転職サイトの口コミ情報をどう判断するか

転職サイトの口コミ情報をどう判断するか

最近の転職サイトや、転職情報サイトでは企業の採用に関しての情報が詳細にわたって掲載されているサイトなどもあります。転職希望者としては応募先の企業がどんな会社なのか、残業が多いのか少ないのかを判断するのに口コミサイトの情報を利用したり閲覧した方も少なくはないのではないでしょうか。そこにある情報をどう判断するかもキャリア採用において大事な要素になりえるかと思われます、その取捨選択について考察していきます。

転職に関する口コミサイトはかつて在籍した社員の書き込み

転職に関する口コミサイトの情報源は、かつてその企業に在籍した方々の書き込みによって成立しています。中には現在在籍している方の書き込みも見受けられますが、大概はかつて在籍をした方々の情報により成り立っています。
主に転職希望者の求職者が気になる会社があり応募しようかどうか迷っている、内定をもらって入社をするかどうか検討中などのフェーズにおいてこの転職口コミサイトを参考にするかと思われます。大体の情報は大方正確だと思いますが、その投稿された時期に注意をしていただきたいと思います。残業が多いとの書き込みがあったとしてもそれが5年以上前の情報であればもう既に働きやすさ改革の一環などで改善されている可能性もあります。また、部署によっても残業の多いか少ないかはばらつきがあると思いますので、すべての情報を鵜呑みにするのではなく参考にしていただく程度が程よいと思われます。
また、年収の伸びしろや平均年収も気になるところだと思われます。これには在籍していた方々の職種やポジションそして役職等の違いがあるので、これも参考程度に確認していただく必要があります。
口コミサイトの書き込みは、火のないところに煙は立たないという考え方で間違いはないかと思いますが、匿名性や既に退職していて不平不満を持ったまま退職された方の誹謗的な書き込みも見受けられるところから100%信用するまでではなく、参考程度にとどめておくのがベストとなります。

気になったら聞いてみるのも一つの手法

情報がこれだけ多い世の中ですので、転職先を選ぶ際には様々なな情報を集めて納得のいく転職先を探していきたいと考えるはずです。その場合口コミサイトだけの情報を頼りにするのではなく、転職エージェントに確認を取るのが最善の選択です。口コミサイトに情報が出ていたのだか、その信憑性はどうなのか真実なのかを投げかけければ、担当している企業となりますのでそれなりの生きた情報を持っています。
口コミサイトで見た⇒気になる⇒転職エージェントのキャリアアドバイザーに確認
と生きた情報となるはずです。
もし転職エージェントでもわかりかねる、判断つきかねる情報であれば求職者の代わりに企業へ聞いてもらう事も可能です、その場合には応募者からの質問だとは伏せて頂く依頼も同時に可能です。
本当に確認をしたいことがあれば1次面接レベルであれば直接採用企業へ確認してみるというのも一つの手です、この場合聞いてもいいかどうかの雰囲気や流れもあるので合否にひぅかからない範囲でなんとなく確認を取るのがよろしいでしょう。仮に口コミサイトで見たのだが本当か?など聞ける状況であればいいのですが、大抵はそんな情報を気にしてるのか。という感じに取られかねないので間接的に確認を取るのがベストです。
口コミサイトの情報は参考程度で、その情報が真実かどうかを自分自身で生きた情報となりえるレベルまで確認を取っていく必要があります。


転職時には企業のSNSをチェック

キャリア採用において、志望の企業が実はどんな社風なのか働いている人たちはどんなタイプの方が多いのか、残業時間は?経営者はどんな考え方で事業運営をしていてそこで働く社員たちの満足度はどうなのか気になるところ。転職先として問題がないかはSNSや社長がやっているブログなどで情報が手に入ることがあります。口コミなども参考にして、転職で失敗しない為にも企業研究は力を入れていきたいところです。

採用企業の情報はいくらでも手に入る

キャリア採用においてその会社がどんな会社なのかは非常に気になるところです。転職エージェントを活用した転職活動の場合には、担当アドバイザーから紹介先企業の情報を手にする事が出来ます。またその人材紹介会社経由で入社した方の感想なども情報として保有している場合も多いので、単にキャリアを活かせるとか仕事の内容だけではなく、就業環境や人間関係といった会社を構成する上で欠かせない情報なども手に入る場合も多いです。

SNSやブログをチェック

企業によってはFacebookやTwitterなどのSNSを公式でアップしている会社もあり、そこで働く人々の様子なども見ることが出来る場合もあります。また社長が自身の個人ブログをビジネス目線で公開している場合もあり、この場合は社長個人のビジネス感や経営マインドなどを垣間見る事も可能です。文章は人となりを表すとも言いますが、かなり人柄をするうえでブログは有効な情報源と言えるでしょう。特に小規模の企業やベンチャー企業などは、社長や経営者の人柄がそのまま企業風土となる場合が多いのでSNSは要チェックと言えます。また、採用担当者が採用ブログを行なっている場合もあり、こちらは新卒向けがメインとなぅている場合も多いようですが、ある程度の雰囲気はつかむことが出来ます。

口コミサイトはどうなのか?

転職サイトの発展版的に、転職で企業を判断するときに口コミサイトをチェックしている転職希望者も大勢います。この転職口コミサイト利用する場合の気を付けたいポイントは、既にその企業を辞めてしまって別の会社へ転職してしまっている方々の書き込みが多いことから、その企業に不平不満を持っており若干ネガティブ要素が多い為に転職希望者を不安にさせてしまうような情報も少なくない点にあります。この情報が正しいのかどうかは、転職エージェントの担当アドバイザーに聞いてみたり、選考企業の人事担当にそれとなく確認を入れてみたりといったことで情報の裏付けが出来る場合もあります。気を付けたいのは口コミを見たというと、選考中の企業であれば多少選考に影響も出てくるケースもあるので、それとなく確認をする程度にとどめておくことが必要となります。質問事項で確認というパターンが一番いかもしれません。キャリア転職の場合には、次を最後の転職にしたいと考えている人も多いと思います、転職先企業を選ぶうえで色々な情報を収集して問題ない会社選びをすることが大事になってきます。

 

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索