転職成功の秘訣

食品業界専門の転職エージェントだからこそわかる、食品業界での転職を成功させるための秘訣を一部公開しています。食品キャリアセンターでは業界専門のコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

転職につきもののリスクを考える その②

転職につきもののリスクについての考察第2弾です。

新しい職場でよし頑張ろうと意気揚々にして仕事に取り組んではみるも

こんなはずじゃなかったなんてことは私ども人材紹介会社のキャリアアドバイザー

はよく聞く話です。

そうならない為にも転職活動の際や入社してからリスクをある程度知った上で

動く事により回避できる可能性も大いに出てきます。

なぜに仕事のパフォーマンスが落ちるのかについて。

【企業文化の変化】

これは大きくて、転職先がどんな人材が活躍してるか否か

は転職前の企業と変化していることがあります。

評価制度だったり、判断基準が異なることが往々にしてあります。

考えるよりもまず先に行動する文化、石橋をたたいて渡る風の

慎重な文化、協調性を持ってチームワークで仕事をする文化、

失敗が許されない慎重な企業、人とのコミュニケーションや

チームワークを重視するぶんか、とにかく結果重視の文化等

様々存在します。

転職先の会社がどんな人物であることを求めてくるかによって、

仕事のスタイルや、考え方もシフトしていく必要があるでしょう。

自分にあったスタイルならパフォーマンスは上がり、

合わなかったらマイナスに働くことでしょう。

【上司・同僚の変化】

まず転職をして最初にするのが人間関係のゼロからの構築です、

転職前の会社では周囲のサポートを得て行動できていたのに、

新しい会社ではサポートを得られない可能性もあります。

転職先の社員にとって新参者ですので、新しい職場では慎重に

人間関係を築いていかないと、上司や他部署のキーマンと

良好にしていかないと仕事はうなくいかないでしょう。

人間関係はすぐに構築できるものではありませんから、

転職することで仕事上マイナスに働くことでしょう。

という環境変化についてでしたが、会社という組織で働く以上

周囲との関係性上司、部下、同僚等の周辺環境は劇的に変化します

それを早急にキャッチアップしていく必要があります。

 

⇒転職につきもののリスクを考えるその①(転職でパフォーマンスが落ちる理由)

 

≪食品業界に特化した専門人材紹介会社/求人情報≫
食品業界専門人材紹介会社エントリー


【転職成功事例】異業界への転身 ~理系技術者の専門性を別分野で活かす~

今回の転職成功事例は食品業界の方ではございませんが、理系人材で自身のスキルを

別の分野(業界・事業)に活かすことに成功した事例ですので。

食品業界在籍の理系開発者や研究職に就く方、品質や製造関連の食品技術者等の方でも

似たようなカテゴリーでスキルを活かすことも可能性がないわけではないとお考え

頂きたいと参考にしてください。

30代半ば化学系学部卒中堅化学メーカー⇒大手総合電機メーカー

この方は、新卒で入社した会社を約10年ある化学系塗料メーカーで塗料の

研究開発に従事。

真面目一環で給料もあまり高くなく、特に不平不満を漏らして仕事をしてきた方

ではなかったがリーマンショックの影響により会社の経営が厳しく

会社の方向性としてダウンサイジングをしていく中、整理解雇の対象ではなかったものの、

将来に不安を感じて転職を決意。

当初から転職をイメージしていたわけではないので、世の中にどういった

ポジションや・会社があるのかも当然わからず、しかもリーマンショックで求人数が

激変しているさなか、誰もが知っている大手総合電機メーカー

転職を成功させた数少ないまさにタイミングをつかんだ方です。

そのタイミングとは、大手電機メーカーの民製品部門は当然ながら採用凍結を

していたのですが、実は社会インフラ部門の発電・変電関連の

電気エンジニアリング事業は新興国を中心に実は人が欲しい状況でした。

でも重電やエンジニアリングの技術者ではなく塗料屋のこの方はどうしたかというと。

その発電設備の外壁の塗料の開発というかなりニッチなポジションと

出会いとんとん拍子で内定まで行ってしまいました。

人材会社紹介会社からの情報をいつでも貪欲にキャッチしていた

この方はまさに点と点が結ばれたかのようなタイミングで成功しました。

しかも異業種です。

このヒントは、異業種であっても共通項で互いのニーズがマッチしていました。

「塗料」という共通項です。

これは管理部門はもちろんの事、営業などでも、商材が違っても売り先が一緒

であるとか色々と共通項があります。

もちろん食品業界における専門性を有していらっしゃる方であればどこかしらに

その知識・経験スキルを応用させ活かす事が出来る求人があるはずです。

是非情報は大事です、必ずキャッチして自身の活躍できるフィールドを探しましょう。

 

【食品業界での求人サーチ・転職サポート】
食品業界専門人材紹介会社エントリー


【転職成功事例】 研究開発20代理系女性

20代後半理系女性
年収350万⇒年収450万
特定派遣バイオ領域⇒中堅化粧品メーカー開発

就職活動時は就職氷河期の真っただ中で、

メーカーでの研究開発職に絞って活動をするも、

軒並み縁がなく、研究開発の想いだけは強かったため、

雇用形態を妥協して派遣就業という道を選択。

特定派遣なので正社員ではあったが、どこで仕事をするか

不明な中でも、大手上場製薬メーカーの研究所へ派遣され

そこで基礎研究補助、応用研究補助、実験、分析業務を3年間経験。

3年が経過した時点で、特定派遣なので派遣会社の正社員という

立場ではあったが、職場ではやはり派遣という立場で

業務の裁量の窮屈感ともう少しキャリアアップ・ステップアップ

をしたいという思いから転職活動を始める。

当初は、首都圏中心の大手メーカーに応募するも中々書類が通過せず

面接も月に1件くらいのペースで、対象業界は製薬メーカーであった。

転職活動3か月目にして、方向転換を行い、自身はとにかく

研究開発をやりたいという思いが強く、業界は特にこだわりはないことから

全ての業界にターゲットを絞りなおした事と、研究開発が出来るのであれば

全国どこでも転居を伴っていこうと決意。

ここから、地方のメーカに応募をしたところ関西の化粧品メーカーで内定。

ご本人の希望通り、正社員でメーカーの研究開発で働ける事となった。

年収UPは副産物で、特に意識はしていなかった。

というプロセスで無事いい転職をされた事例です。

この方のポイントは、3か月目にして視野を広く対象を広げたところでしょうか。

是非ご参考にして頂ければと存じます。


中途採用の面接においてチェックされる項目の一例(食品メーカー)

今ではもう使用されてはおりませんが、ある大手と言われるような

食品メーカーにて実際に採用面接において使用されていたシートを参考までにお見せ致します。

抜粋とはなりますが、こちらを基に人物を見極め2次面接(最終面接)に進んで頂くか

判定をしていきます。これを見ると非常に細かく採点までしている会社もあるのです。

すべての会社がこのような面接チェックシートを使用していることはございませんが

参考までに多角的に人材を見極めようとしているのがよくわかります。
評価段階:採用可能レベルを5段階(優A~E劣)で評価する。採用不可は『F』を記入

以下のコンピテンシーと予定役割等級から評価する。
利益志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
顧客志向・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
革新性&柔軟性・・・(劣1・2・3・4・5優)
チームワーク・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
職業観・・・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)
成長意欲・・・・・・・・・(劣1・2・3・4・5優)

役割別評価
予定役割等級と候補者自己申告の役割の整合性を評価する
課題把握
構想・企画
実行推進
セルフマネジメント
対人対応
ヒューマニティ
リーダーシップ
チーム・自組織マネジメント

その他専門スキルについても詳細をヒアリングし、(優A~E劣)で評価する

共通項目として
・希望職種/やりたいこと
・希望職種に対しての本人の能力/経験
・面接職種について説明したか、していないか
・本人希望とのマッチ度 高い/低い/不明
・当社志望理由
・現職/前職退職理由(退職理由に妥当性はあるか)
・他社応募状況
・質問(本人からの質問 あり なし 具体的に)
・質問に対する当社からの回答

特記事項(気付いた事、気になった事、最終で留意すべき点、マッチ度が低い、不明の理由など)

総合判断
・是非採用
・次へ
・保留
・不採用
・採用不可

合否判断理由

2次面接への申し送り事項。

上記の事をきっちりとヒアアリングを行います。

皆さんが考えているより細かいと理解いただけますでしょうか、

自身の面接対策にお役立てください。


中途採用における面接対策 まとめ

食品業界での面接と言っても特に業界によって面接対策が大きく異なる

というわけでもないので一般的な中途採用における面接の対策及び避けたい事項などを

まとめてみました。

①人間関係を退職理由に挙げるのは、面接においてはご法度。

「人間関係を理由にまたすぐ辞めてしまうのではないか、
うちの会社でも人間関係で揉め事を起こすのではないかと、
面接担当者が不安に思うためです。相手の気持ちを考えて、
退職理由を伝えましょう」

「人間関係を理由に転職するということは、
周囲と協力しながら仕事をしたり、
チームワークを活かした働き方がしたいという気持ちの表れです。
その思いを伝えれば、担当者も納得するはずです」

②社長や上司がわがままで自分勝手…というのもよく聞く話。しかし、それをそのまま伝えるのはNGだ。人事だけではなく、採用部署の責任者が面接を担当するケースは多い。その人に向かって「上がワガママで」と言っても反感を買うだけだ。

「『こんな仕事がしたい』という目標やキャリアプランが明確だからこそ、
『トップの考えに付いていけない』と感じたのではないですか?
そこを伝えてはどうでしょう」

「トップの経営理念に共感しながら働きたいという
思いの表れとも言えそうです」

③仕事に追われて毎日午前様…。面接の場で、激務の辛さを訴えたくなる気持ちはわかる。

「しかし、そこはぐっとこらえましょう。
本当のところは面接担当者にはわかりませんから、
逆に怠けているという印象を与えてしまい損です。ノルマというよりも、
営業という仕事に打ち込みたいという気持ちを叶えたいのでは?」

「顧客とじっくり信頼関係を築きたいという思いがあるから、
ノルマに追われることに不満を持ったのではないですか。
思いを叶えられる企業を選び、アピールしましょう」

④残業は多いが残業代は出ず、やる気も上がらない。そんな職場に疲れ、退職を決意する人は多い。

「しかし、どの会社にも多かれ少なかれ残業はあるもの。
『残業がイヤなだけか』
という後ろ向きな印象だけを与えないよう、理由を紐解いてみましょう」

「残業に疲れたということは、もっと効率的に働いて成果を挙げたい、
オンとオフを分けてメリハリのある働き方をしたい、
もしくは正当な評価を受けたいという気持ちの表れではないでしょうか。いずれの理由も、
面接担当者が納得できる内容です」

⑤さまざまな理由から、長距離通勤を余儀なくされている人は多いだろう。仕事に不満はなく、通勤時間だけがネックだったとしても、それを退職理由とはしないほうが得策だ。

「現状がイヤだから…という退職理由は、どんな正当な理由であっても
後ろ向きな印象を与えます。例えば、地元で腰を据えて働きたい
という思いがあるならば、それを前面に伝えるべきでしょう」

「単に『通勤に疲れる』ではなく、
『通勤に割いている多大な労力を仕事に割きたい』
と伝えれば、前向きなアピールになります」

⑥営業職の場合、扱う商品に自信を持てないのは一番辛いところ。しかし「商品がダメだから売れない」と言い切ってしまうのは×。商品に責任を擦り付けているように取られてしまう。

「商品への不満の裏には、プライドを持って営業に臨みたい、
そして仕事に打ち込みスキルアップしたいという気持ちがあるはず。
それを伝えるべきです」

「顧客に喜んでもらいたいのに、商品力のせいでそれが叶えられない
悔しさがあるのでは?その責任感の強さは、企業に高く評価されますよ」

⑦給与への不満は、努力や成果が報われないから生まれるもの。そこを伝えないと、「おカネのことしか考えていない」とマイナスに受け取られてしまう。

「給与への不満は、自分の働きぶりに自信がないとなかなか言えないこと。
自分の働きぶりを正当に評価してくれる会社で活躍したいという、
前向きな気持ちを伝えましょう」

「会社の評価制度と、自身の働き方が合わなかったからとも言えそうです。
評価制度の切り口から退職理由を伝えてはどうでしょうか?」

折角書類選考を通過して面接の一言や対策をしっかりとしていない為にお見送りと

なるケースも非常に多いです、今後の職業人生を左右するかもしれない大きな

場面に遭遇したつもりで今一度求人票を見直ししっかりと企業研究も行い

自身の強み・弱みを理解したうえで最高のパフォーマンスを面接の場面に

おいて発揮できるようにしっかりと準備しましょう。


ヘッドハンターからの電話

職場にある日突然電話がかかってくることがあります、そう「コールドコール」といわれる

ヘッドハンティング会社からの電話です。

食品会社でも工場長や開発部長さんなど「なんで私のところに・・・」

みたいな話もよく聞きます、食品安全管理者の表記を見てかけてきたり様々なようです。

もちろん個人名でかけてきます。転職するつもりがほとんどないのであれば、

「興味ありません」とその場でお断りをするケースが殆どでしょうが、

日頃もっといい環境があればであるとか

近い将来転職をしようと考えている人にとっては願ったり叶ったりで、

話を聞きに行きます。

大概ヘッドハンターとの接触はどこかのホテルのラウンジタイプの

喫茶店等で行われることが多いです。

そこである会社があなたの様な方を探していたと…

年収も数段にいい、恐らく事業部長や本部長などの好待遇

での話となるのでノリノリになってしまうケースも多いようです。

しかしながら、そういった環境はかなりハードな要求を求められて来ると思って

頂いていいかと思います。

というのは、自社の社員で出来ないミッション・なり手がいないような

新規事業の立ち上げ、もしくは既存事業の立て直しが使命の

場合が多く、事業を成功させるかどうかはこのポジションの方次第です。

かなりのやりがいと、大勝負となり、それを求めている方に

とっては大きなチャレンジで成功する確率もあると思いますが、

今の職場を逃げ出したい的な気持ちの方にとっては大きな重荷となるかもしれません。

こういったケースでは良く熟考を重ね、自身の人生・キャリアプランを慎重に考え

選択しましょう。

年収やポジションに惑わされると後で大変なケースがあります、ステップアップは

着実にです。

本当のエグゼクティブは長期的にヘッドハンター

コミュニケーションを取り自分に出来そうだという環境があった場合だけ

動くケースが多いようです。

ただエグゼの方は現職でもかなりの重責を担っているのでそう簡単には動けないと思います。

どこかの転職サイトではないですが、「転職は慎重に」です。


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ③

転職活動における面接の際の、転職理由(退職理由)の伝え方の具体例、第3弾です。

⑦給料が安い→ 実績を上げている事を会社に認めてもらいたい

・努力や実績を正当に評価してくれる会社で働きたい

・自分が挙げた成果を実感しながらバリバリ働きたい

「前社は年功序列の給与体系だったため、なかなか自身の成果を実感できずにいました。

営業でトップの成績を収めても、給与額にほとんど反映されないため、

成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して、思う存分力を発揮したいと

考え退職しました」

現職で頑張りに頑張った、しかしながら結果的に、転職を選択するのがベスト

と思わせるストーリー作り。

決して「退職の言い訳」にならないように

しかしながら、どうしても建設的な退職理由を

見いだせない場合、志望理由のアピールへと話をすりかえていくのがスマート

また、一番のベストは退職理由と志望動機、セットで考えれば良く

何故辞めるのか(辞めたのか)、そして何故ゆえにその会社を志望するのか

まで掘り下げてきちんと自分自身の言葉で伝えることが重要となります。

 

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART2

 

食品業界専門人材紹介
食品業界専門人材紹介会社エントリー


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ②

中途採用の面接における、退職理由(転職理由)の伝え方の具体例、第2弾です。

④残業が多すぎた→ 成果を正当に評価してほしい

・効果的に仕事をしてさらに成果をあげたい

・努力や成果に見合うだけの評価がほしい

「前社は『営業は残業するのが当たり前』という社風で、上司より先には帰りにくい

雰囲気でした。私は残業を厭いませんが、もっと効率的に仕事を進められるの

ではないかと常々考えていました。メリハリを持って業務に取り組むことで、より高い

成果を挙げたいという思いが強くなり、退職を決意しました」

⑤会社が遠く通勤が辛い→ 通勤時間を仕事に有意義に使いたい 
・仕事にもっと打ちこみたい、集中したい

・地元に密着し、腰を据えて働きたい

「前の会社では、SEとしてさまざまな客先に常駐しました。しかし、

通勤に2時間以上かかるケースが多く、先日も自宅から片道3時間はかかる企業への

常駐を打診されてしまいました。通勤に割いている労力を仕事に割きたい、

もっと仕事に打ち込みたいとの思いがどんどん強くなり、退職しました」

⑥商品力がなく売れない→ プライドを持って仕事がしたい

・胸をはって自身を持って商品やサービスを売りたい

・営業の仕事で実績を挙げ、スキルアップしたい

「前の会社で扱っていたソフトウェアは競合優位性に乏しく、努力はしたものの

なかなか成果につながりませんでした。自信を持って『いい商品だ』と言えるものを

提供し、顧客との信頼関係を築いて営業としてスキルアップしたいとの思いが日に日に

強まり、転職を決意しました」

 

上記の様にネガティブな理由をそのまま伝えるのではなくしっかりとポジティブに

変換して自分自身の中で納得感がある様に何度も腹落ちをするまで

『何故に転職するのか』

『何故に現職を辞めるのか』

掘り下げて未来に向かって前向きな理由をきちんと面接官に説明できるよう

作り込んで下さい。

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART1

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

食品業界専門人材紹介会社エントリー


中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方 ①

中途採用面接においてはそのまま本音の部分での退職理由(転職理由)

伝えてはマイナスに転じる事も多くあります。具体的にどう伝えるかを例をあげてみます、

①社内の人間関係に嫌気がさした→ 周りと連携を取り仕事を進めたい

・皆と意思疎通を取りながら仕事がしたい

「前の会社は、個人の売り上げが重視されていたため、個人で行動する機会がほとんどでし

た。しかし、私自身は周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが得意なタイ

プです。チームで団結し一つの目標に向かってまい進し、成果を挙げたいという

思いが強まり、退職を決意しました」

②社長がワンマンでついていけない→ 自分の目標にあった働き方をしたい

・自分の意見やアイデアを活かして新しい仕事にチャレンジしたい

「前社は硬直的な組織で、若手社員が意見やアイディアを発表する場は

ほとんどありませんでした。年齢や社歴に関係なく、自由に意見が言える職場で

働きたい、新しい仕事にどんどん挑戦し続け、スキルアップしていきたいと考え、

退職を決めました」

③ノルマがきつい→ 営業という仕事そのものに打ちこみたい

・クライアント1件1件とじっくり腰を据えてやり直したい

・顧客と長く信頼関係を築いていける仕事がしたい

「前社では常に高い目標数字が課せられ、1件の顧客に時間を割くことができないのが

悩みでした。顧客要望をじっくり聞き出し、それにこたえられる仕事がしたい、

そして長く取り引きいただけるような信頼関係を築きたいと思い、退職を決めました」

この様に同じ内容の退職理由でも、表現の仕方によっては プラスの印象を

与えることが出来るのです、よく事前に自身の何故に転職をするのか、退職を

して他の職場へ行こうと考えているのかを第3者が聞いて、それならば

転職が一番ベストだという印象を持ってもらうように変換しておきましょう。

 

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART2

⇒中途採用の面接での転職理由(退職理由)の伝え方PART3

 

食品業界に特化した求人(転職相談)
食品業界専門人材紹介会社エントリー

 


転職の面接における退職理由 /本音と建前

転職活動面接の場面において、

退職理由(転職理由)を伝えた途端に場の雰囲気が

重苦しくなってしまうことがあります。

かなりネガティブな理由を上げてしまっている

事が想定されます、転職はネガティブ要素もありますが、

それを正直に伝えるとマイナスになってしまう事はよくあります。

以下転職(退職)理由の本音と建前のランキングです。

【本音ランキング】
1位 上司との人間関係
2位 給与が不満足
3位 仕事に変化がない、おもしろくない
4位 会社の経営方針・経営状況の変化
5位 キャリアアップしたい
6位 労働時間や環境に不満
7位 社長がワンマン
8位 同僚・先輩・後輩との人間関係
9位 社風が合わない
10位 雇用形態に不満

【建前ランキング】
1位 キャリアアップしたい
2位 仕事に変化がない、おもしろくない
3位 会社の経営方針・経営状況の変化
4位 労働時間・環境に不満
5位 給与が不満足
6位 上司との人間関係
7位 勤務地までの距離・環境に不満
8位 社風が合わない
9位 雇用形態に不満
10位 昇進・評価制度に疑問
10位 転勤・異動を含む人事制度に疑問

本音 ←→ 建前

に相違があります。

これには、応募企業向けの本音を面接用の建前の部分に変換した

退職理由を作り上げる必要があります。

その際、あからさまな作り話や嘘は話に説得力がないので、

出来るだけスマートで簡潔すぎるくらいに留めます。

食品業界専門人材紹介会社エントリー

食品業界専門人材エージェント(転職相談)