転職時には何を重視しているか

転職時には何を重視しているか

キャリア採用において求人票にはあらゆる項目があります。業務内容はもちろん重要な要素の給料、福利厚生、会社の魅力など様々な項目があり、転職時には何を重視して転職先を選ぶのかにおいて大きな判断材料となります。本当にやりたい仕事であれば多少給料は下がっても問題ないのか、魅力的に感じている企業の業務内容だけど残業時間が多いなど取捨選択が難しい場面も多々存在します。そんな転職活動の大きなテーマともいえる何を重視して転職先を決めていくのかについて考えてみたいと思います。

転職希望者のほとんどが『給与』を重視している

ある人材サービス会社の統計によると転職希望者が圧倒的に重視するのが『給与』との調査結果があります。やはり仕事をするからにはギブアンドテイクの世界で自身の仕事がどれだけ認められるのかというのは年収に反映されてくる部分から来ていると思われます。また、転職希望者が現職や前職において最も不満に感じていることが、給与水準に不満を持っているという事からも起因しています。転職によって何とか給料水準を上げていきたいという転職希望者の声は転職エージェントの立場でもよく耳にする事です。
また人材紹介会社をはじめとする人材サービス会社の、『あなたの市場価値はいくら?』のようなキャッチコピーからも、仕事のボリューム感や役割・責任など総合的に鑑みてほかの会社ではいくらくらい貰えるのだろうと気にする方も非常に多いのです。

仕事のやりがいや自分自身の本当にやりたいことを第一に挙げる方は少数派

実は転職において一番大事な要素であろう、仕事のやりがいや満足度など、自分が本当にやりたい仕事を重視する傾向はあるのですが、『給与』を下げてまで本当にやりたい仕事に就く方は少数派に過ぎないのが現実です。面接や志望動機などでは決して見えてこない転職希望者の本音の部分となります。転職エージェントの立場では何とかスキルを活かしてやりがいのあるフィールドで活躍する転職を目指してもらいたいというのも気持ち的にはあるのですが、家族や生活など仕事を支えるプライベートの問題なども仕事そして転職とも密接に関連していることから切実なケースもあるので何とか給与も上がってやりがいのある仕事に就けるような転職を目指してもらいたいと、転職支援をさせて頂いているつもりです。
しかしながら希望通りの求人や理想とするような福利厚生の整った会社が見つかるケースというのは稀と言えるでしょう。その場合転職をしていく方たちはどうしているのかと言えば、重視する項目を数件に絞り残りは少しだけでも妥協していくという取捨選択を取っています。給料はいいが少しハードな環境だけど前職に比べればましと判断であるとか、前職より少しでも総合的にいい条件であれば自身を納得して転職をしていくというパターンとなります。そこで環境を替え気持ちも新たに仕事に精を出していき結果も出すといった具合に最終的には成功転職となっていきます。
転職活動中は何かと様々な情報に考え方が流されやすい場面も多いとは思いますが、しっかりと自身で重視する項目を打ち立て軸を持って転職活動をしていきながら、取捨選択をしていき少しでも理想に近い会社のポジションへの転職が出来れば成功転職と言えることでしょう。

『食品業界の転職エージェントへの登録はこちらから』 食品業界キャリア


求人検索


食品業界CAREERについて

食品業界CAREERは食品業界専門の転職サポートサービスです。食品業界で転職を希望されるお一人おひとりに合わせて、細やかな転職支援のサポートをさせていただきます。

食品業界の企業との太いパイプと長年のサポート経験から、新に価値ある情報をお届けし、若手からベテランの方まであなたの転職活動しっかり丁寧にサポートいたします。

食品業界ニュース

サイト内検索