的に、転職で企業を判断するときに口コミサイトをチェックしている転職希望者も大勢います。この転職口コミサイト利用する場合の気を付けたいポイントは、既にその企業を辞めてしまって別の会社へ転職してしまっている方々の書き込みが多いことから、その企業に不平不満を持っており若干ネガティブ要素が多い為に転職希望者を不安にさせてしまうような情報も少なくない点にあります。この情報が正しいのかどうかは、転職エージェントの担当アドバイザーに聞いてみたり、選考企業の人事担当にそれとなく確認を入れてみたりといったことで情報の裏付けが出来る場合もあります。気を付けたいのは口コミを見たというと、選考中の企業であれば多少選考に影響も出てくるケースもあるので、それとなく確認をする程度にとどめておくことが必要となります。質問事項で確認というパターンが一番いかもしれません。キャリア転職の場合には、次を最後の転職にしたいと考えている人も多いと思います、転職先企業を選ぶうえで色々な情報を収集して問題ない会社選びをすることが大事になってきます。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


ヘッドハンターからの電話

ヘッドハンターから電話がかかってくるのはどういった人なのか?食品業界にもヘッドハンターは存在するのか?ヘッドハントされる人ってエグゼクティブのごく一部の限られた人だけなのか、人材紹介会社や転職エージェントと明確な違いがあるのかどうか。いざヘッドハンターから声がかかったらどうしたらいいのかなど、受けるべきかどうすべきかなど一般例として紹介。

ヘッドハンティングはある日突然に

職場にある日突然電話がかかってくることがあります、そう「コールドコール」といわれるヘッドハンティング会社からの電話です。食品会社でも工場長や開発部長さんなど「なんで私のところに・・・」みたいな話もよく聞きます、食品安全管理者の表記を見てかけてきたり様々なようです。もちろん個人名でかけてきます。転職するつもりがほとんどないのであれば、「興味ありません」とその場でお断りをするケースが殆どでしょうが、日頃もっといい環境があればであるとか近い将来転職をしようと考えている人にとっては願ったり叶ったりで、話を聞きに行きます。最近は直接電話がかかってくるよりかもメールアドレスを何らかの手段で得てメールでのアプローチも多いようです。

ヘッドハンターとの接触

大概ヘッドハンターとの接触はどこかのホテルのラウンジタイプの喫茶店等で行われることが多いです。そこである会社があなたの様な方を探していたと…年収も数段にいい、恐らく事業部長や本部長などの好待遇での話となるのでノリノリになってしまうケースも多いようです。しかしながら、そういった環境はかなりハードな要求を求められて来ると思って頂いていいかと思います。というのは、自社の社員で出来ないミッション・なり手がいないような新規事業の立ち上げ、もしくは既存事業の立て直しが使命の場合が多く、事業を成功させるかどうかはこのポジションの方次第です。かなりのやりがいと、大勝負となり、それを求めている方にとっては大きなチャレンジで成功する確率もあると思いますが、今の職場を逃げ出したい的な気持ちの方にとっては大きな重荷となるかもしれません。こういったケースでは良く熟考を重ね、自身の人生・キャリアプランを慎重に考え選択しましょう。

実際には甘い話は転がっていない、転職は慎重に

年収やポジションに惑わされると後で大変なケースがあります、ステップアップは着実にです。本当のエグゼクティブは長期的にヘッドハンターとコミュニケーションを取り自分に出来そうだという環境があった場合だけ動くケースが多いようです。ただエグゼの方は現職でもかなりの重責を担っているのでそう簡単には動けないと思います。どこかの転職サイトではないですが、「転職は慎重に」です。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』

 

 


【現職か離職か】転職活動を始めようと思ったら その2

まず最初に考えるのが現職にとどまったまま転職活動するのか?離職して転職活動に専念するのか?という事がありますが、これはズバリ現職に留まる事が出来る状況であれば、 今の仕事も頑張りながら転職活動する事が大事です。転職ではブランクはマイナスになります、市場価値を下げないためにも出来る限り仕事の空白期間を作らない事です、転職活動と現職の仕事を継続するのは大変ですが、より良い職業人生形成の為頑張り時です。

出来るだけ仕事を継続しながら次の転職先を探す

現職にとどまりながら転職活動が出来る方であれば、現職中を選択すべきです、仮に1か月以内で次の職場が見つかればいいかもしれませんが、3ヵ月・6か月1年も離職期間があるとそれだけで社会人としてはマイナスとなってしまいます。企業の人事担当者は非常にブランク期間を気にします、そう、即戦力性が落ちているのではと判断されてしまいます。キャリアにも穴をあける事となってしまうのです。転職は確実性があまりないので、よく「縁があった」なんて表現もしますが、次の職場がいつ見つかるかどうか不確実な状況で離職の選択をしてしまうのは非常にリスキーです。

転職活動も今の仕事も手を抜かない

また、企業によっては離職中の人はお断りをしています、なんて企業もあります(ごく1部の大企業に多いです)。また、転職は非常にエネルギーを使います、惚れ込んだ企業に書類を出してNGなんてよくある事ですが、これが続くと精神的にもきついです、そんな状況下で孤独とも戦いなんてことをしていたらマイナスオーラ出まくりで、いい面接など出来ないでしょう。また、現職に留まってもお世話になった会社ですので是非現状の仕事も手を抜かないでください。「もう転職するからいいや」、と投げやりになっていい加減な仕事をしていたら面接でもいい加減さが出てしまうのです。またお世話になった(なっている)現職の会社にも失礼になってしまいます。

転職は大きなエネルギーを要します、肉体的・精神的にもいつでもMAXまでとは言いませんが、今の仕事にも、転職活動にも、プライベートにも全力で臨むことをお勧めします、その方が自ずといい結果が待っている事でしょう。

⇒転職活動を始めようと思ったらその1

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職がベストな選択肢かどうか自問自答を重ねたうえで決断する

転職活動を始める前に具体的に転職に向けて動き始める前に、まずはっきりさせておきたい事があります。自部自身にとって転職という選択肢を取る場合に、その転職の目的、さらに転職をするという事がベストの選択肢かどうかをよく考えて決断をした方が無難です。ここがぶれるとまた転職を繰り返してしまう事となり、気づいたら何社も社歴を重ねるジョブホッパーと言われるような人となってしまい。転職市場の市場価値を著しく低下させてしまいかねません、転職歴の多い方は企業からもそして転職エージェントから見てもあまり評価できるものではありません。しっかりと考えて転職という選択肢を取る決断をしましょう。

転職の目的をはっきりさせる

ある転職サイトインターネット調査で、30歳前後の転職経験者にアンケートを実施したところ、約90%以上が転職歴1・2回で、過半数以上となっています。ここで3回以上となると、気に入らないことがあると辞める癖があると思われる危険性が大です。昨今の人材サービス会社や転職サイトの過剰なまでの広告投資を見ていると安易に転職に踏み切ってしまう若者が後を絶たないという話もわかるような気がいたします。転職自体にきちんとした目的を持たないとさらに転職歴を重ねてしまう危険性が大いにあります。

これには自分の目標とする姿、こうなりたいという姿をイメージして1年後・2年後そして将来どうなっているのか、そのために転職という道を選択し自分のキャリアプランを描いていくという事をしていかないと気づくと転職歴ばかり重ねて当初考えていた方向とは全然違うキャリアを歩んでしまっていたという方も少なくありません。そうなると年収も下がり、自身のスキル経験も薄いものとなってしまい、転職自体が失敗だったということになってしまいます。転職に失敗しない為には、必ず方向性を定めて転職を決断し、転職活動も軸がぶれない行動をしていく必要があります。是非転職活動自体はご自身の社会人としてのキャリアの大きな分岐点です。慎重に行動をして失敗しない転職を実現して下さい。

転職がベストな選択肢かを考える

会社都合で転職を余儀なくされるケースは別にして自己都合による転職では決断に迷う人が少なくありません。なぜに迷うのかという事ですが現在の職場で決定的な支障を感じておらず転職は前向きなステップである例が多いからなのです。逆に迷わずに決断を下せるのは現状に不満を感じており打開を求めているケースです。

・仕事がつまらない
 ・給料が低い
 ・人間関係が悪い

しかしながら、このケースでは決断は出来ても新しい職場に移る事で問題が解決出来るとは限りません。求人企業は職場への不満などネガティブな動機で転職を志した人材をことごとく嫌う傾向がとても強いです。なぜならそのような問題はかならずしも転職で解決できるとは限らないからです。しっかりと自問自答し現職においてなにか解決方法はあるのかと動いた実績のある求職者であれば問題はありません。

まずは、転職を考える際に不安や悩みを洗い出し、それを転職がベストの選択であるとの自信を持っていえるくらいまでに、不安や悩みをクリアにする作業を行ってください。自分自身が納得のいくまで将来の目標に向かって慎重に準備していきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索