転職活動を始める前に

具体的に転職に向けて動き始める前に、まずはっきりさせておきたいことがあります。

転職の目的をはっきりさせましょう

あるインターネット調査で、30歳前後の転職経験者にアンケートを実施したところ、約90%以上が転職歴1・2回で、過半数以上となっています。

 

ここで3回以上となると、気に入らないことがあると辞める癖があると思われる危険性が大です。

 

昨今の人材サービス会社の過剰なまでの広告投資を見ていると安易に転職に踏み切ってしまう若者が後を絶たないという話もわかるような気がいたします。転職自体にきちんとした目的を持たないとさらに転職歴を重ねてしまう危険性が大いにあります。

 

これには自分の目標とする姿、こうなりたいという姿をイメージして1年後・2年後そして将来どうなっているのか、そのために転職という道を選択し自分のキャリアプランを描いていくという事をしていかないと気づくと転職歴ばかり重ねて当初考えていた方向とは全然違うキャリアを歩んでしまっていたという方も少なくありません。

 

そうなると年収も下がり、自身のスキル経験も薄いものとなってしまい、転職自体が失敗だったということになってしまいます。転職に失敗しない為には、必ず方向性を定めて転職を決断し、転職活動も軸がぶれない行動をしていく必要があります。

 

是非転職活動自体はご自身の社会人としてのキャリアの大きな分岐点です。慎重に行動をして失敗しない転職を実現して下さい。

 

転職がベストな選択肢かを考えましょう

会社都合で転職を余儀なくされるケースは別にして自己都合による転職では決断に迷う人が少なくありません。

なぜに迷うのかという事ですが現在の職場で決定的な支障を感じておらず転職は前向きなステップである例が多いからなのです。

 

逆に迷わずに決断を下せるのは現状に不満を感じており打開を求めているケースです。

・仕事がつまらない
・給料が低い
・人間関係が悪い

しかしながら、このケースでは決断は出来ても新しい職場に移る事で問題が解決出来るとは限りません。

 

求人企業は職場への不満などネガティブな動機で転職を志した人材をことごとく嫌う傾向がとても強いです。

なぜならそのような問題はかならずしも転職で解決できるとは限らないからです。

 

しっかりと自問自答し現職においてなにか解決方法はあるのかと動いた実績のある求職者であれば問題はありません。

まずは、転職を考える際に不安や悩みを洗い出し、それを転職がベストの選択であるとの自信を持っていえるくらいまでに、不安や悩みをクリアにする作業を行ってください。

 

自分自身が納得のいくまで将来目標に向かって慎重に準備していきましょう。


完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

食品業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、食品業界に精通した専門のコンサルタントから受けることができます。費用は一切かかりません。無料で手厚いサポートを受けることができ、転職が初めての方も安心してご利用いただけます

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「食品業界キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「食品業界キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、食品業界での強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む