転職活動での書類作成は詳細に簡潔に ~バランスが大事です~

転職活動での書類作成は詳細に簡潔に ~バランスが大事です~

キャリア採用/中途採用においての履歴書・職務経歴書は書類選考を通過させるための重要な書類となります。書類が通過しない事には志望企業へのアピールをすることなく面接もなしでお見送りとなってしまい勿体ない話です。転職を成功に導くためにはまずは応募書類を適切なものに仕上げていく必要があります、その適切とはどのようなボリューム感が一番妥当なところなのかを現役転職エージェントのキャリアアドバイザーが解説していきます。

応募書類は何度も書き換えを行ない最善のものに作り上げていく

転職活動を行う上で一番最初に頭を悩ませるのが「応募書類」です。転職活動が最初のうちはいいのですが、書類NGを繰り返していくうちに当然リバイスを行い、変更をしていくのですがそのたびに自己PRを増やしてみたり、キャリアを少し膨らませてみたりと徐々に増えていく傾向があります。
企業の採用担当者が応募書類を見るポイントは、面接をするかどうかの一点と言っても過言ではありません。しかも短時間でそれをジャッジします、ですので一番いい応募書類は簡潔にポイントを押さえており、見やすさが上げられます。
時系列でどのようなキャリアを形成してきてそのうえどのような目的で転職を行い、何ができる人なのかを見やすく書いていれば、後は面接で確認してみようという事になります。
転職活動の一番力を入れなければならないのはやはり「面接」ですのでいかに「応募書類」で興味を持っていただき、それを確認する場の面接で圧倒的な「評価」を得られるかで内定となります。

応募書類はシンプルに見栄えが良く作りこむ

今一度自身の応募書類を見直してみましょう、転職の言い訳や、一貫性のないキャリア・スキルをだらだら記載してはいないでしょうか。応募書類は量と質のバランス感が求められてきます、ポイントをおさえて必要最低限に見栄えよく作りこんでいきましょう。
情報が少なすぎてはだめですが、シンプルイズベストが応募書類には求められてきます、失敗しない転職活動を実現に向けて、是非通過する応募書類を簡潔をテーマに作り上げてみましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


Uターン・Iターン転職 ~転職の可能性を広げる~

食品企業の工場や研究所・ラボなどは大都市圏にはナズナいと考えた方がいいでしょう。そうなってくると研究開発を絶対にやりたい、この商材にこだわって開発したい、例えば醸造技術を活かして仕事がしたいなどと強い希望がある方は、就業先の勤務地としては郊外・地方勤務を選択肢に入れる必要があります。キャリア採用の求人数は確実に伸びています、さらに地方となると人材不足感も大きいので採用活動を積極的に行っています。転職でのUターン・Iターンを検討してみてはいかがでしょう。

地方にも食品企業の優良企業は多数存在する

大都市圏に住んでいて、選択肢の一つにUターン・Iターンの転職を考えた方も多いのではないでしょうか。これには色々と、メリットディメリットがあり、転職希望者の価値観の違いで選択するか、否かどうかとなってきます。
まず、収入に関してはほぼ下がると考えておいたほうが良いでしょう、しかしながら、生活にかかる支出も少なくなりますので、必ずしも収入ダウン=生活が苦しくなるとはなりません。また、Uターン・Iターンを選択される方の中で一番多い理由は、「生活環境を改善したい」という理由が圧倒的です、もちろんその土地にしかない求人がありそれを実現するためにという事もあります。
気持ちや・時間にゆとりを持ち、都会の人間関係に区切りをつける意味でも、Uターン・Iターン転職は有効的です。人間らしく、また自分らしい生活を求めて地方へ転職をする、自然の中で暮らし、趣味にも打ち込みたいという希望を実現することも可能です、しかしながらその土地土地の慣習や、都会にはない別の意味の人間関係構築もあります。
日本企業で地方にR&Dや工場、研究所などを構えている会社も大変多く、そういったセクションできちんとやりたい仕事が見つかった方には、Iターン・Uターンは決断一つでお勧めです、首都圏だけに会社があるわけではありません。
研究開発を是非ともやりたい、この商材の開発にはこだわりたいなどしっかりと自身の職業観を持っていて転居もやむを得ないという考えの方は是非ご相談ください。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


キャリア採用で面接が短時間で終了したらNGなのか?

キャリア採用/中途採用の面接において要する時間は平均して1時間くらいが相場です。しかしながら20分や30分で転職の面接が終了してしまう事も珍しくありません、応募者の立場からは面接が早く終わった=自分に興味がないのではと感じ、不採用になってしまったのかと不安になる事もあります。短時間で終了した面接どのような場合が、お見送りなのかセーフなのかそのあたりを解説していきます。

キャリア採用の面接が短時間で終了してしまうケース

中途採用の面接において時には、短時間で面接が終了するケースもあります、通常は1時間前後くらいが普通ですが、時には10分や20分などの短時間で終了してしまうケースもたまにあります、これはまさかNGという事なのかと不安になってしまう事もありますが、実際のところ応募者が多く、全員に1時間をかけるほど時間が無い企業もあります。
その場合は短時間で聞きたいことと、チェックすべき事を手短に済ませ選考を終了するケースもありますので、心配は必要ありません。
しかしながら、実際には面接をしている最中に既に次の選考に進める事はないと判断をしてしまうケースもあります、その場合は面接時間が短いと、不採用といった形になります。この場合は、時間ではなく面接の終わり方にあると思ったほうがいいでしょう、不自然に面接が終了する、必然的に短時間での面接となる場合は何かNGワードのような事を発言してしまったり、無責任とも取れるような発言があったりといった事が考えられます。
こうならないように面接では気を抜かないように気をつけて臨みましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職時には何を重視しているか

キャリア採用において求人票にはあらゆる項目があります。業務内容はもちろん重要な要素の給料、福利厚生、会社の魅力など様々な項目があり、転職時には何を重視して転職先を選ぶのかにおいて大きな判断材料となります。本当にやりたい仕事であれば多少給料は下がっても問題ないのか、魅力的に感じている企業の業務内容だけど残業時間が多いなど取捨選択が難しい場面も多々存在します。そんな転職活動の大きなテーマともいえる何を重視して転職先を決めていくのかについて考えてみたいと思います。

転職希望者のほとんどが『給与』を重視している

ある人材サービス会社の統計によると転職希望者が圧倒的に重視するのが『給与』との調査結果があります。やはり仕事をするからにはギブアンドテイクの世界で自身の仕事がどれだけ認められるのかというのは年収に反映されてくる部分から来ていると思われます。また、転職希望者が現職や前職において最も不満に感じていることが、給与水準に不満を持っているという事からも起因しています。転職によって何とか給料水準を上げていきたいという転職希望者の声は転職エージェントの立場でもよく耳にする事です。
また人材紹介会社をはじめとする人材サービス会社の、『あなたの市場価値はいくら?』のようなキャッチコピーからも、仕事のボリューム感や役割・責任など総合的に鑑みてほかの会社ではいくらくらい貰えるのだろうと気にする方も非常に多いのです。

仕事のやりがいや自分自身の本当にやりたいことを第一に挙げる方は少数派

実は転職において一番大事な要素であろう、仕事のやりがいや満足度など、自分が本当にやりたい仕事を重視する傾向はあるのですが、『給与』を下げてまで本当にやりたい仕事に就く方は少数派に過ぎないのが現実です。面接や志望動機などでは決して見えてこない転職希望者の本音の部分となります。転職エージェントの立場では何とかスキルを活かしてやりがいのあるフィールドで活躍する転職を目指してもらいたいというのも気持ち的にはあるのですが、家族や生活など仕事を支えるプライベートの問題なども仕事そして転職とも密接に関連していることから切実なケースもあるので何とか給与も上がってやりがいのある仕事に就けるような転職を目指してもらいたいと、転職支援をさせて頂いているつもりです。
しかしながら希望通りの求人や理想とするような福利厚生の整った会社が見つかるケースというのは稀と言えるでしょう。その場合転職をしていく方たちはどうしているのかと言えば、重視する項目を数件に絞り残りは少しだけでも妥協していくという取捨選択を取っています。給料はいいが少しハードな環境だけど前職に比べればましと判断であるとか、前職より少しでも総合的にいい条件であれば自身を納得して転職をしていくというパターンとなります。そこで環境を替え気持ちも新たに仕事に精を出していき結果も出すといった具合に最終的には成功転職となっていきます。
転職活動中は何かと様々な情報に考え方が流されやすい場面も多いとは思いますが、しっかりと自身で重視する項目を打ち立て軸を持って転職活動をしていきながら、取捨選択をしていき少しでも理想に近い会社のポジションへの転職が出来れば成功転職と言えることでしょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


転職サイトの口コミ情報をどう判断するか

最近の転職サイトや、転職情報サイトでは企業の採用に関しての情報が詳細にわたって掲載されているサイトなどもあります。転職希望者としては応募先の企業がどんな会社なのか、残業が多いのか少ないのかを判断するのに口コミサイトの情報を利用したり閲覧した方も少なくはないのではないでしょうか。そこにある情報をどう判断するかもキャリア採用において大事な要素になりえるかと思われます、その取捨選択について考察していきます。

転職に関する口コミサイトはかつて在籍した社員の書き込み

転職に関する口コミサイトの情報源は、かつてその企業に在籍した方々の書き込みによって成立しています。中には現在在籍している方の書き込みも見受けられますが、大概はかつて在籍をした方々の情報により成り立っています。
主に転職希望者の求職者が気になる会社があり応募しようかどうか迷っている、内定をもらって入社をするかどうか検討中などのフェーズにおいてこの転職口コミサイトを参考にするかと思われます。大体の情報は大方正確だと思いますが、その投稿された時期に注意をしていただきたいと思います。残業が多いとの書き込みがあったとしてもそれが5年以上前の情報であればもう既に働きやすさ改革の一環などで改善されている可能性もあります。また、部署によっても残業の多いか少ないかはばらつきがあると思いますので、すべての情報を鵜呑みにするのではなく参考にしていただく程度が程よいと思われます。
また、年収の伸びしろや平均年収も気になるところだと思われます。これには在籍していた方々の職種やポジションそして役職等の違いがあるので、これも参考程度に確認していただく必要があります。
口コミサイトの書き込みは、火のないところに煙は立たないという考え方で間違いはないかと思いますが、匿名性や既に退職していて不平不満を持ったまま退職された方の誹謗的な書き込みも見受けられるところから100%信用するまでではなく、参考程度にとどめておくのがベストとなります。

気になったら聞いてみるのも一つの手法

情報がこれだけ多い世の中ですので、転職先を選ぶ際には様々なな情報を集めて納得のいく転職先を探していきたいと考えるはずです。その場合口コミサイトだけの情報を頼りにするのではなく、転職エージェントに確認を取るのが最善の選択です。口コミサイトに情報が出ていたのだか、その信憑性はどうなのか真実なのかを投げかけければ、担当している企業となりますのでそれなりの生きた情報を持っています。
口コミサイトで見た⇒気になる⇒転職エージェントのキャリアアドバイザーに確認
と生きた情報となるはずです。
もし転職エージェントでもわかりかねる、判断つきかねる情報であれば求職者の代わりに企業へ聞いてもらう事も可能です、その場合には応募者からの質問だとは伏せて頂く依頼も同時に可能です。
本当に確認をしたいことがあれば1次面接レベルであれば直接採用企業へ確認してみるというのも一つの手です、この場合聞いてもいいかどうかの雰囲気や流れもあるので合否にひぅかからない範囲でなんとなく確認を取るのがよろしいでしょう。仮に口コミサイトで見たのだが本当か?など聞ける状況であればいいのですが、大抵はそんな情報を気にしてるのか。という感じに取られかねないので間接的に確認を取るのがベストです。
口コミサイトの情報は参考程度で、その情報が真実かどうかを自分自身で生きた情報となりえるレベルまで確認を取っていく必要があります。


転職は繰り返さない!

食品業界ではあまり見かけないのですが、職歴が多い人の登録希望というのが転職エージェントにはいらっしゃいます。いわゆる社歴というやつで、多い人で10社以上会社を変えている場合があります。こういう人は転職においてかなり苦労をします、応募企業が書類選考だけで100社なんて話を聞いたこともあります。食品会社はある程度安定産業の中にあり、よっぽどのことがなければ職歴が多いと感じる方は少ないと思いますが、反面食品業界でキャリアを構築していこうと思ったら転職を繰り返してやみくもに職歴を重ねるのは厳しいと言わざるを得ません。

職歴を数多く重ねている方の共通項

私共食品業界を専門にしている人材紹介会社/転職エージェントではあまり目立った職歴を重ねている方は多くはないのですが、別の産業では職歴の多い方がたまにいらっしゃいます。私共人材紹介会社も人材サービスの業界に属しますが、人材会社を何社も渡り歩く人がいます。こういった方を私共転職エージェントではジョブホッパーなどと呼ぶことがありますが、このタイプの方々にはある共通項が存在します。
いわゆるブラック企業からブラック企業への転職を繰り返しているような傾向があります。前の職場をなんとなく厳しいから次の職場へ移らざるを得ないといった感じで、次から次に職場を変えているいわゆるジョブホッパーです。こういう方は大抵の企業では採用が難しいのでブラック企業と言われる採用も応募すれば大抵は内定がもらえたり、人が次々に辞めていくために常に大量募集をしているブラック企業への転職をするしかない方です。市場価値はどんどん下がりキャリアの構築もままならなくなってしまいます。
転職にはつきもののリスクですが、ほぼ職歴を多く重ねていくたびにリスクを背負ってしまいます。こうならないためにしっかりとどこかで地に足をつけて仕事に取り組まないと後々大変なことになります。

食品業界では転職を重ねる事が不利となってしまう場合がある

食品業界での転職はさほど頻繁な方ではありません。大手食品メーカーなどでは新卒入社から定年まで在籍しているような方は大勢います。やはり安定産業と言われる食品業界では人材の流動も大きくなく比較的安定していると言われています。食品業界では職歴を重ねている方自体が少ないので、転職を繰り返していると応募者の中でも目立ってしまい、マイナス要素と取られてしまいます。出来るだけ安易に転職を考えずしっかりと考えて行動をしないと後々に響いてきます。転職をむやみに繰り返す行為だけは絶対に避けましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職時には企業のSNSをチェック

キャリア採用において、志望の企業が実はどんな社風なのか働いている人たちはどんなタイプの方が多いのか、残業時間は?経営者はどんな考え方で事業運営をしていてそこで働く社員たちの満足度はどうなのか気になるところ。転職先として問題がないかはSNSや社長がやっているブログなどで情報が手に入ることがあります。口コミなども参考にして、転職で失敗しない為にも企業研究は力を入れていきたいところです。

採用企業の情報はいくらでも手に入る

キャリア採用においてその会社がどんな会社なのかは非常に気になるところです。転職エージェントを活用した転職活動の場合には、担当アドバイザーから紹介先企業の情報を手にする事が出来ます。またその人材紹介会社経由で入社した方の感想なども情報として保有している場合も多いので、単にキャリアを活かせるとか仕事の内容だけではなく、就業環境や人間関係といった会社を構成する上で欠かせない情報なども手に入る場合も多いです。

SNSやブログをチェック

企業によってはFacebookやTwitterなどのSNSを公式でアップしている会社もあり、そこで働く人々の様子なども見ることが出来る場合もあります。また社長が自身の個人ブログをビジネス目線で公開している場合もあり、この場合は社長個人のビジネス感や経営マインドなどを垣間見る事も可能です。文章は人となりを表すとも言いますが、かなり人柄をするうえでブログは有効な情報源と言えるでしょう。特に小規模の企業やベンチャー企業などは、社長や経営者の人柄がそのまま企業風土となる場合が多いのでSNSは要チェックと言えます。また、採用担当者が採用ブログを行なっている場合もあり、こちらは新卒向けがメインとなぅている場合も多いようですが、ある程度の雰囲気はつかむことが出来ます。

口コミサイトはどうなのか?

転職サイトの発展版的に、転職で企業を判断するときに口コミサイトをチェックしている転職希望者も大勢います。この転職口コミサイト利用する場合の気を付けたいポイントは、既にその企業を辞めてしまって別の会社へ転職してしまっている方々の書き込みが多いことから、その企業に不平不満を持っており若干ネガティブ要素が多い為に転職希望者を不安にさせてしまうような情報も少なくない点にあります。この情報が正しいのかどうかは、転職エージェントの担当アドバイザーに聞いてみたり、選考企業の人事担当にそれとなく確認を入れてみたりといったことで情報の裏付けが出来る場合もあります。気を付けたいのは口コミを見たというと、選考中の企業であれば多少選考に影響も出てくるケースもあるので、それとなく確認をする程度にとどめておくことが必要となります。質問事項で確認というパターンが一番いかもしれません。キャリア転職の場合には、次を最後の転職にしたいと考えている人も多いと思います、転職先企業を選ぶうえで色々な情報を収集して問題ない会社選びをすることが大事になってきます。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


【現職か離職か】転職活動を始めようと思ったら その2

まず最初に考えるのが現職にとどまったまま転職活動するのか?離職して転職活動に専念するのか?という事がありますが、これはズバリ現職に留まる事が出来る状況であれば、 今の仕事も頑張りながら転職活動する事が大事です。転職ではブランクはマイナスになります、市場価値を下げないためにも出来る限り仕事の空白期間を作らない事です、転職活動と現職の仕事を継続するのは大変ですが、より良い職業人生形成の為頑張り時です。

出来るだけ仕事を継続しながら次の転職先を探す

現職にとどまりながら転職活動が出来る方であれば、現職中を選択すべきです、仮に1か月以内で次の職場が見つかればいいかもしれませんが、3ヵ月・6か月1年も離職期間があるとそれだけで社会人としてはマイナスとなってしまいます。企業の人事担当者は非常にブランク期間を気にします、そう、即戦力性が落ちているのではと判断されてしまいます。キャリアにも穴をあける事となってしまうのです。転職は確実性があまりないので、よく「縁があった」なんて表現もしますが、次の職場がいつ見つかるかどうか不確実な状況で離職の選択をしてしまうのは非常にリスキーです。

転職活動も今の仕事も手を抜かない

また、企業によっては離職中の人はお断りをしています、なんて企業もあります(ごく1部の大企業に多いです)。また、転職は非常にエネルギーを使います、惚れ込んだ企業に書類を出してNGなんてよくある事ですが、これが続くと精神的にもきついです、そんな状況下で孤独とも戦いなんてことをしていたらマイナスオーラ出まくりで、いい面接など出来ないでしょう。また、現職に留まってもお世話になった会社ですので是非現状の仕事も手を抜かないでください。「もう転職するからいいや」、と投げやりになっていい加減な仕事をしていたら面接でもいい加減さが出てしまうのです。またお世話になった(なっている)現職の会社にも失礼になってしまいます。

転職は大きなエネルギーを要します、肉体的・精神的にもいつでもMAXまでとは言いませんが、今の仕事にも、転職活動にも、プライベートにも全力で臨むことをお勧めします、その方が自ずといい結果が待っている事でしょう。

⇒転職活動を始めようと思ったらその1

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職活動を始めようと思ったら その1 【求人情報の見方/情報収集】

転職サイトや転職エージェントでの求人票の見方、情報収集はどうすればいいか。転職に具体的に動こうと考えた場合情報収集から始めます、その際ネットで求人検索をすると思いますが、世の中数多の求人が存在し、尚且つ公開求人・非公開求人と、雇用形態も様々です。そんな時、混乱を招いては今後の人生を充実させたいと考えて転職に踏み切ると思うので、冷静に情報の取捨選択を行う必要があります。

転職サイトや転職エージェントへ登録を行ない求人情報収集、企業研究、業界研究

まずは公募と言われる転職サイトに登録して求人情報を収集することから始めます。転職サイトによっては、人材紹介会社/転職エージェントからの接触(スカウトサービス)もあるのです。そこで世の中にまた現状の景気動向ではどんな求人があるのかサーチを行い、出来れば自身の出身業界を中心に、その次に自身の経験職種を探してみてください。応募要件ばかりに目を向け、これは受けれるこれは受けれないという見方ではなく、

・事業に関する特色(市場規模・製品開発力・販売力など

・会社組織としての特色(企業理念・社風・組織制度)

・その他の特色(会社の魅力など)

に着目しながら、その会社の業界内でのその会社の立ち位置、お金の流れ(顧客はだれか、どこから仕入れるのか)等を見ていき、新卒の際も業界研究を行ったと思いますが中途でも改めてターゲット業界の研究を行います。その業界の構図を理解して、その後に企業を理解する、そして自分の所属する部署、仕事内容、最後に条件面といった、マクロからミクロに向かうように情報を収集して研究していきます。

食品業界での転職も情報収集から

食品業界でも食品メーカー・食品商社・食品サービス系等立ち位置は色々とございます。そう年収や福利厚生、残業の有無といったことは働くうえでは大事ですが、転職においてはそればかりに目を向けると後々苦労してしまうかもしれません。まずは、自分が働く事をイメージできるか、そして活躍できるかを考え、その対価で給与がある、福利厚生等は自分に縁のあった会社・働きたいと思える会社が充実しているかそうでなかったくらいでいいかもしれません。まずは情報収集から転職活動はスタートします。

⇒転職活動を始めようと思ったらその2

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職活動初期の情報収集~なんとなく転職?~

今すぐ転職を考えているわけではないが、Bizリーチやリクナビの求人サイトのCMを見て何かいい求人があればという情報収集目的でサイトの登録だけは行っておこうという考えの求職者の方が最近特に多いと思われます。そんな転職予備軍ともいえる方々がどのようにして転職に踏み切るのか、はたまた転職するきっかけをなくしてしまったりするのかについて話をしてみたいと思います。

空前の売り手市場からくる転職サイトの広告

有効求人倍率はここ数年伸び続け、人出不足感も手伝って転職市場は史上空前の盛り上がりを見せております。そんな中転職サイトも転職希望者の登録を促すためにかなりの広告宣伝費を費やしてTVCMをはじめとしたプロモーションをかけています。そんな中数年務めてきた企業で、このままでいいのかな?給料は上がるのだろうか?環境を変えてもいいかな?といった軽い気持ちで転職サイトに登録をするいわば転職予備軍的な方も急増しています。こういう方々は、まずすぐの転職は考えておらず、世の中にどんな求人がありどんな会社が求人を出しているのだろうかといった、転職活動においても初期行動の情報収集段階からスタートをするのが一般的です。しかしながら一体自分がどんな会社が向いているのか、今よりいい処遇などあるのかといったスタンスで、転職サイトを閲覧したり、たまに来る転職エージェントからのスカウトメールを読んでみたりといった感じで、様子見の行動をしばし続けることでしょう。しかしながら転職すると完全に決めた訳ではないので、履歴書や職務経歴書の作成はまだこれからで企業へのエントリー・応募などしていないといった感じの方も多いでしょう。これはこれで悪くはないとは思いますが、まだ腹が決まっていないのに条件的に良さそうだと応募してみたり、人材紹介会社からの熱いオファーで面接に行くことになってしまったりといった方も少なくありません。こうなるとあまり転職するつもりでなかったのが、実は転職してしまったなんてことすら起こりえています。

転職はしっかりとした考えを持って行動する

情報収集をしたうえで実際に希望に近い企業があれば、応募してみる。自分のキャリアの可能性を広げれるなら転職もやむなしといった具合で、きちんと自分の考えが出来上がって転職という選択肢を選んでいただきたいと思っています。昨今の転職サイトの広告に流されて、なんとなく転職といった流れは転職エージェントの立場から見て、果たして大丈夫なのだろうかと時にはアドバイスをさせて頂くケースもあります。是非風潮に流されず、自身の考えをきちんと持って転職を行ないましょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索