転職成功事例

【転職成功事例】異業界への転身 ~理系技術者の専門性を別分野で活かす~

今回の転職成功事例は食品業界の方ではございませんが、理系人材で自身のスキルを

別の分野(業界・事業)に活かすことに成功した事例ですので。

食品業界在籍の理系開発者や研究職に就く方、品質や製造関連の食品技術者等の方でも

似たようなカテゴリーでスキルを活かすことも可能性がないわけではないとお考え

頂きたいと参考にしてください。

30代半ば化学系学部卒中堅化学メーカー⇒大手総合電機メーカー

この方は、新卒で入社した会社を約10年ある化学系塗料メーカーで塗料の

研究開発に従事。

真面目一環で給料もあまり高くなく、特に不平不満を漏らして仕事をしてきた方

ではなかったがリーマンショックの影響により会社の経営が厳しく

会社の方向性としてダウンサイジングをしていく中、整理解雇の対象ではなかったものの、

将来に不安を感じて転職を決意。

当初から転職をイメージしていたわけではないので、世の中にどういった

ポジションや・会社があるのかも当然わからず、しかもリーマンショックで求人数が

激変しているさなか、誰もが知っている大手総合電機メーカー

転職を成功させた数少ないまさにタイミングをつかんだ方です。

そのタイミングとは、大手電機メーカーの民製品部門は当然ながら採用凍結を

していたのですが、実は社会インフラ部門の発電・変電関連の

電気エンジニアリング事業は新興国を中心に実は人が欲しい状況でした。

でも重電やエンジニアリングの技術者ではなく塗料屋のこの方はどうしたかというと。

その発電設備の外壁の塗料の開発というかなりニッチなポジションと

出会いとんとん拍子で内定まで行ってしまいました。

人材会社紹介会社からの情報をいつでも貪欲にキャッチしていた

この方はまさに点と点が結ばれたかのようなタイミングで成功しました。

しかも異業種です。

このヒントは、異業種であっても共通項で互いのニーズがマッチしていました。

「塗料」という共通項です。

これは管理部門はもちろんの事、営業などでも、商材が違っても売り先が一緒

であるとか色々と共通項があります。

もちろん食品業界における専門性を有していらっしゃる方であればどこかしらに

その知識・経験スキルを応用させ活かす事が出来る求人があるはずです。

是非情報は大事です、必ずキャッチして自身の活躍できるフィールドを探しましょう。

 

【食品業界での求人サーチ・転職サポート】
食品業界専門人材紹介会社エントリー


【転職成功事例】 研究開発20代理系女性

20代後半理系女性
年収350万⇒年収450万
特定派遣バイオ領域⇒中堅化粧品メーカー開発

就職活動時は就職氷河期の真っただ中で、

メーカーでの研究開発職に絞って活動をするも、

軒並み縁がなく、研究開発の想いだけは強かったため、

雇用形態を妥協して派遣就業という道を選択。

特定派遣なので正社員ではあったが、どこで仕事をするか

不明な中でも、大手上場製薬メーカーの研究所へ派遣され

そこで基礎研究補助、応用研究補助、実験、分析業務を3年間経験。

3年が経過した時点で、特定派遣なので派遣会社の正社員という

立場ではあったが、職場ではやはり派遣という立場で

業務の裁量の窮屈感ともう少しキャリアアップ・ステップアップ

をしたいという思いから転職活動を始める。

当初は、首都圏中心の大手メーカーに応募するも中々書類が通過せず

面接も月に1件くらいのペースで、対象業界は製薬メーカーであった。

転職活動3か月目にして、方向転換を行い、自身はとにかく

研究開発をやりたいという思いが強く、業界は特にこだわりはないことから

全ての業界にターゲットを絞りなおした事と、研究開発が出来るのであれば

全国どこでも転居を伴っていこうと決意。

ここから、地方のメーカに応募をしたところ関西の化粧品メーカーで内定。

ご本人の希望通り、正社員でメーカーの研究開発で働ける事となった。

年収UPは副産物で、特に意識はしていなかった。

というプロセスで無事いい転職をされた事例です。

この方のポイントは、3か月目にして視野を広く対象を広げたところでしょうか。

是非ご参考にして頂ければと存じます。