キャリア採用における転職理由

キャリア採用における転職理由

中途採用において必ず大きなテーマとなる転職理由、退職理由。これが曖昧だとキャリア採用において非常に手こずる場面も往々にしてあります。なぜに転職をするのか明確にして面接官や書類選考を実施する人事採用担当者へ響かせるためにも正当な理由が必要です。大概は人間関係や給料に不満があったり長時間労働からの脱却などといったネガティブな要素が多いのもこの転職理由が難しいところです。キャリア採用において重要な意味を持つ転職理由をどう作り上げていけばいいのかを解説していきます。

キャリア採用においては重大なテーマとなる転職理由/退職理由

面接の中で必ずといっていいほど聞かれる、

「何故に転職をしようと思ったのですが?」

「何故に前職を辞められたのですか?」

この問いには必ず答えなければなりません、尚且つ前向きで面接官が納得をして、それなら仕方がない、それであれば今日この採用面接に来ているのも納得がいくというレベルに持っていかなければなりません。

転職理由は決してネガティブ要素のみではNG

また、ネガティブな回答で面接の場の雰囲気が悪くなり、その後どんないい回答をしてもリカバリーできないこともあります、そのくらい転職理由・退職理由は大事な要素です。またよくありがちなのが絶対に前職での不満・悪口は言わないことです、これを述べてしまうと当社に来ても同じことを繰り返すだろうと判断されてしまうのとやはり雰囲気も悪くなり、人間性にも疑問を持たれてしまいます。

具体的にはどのように転職理由を形成すればいいのか具体的に例をあげてみます

転職理由で一番多い人間関係

正直に言うとネガティブな要素が多いので、
皆と連携して協力して仕事を進めたいという趣旨でまとめましょう、前職はどちらかというと個人の売り上げや成果を重要視する部分があったので、そうではなく協調性を持って仕事が出来る環境を求めたいという感じで話すと前向きになります。
次に多いのが

社長や上司のトップダウン

いわゆる人間関係の改善に属する理由で、こちらも正直に伝えると、ネガティブなので前職ではトップダウン型の組織で、硬直的でした。マニュアルがありそちらを基に仕事を進めれば個人の考えや裁量などは必要ないという考えで、若手のフレッシュな考えなども聞いてもらえる環境ではない為に、自由に意見も言えて新しい業務に挑戦していきたいという感じで退職理由を作り上げてみてはいかがでしょう。

仕事や残業・ノルマがきつい

これは正直に話すと、前職で駄目だったのかな?と思われてしまう部分もあるので、1件1件丁寧に仕事をする事で、顧客の信頼にこたえられるようなサービスを込めた仕事をしていきたいと考えるようになった、ノルマや残業が第一優先ではなく、一緒に働く仲間の作業効率を上げる為、そして会社を支えて下さるお客様としっかりと向き合って仕事がしていきたいというような感じで前向きに話すといいでしょう。

上記のように、同じ内容の退職理由でも、表現の仕方によっては プラスの印象を与えることが可能ですので何度か作り込んで納得のいく転職理由・退職理由を形成しましょう。自分で作成がどうしてもできない場合は転職エージェントが一緒に考えてくれるはずです。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


転職活動における面接等での自己PR(自己紹介)

中途採用の面接試験において、重要になってくる、自己紹介(自己PR)、 志望動機、 退職理由(転職理由)の3つは必ずと言っていいほど聞かれる質問となります。この中でも自分自身を売り込める要素として自己紹介/自己PRについてその手法、伝え方など転職エージェントの立場としてのアドバイスを差し上げます。

中途採用面接選考において大事な要素

転職において大事なのは受ける先の企業を調べることも重要なのですが、それ以前に自身のキャリア・性格等を自分自身で理解することも重要です。そう新卒時の就職活動の際の『自己分析』等の経験ありますよね、それと同様です。まずは自身のキャリアを棚卸する以前に、転職活動で重要な3大要素。

自己紹介(自己PR)
 志望動機
 退職理由(転職理由)

自己PR/自己紹介について

・自己紹介 
自己紹介とは、自分がどんな人かを相手に伝え、その次のコミュニケーションを円滑にすること。ポイントは、内容が「自己PR」や「強み」「頑張ったこと」になりすぎないことです。まずは、自分の特徴を表す言葉を見つけてみましょう。言葉が見つかったら、今度は具体的なエピソードを思い出します。これだけでもしっかりやれば、相手にちゃんと特徴が伝わるものなのです。

・自己PR

自己PRとは、自分のアピールポイントが、やりたい仕事でどう生かせるのかを述べること。ポイントは、アピール内容は経験そのものではなく、その経験の中で学んだことや、達成感、喜怒哀楽の中にあるということです。まずは、ある経験においてうれしかったとき(もしくは達成感を味わったときや悲しかったとき、怒ったときなど)があれば、なぜうれしかったのか、そのときどういう行動をしたのかを振り返ってみましょう。例えば「接客のアルバイトで、お客さんにありがとうと言われるのがうれしかった」経験があれば、うれしいと感じたときに何をしたのか思い出してみます。もし「細かい気配りをしてお客さんをもてなした」結果であれば、これがアピールポイントになります。このように考えると、アピールポイントはたくさん出てくるはず。その中で何をアピールすると、やりたい仕事で生かせるのかを考えてみましょう。自己PRは面接の場面でも頻出ですが、応募書類に盛り込むところでも活用できます、書類選考が通過する自己PRを盛り込んでいきましょう。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ②

中途採用の面接において準備しておかないといけない質問回答の転職理由・退職理由。これを面接前に用意しておかないと折角書類が通過して面接になったのに転職理由がネガティブになりすぎて面接の会話も盛り上がらず雰囲気が悪いまま面接が進み結果面接NGなんてことも、面接対策を実施する上での必須ともいえる転職理由は?を転職エージェントがポジティブに変換する一例をご案内します。

転職理由/退職理由をポジティブ印象へ変換

中途採用の面接における、退職理由(転職理由)の伝え方の具体例、第2弾です。

④残業が多すぎた→ 成果を正当に評価してほしい

・効果的に仕事をしてさらに成果をあげたい

・努力や成果に見合うだけの評価がほしい

「前社は『営業は残業するのが当たり前』という社風で、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。私は残業を厭いませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと常々考えていました。メリハリを持って業務に取り組むことで、より高い成果を挙げたいという思いが強くなり、退職を決意しました」

⑤会社が遠く通勤が辛い→ 通勤時間を仕事に有意義に使いたい
・仕事にもっと打ちこみたい、集中したい

・地元に密着し、腰を据えて働きたい

「前の会社では、SEとしてさまざまな客先に常駐しました。しかし、通勤に2時間以上かかるケースが多く、先日も自宅から片道3時間はかかる企業への常駐を打診されてしまいました。通勤に割いている労力を仕事に割きたい、もっと仕事に打ち込みたいとの思いがどんどん強くなり、退職しました」

⑥商品力がなく売れない→ プライドを持って仕事がしたい

・胸をはって自身を持って商品やサービスを売りたい

・営業の仕事で実績を挙げ、スキルアップしたい

「前の会社で扱っていたソフトウェアは競合優位性に乏しく、努力はしたもののなかなか成果につながりませんでした。自信を持って『いい商品だ』と言えるものを提供し、顧客との信頼関係を築いて営業としてスキルアップしたいとの思いが日に日に強まり、転職を決意しました」

上記の様にネガティブな理由をそのまま伝えるのではなくしっかりとポジティブに変換して自分自身の中で納得感がある様に何度も腹落ちをするまで

『何故に転職するのか』

『何故に現職を辞めるのか』

掘り下げて未来に向かって前向きな理由をきちんと面接官に説明できるよう作り込んで下さい。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ①

中途採用における面接では、転職理由は面接の最初の段階で質問があることが多く、そこをうまく乗り切らないとその後の面接に大きく響いてきます。転職理由・退職理由の作成がうまくいかない、面接でその質問が来ると空気が変わる、面接が通過しなくて悩んでいる転職希望者の方に転職エージェントが面接対策の秘訣をお教えします。

転職理由はマイナス印象を極限まで抑える

中途採用の面接においてはそのまま本音の部分での退職理由(転職理由)を伝えてはマイナスに転じる事も多くあります。具体的にどう伝えるかを例をあげてみます、

①社内の人間関係に嫌気がさした→ 周りと連携を取り仕事を進めたい

・皆と意思疎通を取りながら仕事がしたい

「前の会社は、個人の売り上げが重視されていたため、個人で行動する機会がほとんどでした。しかし、私自身は周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが得意なタイプです。チームで団結し一つの目標に向かってまい進し、成果を挙げたいという思いが強まり、退職を決意しました」

②社長がワンマンでついていけない→ 自分の目標にあった働き方をしたい

・自分の意見やアイデアを活かして新しい仕事にチャレンジしたい

「前社は硬直的な組織で、若手社員が意見やアイディアを発表する場はほとんどありませんでした。年齢や社歴に関係なく、自由に意見が言える職場で働きたい、新しい仕事にどんどん挑戦し続け、スキルアップしていきたいと考え、退職を決めました」

③ノルマがきつい→ 営業という仕事そのものに打ちこみたい

・クライアント1件1件とじっくり腰を据えてやり直したい

・顧客と長く信頼関係を築いていける仕事がしたい

「前社では常に高い目標数字が課せられ、1件の顧客に時間を割くことができないのが悩みでした。顧客要望をじっくり聞き出し、それにこたえられる仕事がしたい、そして長く取り引きいただけるような信頼関係を築きたいと思い、退職を決めました」

この様に同じ内容の退職理由でも、表現の仕方によっては プラスの印象を与えることが出来るのです、よく事前に自身の何故に転職をするのか、退職をして他の職場へ行こうと考えているのかを第3者が聞いて、それならば転職が一番ベストだという印象を持ってもらうように変換しておきましょう。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART2

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』

 


中途採用、転職活動における採用面接での退職理由(転職理由)について

中途採用の面接の場面で必ず聞かれる、面接3大質問。志望動機、転職理由(退職理由)、これまでの経歴。この3つは転職活動を行うのであれば初期の段階でしっかりと形成しておきたいポイント。その中で退職理由はさもすればマイナスイメージにもつながりかねない重要なポイントとなります。一度面接でネガティブな印象になれば挽回するのは至難の業。誰もが転職は致し方ないなと思ってもらえる転職理由を作り上げることが必要となります。

中途採用の面接で必ず聞かれる質問/転職理由・退職理由

面接では必ずと言っていいほど、

「なんで転職しようと思ったのか」

「なんで退職しようと思ったのか」

必ずと言っていいほど聞かれます。

そう、転職理由(退職理由)の説明です。

ここは失敗すると後を引く重要な局面です、多少ネガティブな感情を持って転職をするという方も少なくありません。でも、企業にネガティブを伝えすぎてしますとかなり逆効果です。会社の人間関係や経営方針への疑問など、どの会社でも起こりうるような不満は止めましょう。

「それ当社でも起こりえるよ」と思われた時点でNGです。

不満解消のための努力をしていない場合には単なる泣き言と捉えられてしまいます。また、志望動機と一致しない転職理由は避けた方がいいです、一連の転職をするためのストーリーが支離滅裂になってしまいお互いにすっきりしない面接となってしまいます。

退職理由が、応募先でも解消されないようなことであれば言わない方が無難です、今の会社にいてもしょうがないから受けにきたというイメージを与える回答だけは絶対に避けましょう。

出来るだけポジティブ要素に返還を行うトレーニングを行っておきましょう。

ネガティブ理由をポジティブな理由へ変換

■社内の人間関係に嫌気がさした → 周りと連携を取り仕事を進めたい

■社長がワンマンでついていけない → 自分の目標にあった働き方をしたい

■ノルマがきつい → 営業という仕事そのものに打ちこみたい
 といった感じです。

常に前向きな姿勢・マインドを示しましょう。

現職で頑張りに頑張った、しかしながら結果的に、転職を選択するのがベストと思わせるストーリー作りが重要です。

決して「退職の言い訳」にならないようにしましょう。


転職の面接における退職理由 /本音と建前

転職の面接において必ず聞かれる、転職理由・退職理由があります。これは下手するとかなりネガティブになってしまう事も十分に想定されます。ありのままの転職理由・退職理由のままだと正直すぎて、面接官にはよく映りません、本音の理由をだれが聞いても転職することは致し方ないことだと納得するまでに変換して作り上げていく事が重要となります。食品業界の面接も一般の業界と面接対策はほぼ同じです、転職理由・退職理由を上手くポジティブなものへ変換することを面接前に行っておきましょう。

転職活動の面接の場面において、退職理由(転職理由)を伝えた途端に場の雰囲気が重苦しくなってしまうことがあります。かなりネガティブな理由を上げてしまっている事が想定されます、転職はネガティブ要素もありますが、それを正直に伝えるとマイナスになってしまう事はよくあります。

転職(退職)理由の本音と建前のランキング

【本音ランキング】
1位 上司との人間関係
2位 給与が不満足
3位 仕事に変化がない、おもしろくない
4位 会社の経営方針・経営状況の変化
5位 キャリアアップしたい
6位 労働時間や環境に不満
7位 社長がワンマン
8位 同僚・先輩・後輩との人間関係
9位 社風が合わない
10位 雇用形態に不満

【建前ランキング】
1位 キャリアアップしたい
2位 仕事に変化がない、おもしろくない
3位 会社の経営方針・経営状況の変化
4位 労働時間・環境に不満
5位 給与が不満足
6位 上司との人間関係
7位 勤務地までの距離・環境に不満
8位 社風が合わない
9位 雇用形態に不満
10位 昇進・評価制度に疑問
10位 転勤・異動を含む人事制度に疑問

本音 ←→ 建前

に相違があります。これには、応募企業向けの本音を面接用の建前の部分に変換した退職理由を作り上げる必要があります。その際、あからさまな作り話や嘘は話に説得力がないので、出来るだけスマートで簡潔すぎるくらいに留めます。

『食品業界の人材紹介へ登録をする』

 


中途採用面接におけるポイント

転職活動においての最大の山場である面接。特に1次面接が最重要となります、食品業界の面接というよりかは一般的な採用における面接と基本事項は全く同じです。面接の基本は転職理由・志望動機・これまでの経歴の3つが重要となります。この3つのポイントをおさえて面接に臨むことが、内定を勝ち取るコツとなります。折角書類が通過したからには是非面接を通過させましょう。

開始5分で決まる

転職活動において中途採用面接の合否は実は”開始5分”でほぼ決まると言われております。
(研究DATAによれば開始5分の合否判断が面接終了後に逆転する確率はわずか15%だそうです。つまり、開始5分でOKとなれば終了時には85%の確率で合格となります)
※開始5分に一般的に質問されるのは以下の3つになります。

(1)「転職理由を教えてください」
(2)「志望動機を教えてください」
(3)「これまでのご経歴を教えてください」

上記3つの質問にしっかりと回答することができれば開始5分文字色時の印象は良いものとなると思われます。
上記3つを回答する際の注意点は以下になります。

(1)転職理由

◎面接官に「前向きな転職だ」と思ってもらえるようにあなたが今準備している
転職理由は後ろ向きに聞こえないでしょうか?
人は誰でも前向きな方を好みます。
転職を考えられているくらいですので現職(前職)への不満もあるかと思いますが、
愚痴に聞こえてしまっては面接では悪印象になります。
前向きでかつ誰が聞いても「それは辞めても仕方ない理由だ」と思っていただける
ように言葉を選んで回答しましょう。

(2)志望動機

◎面接官が「うん、それならうちで志望するのは当然だ」と思えるように
往々にして転職理由の裏返しになっているかと思います。その回答は誰が聞いても
「それなら当社を選ぶのは自然な流れだな」と思ってもらえる内容でしょうか?
取ってつけたような回答では、回答に対してさらに深く「それはなんで?」と
質問されて行くに従いボロが出ます。
ご自信の回答に対して「それはなんで?」
を5回繰り返してもしっかり説明できるくらい深く考えて準備してください。

(3)これまでの経歴

◎面接官が「その経験そのまま使ってもらえるかも」と期待するように
企業が中途採用者に期待するのは”即戦力性”です。
“即戦力”だからといって同業で働いている必要はありません。
これまでの経験業務の中で、事前に調べた応募企業の事業内容・業務内容から
勘案して、役に立ちそうな経験があればそれはアピールしてみてください。
例えば法人営業、それも高価な商品であれば、しっかりした提案力と決裁プロセスをひとつずつ進めていく段取り力などはどの企業でも共通して使えるスキルになります。

これまでの経歴をダラダラ話すのではなく、面接官が聞いたら「お、その経験いいね」と思ってもらえるようなポイントを強調して話せるように準備しましょう。
食品業界の転職における面接も特別な事はありません、基本を押さえておくことが重要となります。


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索